新イベント「bikepacking JAM」2017年5月20日始動!

bikepacking JAM

近年関心が高まりつつあるバイクパッキング。
関心はあっても、バイクは?キャンプ装備は?どこを走るの?どうやって楽しむの?今迄のツーリング&キャンプとはどう違うの? etc.
あまり情報がないし、はじめたくてもどうしていいのかわからない、という方も多いのが現状である。

そこでもっともっと日本のバイクパッキング愛好者(=バイクパッカー)を増していくための牽引車となるイベントが5月にスタート!
主催は2月に「バイクパッキングBOOK(山と渓谷社)」を執筆発売したAlternative Bicyclesの北澤貢と、The PEAKSの主催などユニークな活動を展開しているlongridefan.com(代表:安野龍昭)。がっちりタッグを組み、新しいバイクパッキングイベントを始動させる。

ダートライドを含む数十キロのライドコースをそれぞれに楽しんだあとは、ゴール地点となるキャンプ場に集結!
テントを設営し、自慢のキャンプ飯をそれぞれ楽しんだあと、アフターディナーに、トークライブやゲームなどの楽しい企画で皆んなで盛り上がって参加者同士の情報交換やコミュニケーションを図ろう、というイベントだ。

もうすでにバイクパッキングを楽しんでいる人はもちろん、これを機会にバイクパッキングを始めてみよう!という方も、このイベントサイトでの情報交換を活用しながら準備を進めてもらい、そしてこのイベントではじめてのバイクパッキング体験にワクワクしてもらうことが狙いである。

初年度の2017年は5月にスプリングキャンプを長野県で開催し、8月にはサマーキャンプ、そして10月にはオータムキャンプと、年3回のイベント開催でバイクパッキングの振興を図って行く予定だ。

公式サイトがオープンし、4月6日からは第一回開催となるスプリングキャンプのエントリーを開始する予定。エントリーした人の情報交換用のfacebookグループも近日スタートする。

イベント概要

<2017 Spring Camp概要>

年5月20日(土)長野県しだれ栗森林公園キャンプ場(長野県上伊那郡辰野町小野5983-1)
JR岡谷駅からの推奨コースや、参加者オリジナルのコースでライドを楽しみ、キャンプ場に集合する。辰野からのダートコース途中には360度の展望が楽しめる「日本中心の標」展望台もある。キャンプ場は予約済み。

夕飯は参加者各自で自慢のキャンプ飯を作って楽しむ。
夕食後は北澤肯のトークライブやゲームなどのアトラクションを交えながら参加者同士の交流を深めるアトラクションを楽しめる。
乾杯のビール等や夕飯後のアトラクション時の飲み物やおつまみ程度は提供される。

募集人数:50人
参加費:8,000円(予定)※キャンプ場利用料も含む。参加記念品あり

<プレナイト> ※イベントでなく自主キャンプ。

スプリングキャンプの前日の5/19(金)に時間を作れる人は、1日先乗りしてイベントスタッフと一緒にもう1泊キャンプを楽しむよう、参加者に提案する。

プレナイトの集合場所は、日本有数の超絶景が味わえる「天空のキャンプ場」として知られる長野県 陣場形山キャンプ場(長野県上伊那郡中川村大草1636)。
伊那市、駒ヶ根の2つの駅から25~56kmのダートを含む3コースか、もしくは参加者オリジナルのコースでのライドを楽しみ、キャンプ場に集結する。

キャンプ場は予約ができないので早いもの勝ちになるが、平日なので夕方までに到着すれば大丈夫。一切ノンサポート&ノンサービスで参加費は無料。キツいヒルクライムをしたあとはみんなで絶景を堪能する予定。(風呂無し、トイレあり、水場あり)

<2017Summer Camp予定>

2017年8月初旬の土曜日
開催地:群馬県上野原、ヴィラせせらぎそばの河原(キャンプ可)
ライドコース:上州福島駅もしくは下仁田駅発でのダートを含む50~60km程度のコースもしくは参加者各自のオリジナルコース
詳細発表およびエントリー開始は6月予定

<2017年Autumn Camp予定>

2017年10月中旬の土曜日
開催地:群馬県、皇海山キャンプフォレスト(群馬県沼田市 利根町追貝2618)
ライドコース:群馬県みどり市小中駅(わたらせ渓谷鐵道わたらせ渓谷線)発のダートを含む中津川林道経由の50~60km程度のコースもしくは参加者各自のオリジナルコース
詳細発表およびエントリー開始は8月予定

bikepacking JAM

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事