こんにちは。サイクルメカニックの石橋です。

日々のトレーニングやサイクリングを楽しむためのツールのひとつにサイクルコンピューターがあります。走行距離、速度、時間等の基本的な計測機能に加え、最近ではGPSを駆使し、より精度の高い情報を得られるようになりました。

サイクルコンピューターをリリースしているメーカーは国内外含め様々です。今回はそのサイクルメーターを使って高機能で、高解析ができるメーカーのひとつ「POLAR(ポラール)」社について取り上げていこうと思います。

心拍計のパイオニア


ポラールの正式名称は「ポラール・エレクトロ」で、1977年フィンランドで設立され、世界ではじめてトレーニング用心拍計モニター装置を開発したスポーツ機器ブランドです。1979年、ポラールは無線心拍数測定装置の最初の特許を出願し、1982年に、世界初の着用式無線心拍数モニターを発売し、アスリートのトレーニングのあり方を変えます。

ポラールは心拍トレーニングのパイオニアとして30年以上にわたり徹底的な開発研究・分析に基づく製品を世に送り出してきました。その製品の正確さと性能の高さはトップアスリートや専門家に認められ、世界80カ国以上で販売されています。

日本ではポラールの100%子会社としてポラール・エレクトロ・ジャパンの名で製品販売や講習会等の活動を展開し、スポーツにおける心拍トレーニングの重要性をアスリートや一般の方へ広く訴求しています。

ポラールは自社の強みである心拍トレーニングを柱にすることで、サイクルスポーツだけではなくランニングや様々なスポーツに対応できる製品をリリースしながら、多彩なトレーニング方法や運動の楽しさも伝えています。

スマートコーチング機能


では、ここからはポラール製品の機能や特徴を見ていきます。

心拍トレーニングに重点を置いているポラールの特徴的な機能のひとつに「スマートコーチング」というものがあります。スマートコーチングとは、日常生活における活動量や、スポーツ中のデータをもとにユーザーに有意義な情報をフィードバックしてくれる機能のこと。今後のトレーニングに向けて最適なアドバイスをしてくれるまるでパーソナルトレーナーのような画期的な機能です。

スマートコーチング機能はポラール製品の画面上やポラールフロー(後述)と呼ばれるトーレニング解析サイトにて確認ができます。

スマートコーチングの具体的な内容は、

トレーニング負荷


異なる強度でのトレーニングによる負荷を比較し、体への影響の把握に役立ちます。長期的にトレーニング負荷を確認することで、自分自身の限界を把握したり、目的に合わせてトレーニング時間と強度を調整するのに役立ちます。

回復状態


トレーニングと休息の最適なバランスを把握し、次のトレーニングを開始する前に回復状態が十分かを確認できます。回復状態は、トレーニング内容や日常生活でのあらゆる動きの累計に基づきます。継続的に回復状態を確認することで、適切なトレーニング計画を立て、オーバートレーニングやトレーニング不足を回避できます。

トレーニング効果


各トレーニングの終了後、実施したトレーニングの効果についての簡単な説明を表示します。詳細なフィードバックについては、ポラールフロー(後述)と呼ばれるトレーニングファイルで確認することもできます。

ランニング・インデックス


ランニングパフォーマンスの把握を目的とする場合に大いに役立つ機能です。 長期にわたり定期的に使用することで、どの程度効率的にランニングを行なっているかがわかります。 ランニングインデックスのスコアは、心拍数に基づき、GPSあるいはセンサーから計算されたスピードデータからランニング毎に自動的に計算されます。

スコアが高いほど、ランニングエコノミー(より少ない労力でより速く走ることができること)の向上を意味しています。

ランニングプログラム




(出典:POLAR


ランニングイベント等に向けてトレーニングする際に適応性の高いトレーニングができる機能です。5キロ、10キロマラソン、ハーフマラソン、およびフルマラソンの4つの異なる目標から1つを選んで、ユーザーの目標に合ったトレーニングプランを作成し結果を解析できます。

スマートカロリー


トレーニング中の消費カロリーを確認できます。ポラールのカロリー計は体重、身長、年齢、性別、最大心拍数、実施しているトレーニングの強度に基づいてトレーニング中に消費されたカロリー数を算出するため、市販されている中で最も正確と言われています。

起立実験



(出典:POLAR


起立試験とは、現在の身体の状態を知るのに簡単で信頼性の高いテストで、心拍数と心拍変動の測定を基にしています。心拍数と心拍変動の変化は、心血管系の自律神経調整における変化を反映します。 心拍数がどの程度、トレーニングやストレスや病気といった要素に反応するか確認できます。

定期的にテストを行うことにより、心拍数が示すものや、心拍数に影響を与えるものについて学ぶことができます。 それによって、ベストな時期にトレーニングができるよう調整することができます。

