「まだチームレプリカウェア、着てるの?」と言われてしまう時代が来た!?


チームレプリカか、シンプルな単色中心のジャージくらいしか選択肢がなかった時代は遠くなりにけり……
欧州ではすでに自転車はソーシャルなスポーツ(=かつてのゴルフがそうであったように)であり、いまやサイクリストも、自分がどんな人間かを身につけるキットのデザインやブランドで表明することが期待されている時代になってきています。

サイクルウェアに革命をもたらしたパイオニア、ラファ

サイクルウェアに革命をもたらしたパイオニア、ラファ



サイクルウェア・デザインの流れに大きな衝撃をもたらしたイギリスのラファを第ニ波とすれば、第三派、サードウェーブはこの数年派手系のグラフィックで台頭してきているいくつものブランドでしょう。

ブランドによって、ありていに言えば既存のOEMメーカーのジャージにオリジナルのグラフィック・プリントを発注しただけかそれに近いところもあれば、ラファ、カステリ、アソスなどの大手に機能でも追いつけ追い越せと開発を頑張っているところもあります。

とはいえこの記事では見た目重視でこのサードウェーブの中でも人気のおしゃれ系ジャージブランドをご紹介していきます。
これで次のクラブライド、グランフォンドでは注目間違いなしですよ!

これが今最注目の11ブランドだ


今サイクル・ジャージの最先端はオーストラリアに


Black Sheep Cycling(ブラック・シープ・サイクリング)


公式サイトはこちら

第三波の中でも大きな存在感を放っているのが、オーストラリアはメルボルン発の一軍。その中でもイキのいいのがこのブラックシープ(黒羊、一族の中の鼻つまみ者という意味)。シンプルなエッセンシャルレンジもいいけれど、狙うべきは毎シーズン限定数のみでリリースされすぐに完売となるリミテッド・エディション。ド派手な柄の中にどこかメローな雰囲気が漂っているのがポイント。

Black Sheep Cycling(ブラック・シープ・サイクリング)
Black Sheep Cycling(ブラック・シープ・サイクリング)
Black Sheep Cycling(ブラック・シープ・サイクリング)
Black Sheep Cycling(ブラック・シープ・サイクリング)

Attaquer(アタッキィ)


公式サイトはこちら

Attaquerの発音は「アタッキィ」、シックでクラシックなサイクリングウエアが増えていた業界に、どぎつい、パンク系のグラフィックで文字通りアタックをかけた、シドニー発のブランド。ローンチから5年経った今もまだまだ空気を読まず、暴力的に攻めています。こちらも完売マークだらけのリミテッドラインに注目。

ファウンダーのグレッグ・ハマーとステファン・ムスリン

ファウンダーのグレッグ・ハマーとステファン・ムスリン


Attaquer webより

Attaquer webより



Attaquer webより

Attaquer webより



MAAP(マープ)


公式サイトはこちら

これまたメルボルン生まれのマープは、ひと目でここんちのだとわかるモダンポップなグラフィックアートがいちばんの魅力。一方で、イタリア製のウエアは空力や吸汗速乾性能なども高いとのこと。男性用ウィンタージャケットなども揃い始め、ただのお洒落系ウエアメーカーではないことを感じさせます。
MAAP webより

MAAP webより



MAAP Web より

MAAP Web より



MAAP webより

MAAP webより



Pedla(ペドラ)


公式サイトはこちら

わかったわかったもうメルボルンはいいよと思いつつここも外せないと思うのがペドラ。迷彩柄のジャージと、幾何学モチーフのジャージが人気です。スイスやイタリア製の生地、シャモアにはサイテック製のパッドを使うなど、コストをかけたクオリティも強みのひとつ。
pedla webより

pedla webより


pedla web より

pedla web より


pedla webより

pedla webより



Lumiere Cycling(ルミエール・サイクリング)


公式サイトはこちら

すみませんすみません、ルミエールもよく見たらメルボルンのブランドでした。光というそのブランド名がイメージさせるように、透明感のある色使いとグラフィックは日本人のテイストにも合いそうです。靴下もかわいらしいのでぜひチェックを。





