シクロクロス東京2017が開催されます

シクロクロス東京実行委員会は、2017年2月11日・12日に第6回シクロクロス東京2017を開催します。東京都港区お台場海浜公園で開催される国内最大級のシクロクロスイベント、シクロクロス東京は“2月はお台場シクロクロス”と言われるほど、全国的に知名度を上げて来ている都市型自転車エンターテインメントショーレースです。今年も関東近県の自転車ユーザー10万人以上が参加・観戦を楽しみにしています。

大会概要

開催日時:2017年2月11日(土)~12日(日)
共 催:一般社団法人東京臨海副都心まちづくり協議会 開催場所:東京都立お台場海浜公園特設コース
主 催:シクロクロス東京2017実行委員会
構 成:株式会社Champion System Japan、株式会社東京臨海ホールディングス
後 援:東京都港湾局、東京都自転車競技連盟
協 力:NPO法人サイクリスト国際交流協会
特別協賛:株式会社Champion System Japan
参加予定:850人(2日間)
来場者:約2万人予想(2日間)

シクロクロスとは?

自転車に乗り、舗装路・草地・泥・砂・階段など様々なセクションで速さを競います。時には自転車を押したり担いだり、飛び乗ったりします。競技時間30~60分で、設定周回数を先にゴールした人が勝者となります。ベルギー、オランダで人気が高く、シーズンの10~2月にはてヨーロッパ各地でレースが行われています。近年では、北米でもワールドカップが開催されるなど、人気急上昇のスポーツです。

レースと観戦のポイント


観戦は、モータースポーツのサーキットレース同様、何度も目の前を選手が通り過ぎ、何度も選手を見る事が出来るので、展開や駆け引きを楽しむことができます。参加しても、観戦しても楽しいシクロクロスレースは、冬のスポーツとして定着しつつあります。11日(土)は一般参加のAJOCCカテゴリレースと新種目「サンドスイッチエンデューロ」が行われ、楽しみがいっぱいなレースが開催されます。

クライマックスは12日(日)の午後から開催される、男子エリートとCL1(女子エリート)です。AJOCC(日本シクロス競技主催者協会)運営の国内最高峰ランキング、JCXシリーズの最終戦にあたる両レースは、海外招待選手と全日本シクロクロスチャンピオン含む国内招待選手が対戦します。

観戦ポイントとしては、林の中にある人口障害物「 Champion Systemバリアー」では自転車を担いだり、バニーホップする選手を見ることができます。立体交差の「フライオーバー」や「Champion Systemゴールエリア」のホームストレートではゴールシーンの接戦が見られます。

シクロクロス東京、最大の見所は砂地獄です。昨年から変更されて高速コースになった砂浜は「弱虫ペダルサンドエリア」、「MIZUTANIサンドエリア」の2つに分かれ、それぞれで砂を撒き散らす壮絶なチェイスを観戦することができます。「勝者は誰か?」「海外選手に国内選手は勝てるのか?」「国内選手トップは?」「JCXシリーズランキングの勝者は誰か?」が毎年大注目の話題となっています。

会場での楽しみ方

会場には飲食ブースがあり、イタリアンやタイ料理、昨年好評だった「タベルナ・エスキーナ」など、種類豊富に揃っています。シクロクロスの観戦には欠かせないクラフトビールも多数ラインアップしており、飲み比べを楽しめます。ノンアルコールビール、ソフトドリンクも各種用意されています。

自転車関連の出展ブース25社以上が会場を埋め尽くしており、シクロクロスを中心としたフレーム、パーツ、ウェアなど物色することができます。出展ブースはシクロクロス東京のもう一つの楽しみとなっております。

各自転車メーカーの試乗車も多数用意しており、会場内の試乗コースにて簡易シクロクロスも体験することもできます。 会場を盛り上げるMCにはチームリアルから「MCアリー」が、軽快なサウンドとともに迫力ある実況を行います。

コース

昨年同様のコースレイアウトとなっています。シクロクロスレースは天候によって大きくコースコンディションが変化します。雪や雨は、乗車したままの走行が困難なセクションを作ります。難所の砂浜は長く、選手のレベルによっては、自転車を担いでランニング大会になることもあります。

新種目、キッズレース、エンデューロレース

今年から新種目の、2人1組で1周毎に交代する「サンドスイッチエンデューロ」が土曜日に追加されます。ル・マン方式でスタート、自転車があるピットまでコースをランニングします。自転車で1周した後にピットにバイクを置いて200mランニングし、ピットで計測チップをペアの選手に渡していくミニデュアスロンのようなレースです。

日曜日の朝から、未来のエリートライダーが参加するキッズレースがあり、たくさんの元気なキッズたちが参加します。その後、“シクロクロス東京の祭典”チームエンデューロでは様々なコスチュームで参加する選手がみられ、思い思いの走りを楽しみます。

スケジュール

参加エントリー 「スポーツエントリー」から申込み
お申込み期間 2016年12月18~2017年1月22日
参加費 一般5,000円、サンドスイッチエンデューロ(2名)7,000円、チームエンデューロ(2~5名)7,000円~15,000円、キッズ3,000円
公式オフィシャルウェブサイト

【お問い合せ先】
シクロクロス東京実行委員会事務局 info@cyclocrosstokyo.com
〒151-0066 東京都渋谷区西原2-36-24 1F (株式会社 Champion System Japan 内)
TEL:03-5790-9469 FAX:03-5790-9496 時間:9:00~18:00 (土、日、祝日を除く)

LINK:シクロクロス東京実行委員会

しばた ひでこ

WRITTEN BYしばた ひでこ

福岡県出身。岡山、東京、静岡、茨城と移り住み、現在は生まれ育った街でライターをしています。 免許がなく、自転車が唯一自由に走れる乗り物。電動アシスト自転車にしてからは、行動範囲がぐんと広がりました。カゴのない自転車でさっそうと走るのが夢です。

他の記事も読む

関連記事