起立実験の具体的な方法は、

1.リラックスした状態で心拍センサーを装着

2.リラックスした姿勢で座るか、またはベッドに横たわります。テストを実施する際は、いつも同じ姿勢で行うこと

3.気が散るような音(テレビ、ラジオや電話など)を避け、会話もやめます

起立実験は、結果が比較できるよう、定期的に、朝、起床後の同じ時間帯に実施することが推奨されます。

フィットネステスト


ユーザーの安静時心拍数、心拍数変動、基本情報から、有酸素能力を5分間のテストで測定します。その結果によって、最大酸素摂取量(VO2max)を評価します。 定期的にテストを行って、自分のパフォーマンスを評価することができます。

アクティビティガイド



(出典:POLAR


今日一日どのくらいアクティブに過ごせたかを表示します。また、国際的な推奨運動量に達するのに必要な運動量を教えてくれます。「50分のウォーキング」や「20分のジョギング」といった具体的なガイダンスをもとに、目標の達成を目指して運動を選択できます。強度の高い運動で目標達成を早めることも、ゆっくりとしたペースで一日中アクティブに過ごすこともできます。

POLAR FLOW(ポラールフロー)とは


スマートコーチングに並んで、ポラール製品を使いこなすうえで、欠かすことのできない機能が「POLAR FLOW(ポラールフロー)」です。

前述したスマートコーチングの表示や計測したトレーニングを解析し、目標に到達していなければ、どうやったら到達できるのか、どんな原因でできなかったのかを確認し、次に向けて非常に役に立つポラールトレーニング解析サイトです。PC版とiOS、Androidアプリがあり、ユーザー登録することではじめられます。

ポラールフローはSTRAVA※にも同期できるため、たくさんのユーザーとトレーニングデータの共有を楽しめます。

※STRAVAとはランニングやサイクリング、スイムなどのスポーツ系アクティビティを記録し、様々なデータの分析を行ってくれるウェブサービス

ポラールの機能を見ると改めて心拍トレーニングに重点を置くメーカーということがわかると思います。それでは数あるラインナップの中から予算やレベルに合わせたおすすめのモデルを紹介していきましょう。

最高のパフォーマンスを求めたフラッグシップ【V800】



V800 2 HR
カラー:ブラック、レッド
本体:厚さ12.7mm
重量:79g
バッテリー持続時間: 最大50時間
耐水性:30m
参考価格:税別59,800円


LINK:Amazon商品ページ

トライアスロンなどで多くのトップ選手が使用している腕時計式モデルがV800 2 HRです。高速で正確なGPS機能が内蔵されており、スピード、距離、ルートを確認できます。トレーニング状況を正確に測定するために登録されているスポーツの種類は100種類を超え、さまざまなスポーツのトレーニングに利用できます。

トレーニング時以外でも日常生活で利用できる便利な機能も搭載し、24時間365日装着できる製品となっています。アクティビティ・トラッカー(活動量計)を内蔵しており、日常生活の運動量や、睡眠の量と質を計測します。

心拍の計測方法



V800 2 HR の心拍測定方法は、画像のH7心拍センサーを使用し、装着方法は胸全体にバンドとして巻き付ける方法です。H7心拍センサーはポラール製品の様々なモデルに対応しており、後述するV650、M450にも使用でき、単体でも購入可能です。(参考価格:税別8,900円)

専用マウントでハンドルに取付



(出典:POLAR


バイクマウント(リストストラップ用)
参考価格:税別1,200円


自転車では専用のマウントがあり、V800 2をハンドルバーに固定することができ、専用のセンサーを自転車に取り付けることで、ケイデンスを計測することもできます。

スマート通知機能



(出典:POLAR


V800 2 HRはスマート通知機能と呼ばれる、通常時でもトレーニング中でも電話の着信やメッセージ受信、SNS通知を確認できる機能も有します。スマートフォンが手もとにないときでも、V800 2の画面でメッセージ通知を簡単に確認できます。

水深30メートルの耐水仕様であり、水中でも心拍を測定できます。スマート通知機能をオフにした状態で、約1カ月充電なしで利用できます。また、GPSとセンサーを使用したトレーニングで最大13時間。GPS低電力モードで最大50時間利用可能となっています。

スマートトレーニング全機能を搭載


V800 2 HRはポラールの製品の中でも最高のパフォーマンスを求めるユーザーのために開発されたモデルです。そのためスマートコーチングの全機能を利用できるまさにフラッグシップモデルです。

ハイエンドサイクルコンピューター【V650】



V650 HR
サイズ:縦10.5cm、横6.3cm、高さ2cm (バイクマウント含む)
重量: 120g(本体)、12g(専用バイクマウント)
カラー大画面:縦5.8cm、横4.3cm
解像度:320×240ピクセル
バッテリー持続時間:12時間
耐水性 : IPX7等級
メモリー容量:1万時間以上
参考価格:税別37,000円(心拍センサーなしは税別30,500円)


