トレック唯一の日本人エンジニア「鈴木未央」の特設ページを公開

トレックは唯一の日本人エンジニアである「鈴木未央」を紹介する特設ページを公開した。

鈴木未央

スポーツバイク産業の中で最先端の製品開発力を持つトレック。そこに所属しているエンジニア達は、いわばトレックを支える源といえる。鈴木未央はトレック唯一の東洋人のエンジニアであり、エアロダイナミクス解析の責任者として製品開発に携わっている。

鈴木未央

13歳で父親の転勤により渡米した彼女は、カリフォルニア大学に進学後、研究課題として空気力学の基礎を学び、同時にその分析にも取り組んだ。現在は最先端のエアロロードバイクMadone 9や、エアロカーボンホイール Aeolus、エアロヘルメットBallistaなど、一貫して空力に関するプロダクトの開発に力を注いでいる。

鈴木未央

鈴木未央

また開発への心構えとして、プロで活躍する選手からの声のみならず、現地の販売店やユーザーからの意見に耳を傾けるため、彼女は日本を始めとする様々なローカルマーケットへ頻繁に足を運ぶことを心がけている。常に広い視野を持つことを大切にしている彼女の情熱が、トレックの新たな製品の開発へとつながっていることは確かである。

鈴木未央

鈴木未央

彼女を紹介する動画では、トレック・セガフレードのファビアン・カンチェラーラ選手(当時)や別府史之選手が、彼女の仕事によってチームが支えられていることをコメントしている。

velodrome_johnD

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。

他の記事も読む

関連記事