Lumiere Cycling webサイトより

Lumiere Cycling webサイトより



アメリカンデザインの茶目っ気とグラフィックセンス


Ten Speed Hero(テン・スピード・ヒーロー)


公式サイトはこちら

ふー、ようやくあの亜大陸から脱出成功、お次は北米はシカゴのテンスピード・ヒーロー。ここも、インターネット黎明期のようなサイトデザインからして人を喰ったような集団ですが、ピュアで明るく茶目っ気のあるグラフィックは魅力的。

Ten Speed Hero(テン・スピード・ヒーロー)
tenspeed hero webより

tenspeed hero webより


ten speed hero webより

ten speed hero webより



Twin Six(ツイン・シックス)


公式サイトはこちら

厳密に言えばサードウェーブの以前からサイクリング関連アパレルを作っていたミネソタのツインシックスも、派手柄で飛躍。数字の6をモチーフにした、ジョッキー風味のデザインから、カーテンのようなバラ柄などにもいち早く着手。




TWIN SIX webより

TWIN SIX webより



Velocio(ヴェロシオ)


公式サイトはこちら

アメリカでデザイン、イタリアで製作のヴェロシオ。抑制の効いたトーンがシックでこちらも日本人好み。背中の腰周りに入ったジップを下ろすとビブを外さなくてもトイレに行ける女性用の「フライビブ」はファン多し!
Velocio(ヴェロシオ)



Deep breaths while pedaling in the Rockies–for more air and for those vast, immense views. Photo: @rodeolabs

Velocioさん(@velocioapparel)がシェアした投稿 –



気品と風格のヨーロッパ、新興サイクルウェアブランド


Pas Normal Studios•(パ・ノルマル・ステューディオ)


公式サイトはこちら

先の2大陸と違って歴史と伝統にプライドのある欧州。サイクリングウエアの新興ブランドも、それとなく風格を漂わせることを忘れません。最近ロンドンでとにかく話題なのは、コペンハーゲン発のパ・ノルマル・ストゥディオズ。パッと見はとても地味〜なのですが、丁寧な作りと、シンプルな美しさが印象に残ります。性能もお値段もハイエンド。

Pas Normal Studios•(パ・ノルマル・ステューディオ)
Pas Normal Studio webより

Pas Normal Studio webより


Pas Normal Studio webより

Pas Normal Studio webより



Queen of the Mountains(クイーン・オブ・マウンテン)


公式サイトはこちら

だいぶ増えてきたとはいえ、まだまだ数の少ない女性サイクリストを応援したいという思いで英国人女性が始めた女性オンリーのアパレルブランド。イタリア製の生地にフェミニンながら甘ったるくない潔いデザインをほどこし、サイテックのパッドなどしっかりとした作り。

Queen of the Mountains(クイーン・オブ・マウンテン)
Queen of Mountain webより

Queen of Mountain webより



Time to layer up! 🍁 Working out what to wear can be tricky…but it doesn’t need to be. When you get it right, it’s like 💁🏽 Here’s a tip on what to wear when the temperature drops between 10-16 degrees Celsius. Start with a Base layer (breathable mesh), layer with a Merino wool jersey or Technical fabric jersey and then a winter Gilet over the top. If your jersey has short sleeves, pair with Roubaix fabric arm warmers as they are brushed on the inside and will feel totally warm and lush. On the bottom half, bib shorts or padded shorts and if you feel the cold, knee warmers (Roubaix fabric). All of these are available at @queenofthemtns of course! 😝#queenofthemtns #cyclingtips #whattowear #cyclingadvice #womenscycling #inspiringwomentoride

Queen of the Mountainsさん(@queenofthemtns)がシェアした投稿 –



Look Mum No Hands(ルック・マム・ノー・ハンズ)


公式サイトはこちら

サイクルウエアブランド外からの番外編、こちらの過去記事でも紹介した、ロンドンの自転車カフェ「ルック・マム・ノー・ハンズ!(LMNH)」のオリジナルジャージも、おしゃれサイクリストにはやはり外せないので入れておきます。ここのジャージなら、いつもロンドンのサイクルカルチャーの空気を呼吸できるのです。


Look Mum No Hands! webより

Look Mum No Hands! webより

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!