LINK:Amazon商品ページ

自転車を使って本格的なトレーニングをするユーザー向けのGPSサイクルコンピューターがV650です。タッチパネルを採用し操作が非常にシンプルに行えます。

利用できるスマートコーチング


V650は以下のスマートコーチング機能が利用できます。

・トレーニング効果
・トレーニング負荷
・スマートカロリー
・回復状態

正確な高度表示機能


気圧センサーを搭載し、傾斜計・上昇度・下降度が表示できます。リアルタイムVAM (平均上昇速度)も測定できヒルクライムのデータ解析に役立ちます。※平均上昇速度を計測するには別途スピードセンサーが必要です。

ルードガイダンス機能


V650はOpenStreetMapのサポートにより、サイクリングしている地域のマップデータをダウンロードしながら、リアルタイムの正確な位置情報を確認することができます。世界200万人以上の登録ユーザーによって、OpenStreetMapデータは毎日拡張され、更新されています。

またお気に入りのルートや自身で作成したルートをPolar FlowからV650に同期すると、リアルタイムのルートガイダンスが表示されます。自分のルートをたどったり、他のユーザーの新しいルートを体験することもできます。

各社パワーメーターに対応



Kéo Power Bluetooth® Smart
参考価格:税別178,000円

LINK:Amazon商品ページ

V650はLOOK,ROTOR,STAGES,POWERTAP等のパワーメーターにも対応しています。また、意欲的なサイクリストがサイクリングパフォーマンスと技術を向上できるようLOOKのKéo ペダルとポラールのパワートランスミッターをセットしたKéo Power Bluetooth® Smartもリリースしています。

Kéo Power Bluetooth® Smartには以下の特徴があります。

・正確なパワー出力をワットで測定し、リアルタイムでパワー出力を表示
・現在および平均ケイデンスに加え、左右のパワーバランスを表示
・ペダルに対しどのように力を加えているかライド中に確認
・左右の足のパワーバランスを見ることができるので、ぺダリングや姿勢のずれなどを確認して修正することが可能
・設定および自転車間の切り替えが簡単

また、パワートランスミッターを左足のみのコストパフォーマンスに優れたKéo Power Essential Bluetooth® Smart(参考価格:税別108,000円)も展開しています。

Kéo Power Bluetooth® Smart、Kéo Power Essential Bluetooth® SmartはV650, M450およびV800に対応したモデルです。

ケイデンスには別途センサーが必要


ケイデンスを計測するためのケイデンスセンサーや平均上昇速度を計測するために必要なスピードセンサーをセットにしたオプションパーツもあります。


(出典:POLAR


スピード・ケイデンスセンサーBluetooth® Smartセット
参考価格:税別8,600円(ケイデンスセンサーのみ税別5,800円)

LINK:Amazon商品ページ

コストパフォーマンスが高いミドルクラス【M450】



M450 HR
サイズ: 縦74mm、横49mm、高さ20mm (バイクマウント含む)
重量: 50g(本体)
メモリー容量:35時間(ハートレート、GPS、パワーセンサー同時使用)
GPS:UBX-G7020-CT/みちびき(QZSS及びGLONASS対応)
バッテリー: 最長12時間
耐水性: IPX7等級
参考価格:税別27,800円(心拍センサーなしは税別21,800円)

LINK:Amazon商品ページ

コストパフォーマンスに優れたGPSサイクルコンピューターがM450です。しかしながら上位機種であるV650よりも優れた機能を持った点がいくつかあります。

高精度なGPS捕捉


M450に採用されているGPSは準天頂衛星初号機「みちびき」による信号に対応しています。このみちびきは日本列島の真上を軌道を通る衛星のため、非常に精度が高い測定ができるメットがあります。また、GPS捕捉の時間が短いというのもメリットで、起動してからトレーニングの記録が早く行えます。

利用できるスマートコーチング


M450は利用できるスマートコーチングの数もV650よりも上回っています。

・起立試験
・フィットネステスト
・トレーニング効果
・スマートカロリー
・トレーニング負荷
・回復状態

以上の6つのスマートコーチング機能を有します。

交換用カバーも用意



(出典:POLAR


M450に本来付属してくるカバーはホワイトですが、このように自転車のデザイン、カラーに合わせて、交換用のカバーも別売りされています。(参考価格:税別2,980円)

GPS、心拍計を内蔵した ランニングウォッチ【M200】



M200
カラー:ブラック、レッド
サイズ:直径42mm、厚さ12mm
重量:40g
バッテリー:最大30日間
参考価格:税別16,480円

LINK:Amazon商品ページ

M200はトレーニング中に胸ストラップを使わずに手首だけで心拍を計測でき、防水(水泳可)で距離やスピード等を確認できるランニングウォッチです。レーニング終了後には、GPSによって走ったコースとコース内の任意のポイントでの心拍数、スピード、高度等が確認できます。

利用可能なスマートコーチング


V800などの上位機種で利用可能だったランニングプログラムやランニングインデックスも利用可能なスマートコーチングには以下の内容が搭載されています。

・スマートカロリー
・アクティビティガイド
・アクティビティ効果
・トレーニング効果
・ランニングインデックス
・ランニングプログラム

手首で心拍を計測



M200の大きな特徴は、心拍を手首で計測できる光学式心拍計を内蔵し、2点のセンサーで心拍を計測します。アクティビティ・トラッカー(活動量計)として用いることも可能で、ランニング以外の活動量や、睡眠時間、睡眠の質も計測します。

スマート通知機能も備えており、スマートフォンの着信やメール受信が可能です。連続での使用可能時間は、GPS、心拍計使用で最大6時間(GPSのみ使用時最大8時間)、アクティビティ・トラッカー(活動力計)利用のみでは30日間です。

トレーニング後はもちろんポラールフローにアップロードすることで、トレーニングの解析が行えます。

交換用ストラップでカラーコーディネート



(出典:POLAR


M200の本体はブラックとレッドの2色で展開されていますが、別途ストラップのみでの販売もあります。(参考価格:税別2,980円)

360°全方位から生活を支えるオールインワンウォッチ【A360】



(出典:POLAR


A360
カラー:チャコールブラック、パウダーホワイト、ネイビーブルー
サイズ:画面13mm×27mm、厚さ13.5mm、幅23.5mm
参考価格:税別22,800円(交換用ストラップ3,980円)

LINK:Amazon商品ページ


A360は、前述のM200と同様に胸バンドを使わずに手首だけで心拍を計測できるため、運動中はもちろんのこと日常生活の中でも心拍を計測し、健康管理に役立てることができます。30メートル防水機能で、柔らかいシリコン素材のため長時間の装着も問題ありません。

Bluetooth® Smartでスマートフォンに接続し、A360に記録した運動量の記録の転送と分析。またスマート通知機能も搭載され、着信やメール受信が可能です。また、スマート通知をオフにした状態で、約2週間充電なしで利用可能です。

A360はジョギングやジムでのトレーニング、本格的なスポーツレース、普段の健康管理等、生活を360°全方位からサポートするオールインワンウォッチです。

利用可能なスマートコーチング


A360で利用できるスマートコーチングは以下の通りです。

・アクティビティガイド
・アクティビティ効果
・スマートカロリー
・フィットネステスト(H7心拍センサー使用時)
・心拍数ベースのトレーニング
・トレーニング効果
・スポーツプロファイル
・ランニングプログラム

加速度センサーで速度、距離を計算


A360はGPS機能を持たない代わりに、加速度センサーを搭載することで、速度と距離を計算できる機能を有しています。GPSよりも計測制度に劣りますが、無理のない一定のリズムで走ることで、速度と距離の測定精度が高くなります。

また、タッチパネル式の1.18インチカラー液晶を備え、心拍のゾーン管理が一目で分かり、レースでのペース配分やトレーニングの効率化に役立ちます。計測された心拍は本格的なスポーツだけでなく、一般生活での運動不足解消や、日々の体調管理にも利用できます。もちろんポラールフォローにもアップロード可能です。

まとめ


以上が心拍計のリーディングカンパニーであるポラールの機能とそれぞれ特徴を持ったモデルの紹介でした。モデル別でおすすめの使用方法をおさらいすると、

V800 2 HR


本格的にトライアスロンを楽しむユーザー向け、または最高のパフォーマンスを求めるユーザーにおすすめなモデルです。

V650


ルートガイダンスや気圧センサーを利用することで、ロングライドやツーリングに非常に便利なアイテムになるでしょう。

M450


みちびきを使った高度なGPS捕捉にもかかわらず、高いコストパフォーマンスを誇るため、初めてのGPSサイクルコンピューターにおすすめです。

M200


ランニングに向いたカジュアルなウォッチ型心拍計。日常生活でも使える手軽さが魅力です。

A360


日常生活に加え、様々なスポーツに対応できる万能型。時計も含めこれ一本で収めたいユーザーに

全ての製品に言えることは、心拍測定に基づいたスマートコーチングとポラールフローでの解析です。これらは質の高いトレーニングやアクティビティを行う上で欠かすことのできない機能であり、それを求めているユーザーには非常にメリットがあると思います。

スピード、距離、心拍を測るだけで終わってしまうのではなく、次のトレーニングにどう生かすかを詳しく学ぶことがポラール製品の一番の使い方なのかと思います。

お気に入りのモデルは見つかりましたか?

LINK:POLAR(ポラール)

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!