江田島

ロードバイクに出会ってなければ一生に一回行くかどうかの場所なのにロードバイクに出会ったお陰で通いつめることになる場所が誰にでもあると思います。

私が出会ったのその場所は、瀬戸内海に浮かぶ江田島。身近なロードバイク乗り調べですが、ほぼ間違いなく「広島県の自転車乗りはしまなみ海道以上にリピート」をしてます。

理由は

  • 瀬戸内海の美しい景色を眺めながら島が1周できる。
  • 瀬戸内海の魚料理などグルメが充実
  • 島内に山や峠が多く、ヒルクライムやご褒美の絶景あり
  • 広島市内からのアクセスの良さ
  • 冬の時期で温暖で走りやすい

などです。

広島市内から江田島へのアクセス


江田島は陸続きでも渡れる島なのですが、広島市内にある宇品港からフェリーを使って行くのが一般的です。

宇品港まで、車にロードバイクを積んで来た場合は港の前にある「広島みなと公園」の24時間1000円の有料駐車場を利用するのがおすすめです。

自走の場合は、広島市内の中心部から約7kmで宇品港です。

300台以上が駐車可能な広島みなと公園駐車場の入口
▲300台以上が駐車可能な広島みなと公園駐車場の入口

フェリー料金とサイクルーズパスについて


宇品港から江田島に行くには、切串、三高、小用港など複数の到着港がありますが、今回は最もメジャーな切串港からライドします。
フェリー料金は片道大人1名で460円で自転車1台190円なのですが、切符を購入する際に必ず自転車で渡ることを告げて写真の「サイクルーズパスをください」と窓口で言うと割引が適用されます。
江田島と切串間では190円の割引 帰りも使いますので捨てたらダメです。

せとうちサイクルーズPASS
せとうちサイクルーズPASS

かきしま海道サイクリングロードをひた走る


乗船後、30分程度で切串港に到着します。江田島はサイクリストに優しい島なので親切丁寧に推奨ルートを明示するブルーラインが道路にひいてあります。かきしま海道サイクリングルートという名称で呼ばれ、初めて江田島にロードバイクやスポーツバイクでツーリング来た人でもブルーラインに沿って走れば、道に迷うことはまずありません。

ルートは地元のサイクリストの意見を取り入れてあり、基本は海沿いルート
▲ルートは地元のサイクリストの意見を取り入れてあり、基本は海沿いルート

海を眺めながら快適に走れるルート
▲車の通行量も圧倒的に少なく、海を眺めながら快適に走れるルートです。景色が良い場所にはサイクルスタンドも設置してありインスタ映え間違いなし(笑)。

サイクルスタンドが置いてある海沿いの休憩ポイント
▲サイクルスタンドが置いてある海沿いの休憩ポイント

切串方面からかきしま海道を走っていくと、海上自衛隊の(旧海軍兵学校)の正門にたどり着きます。時間帯は決まっているのですが、無料で基地内見学もできるようになっていてNHKドラマ「坂の上の雲」の撮影で使われた施設なども見れるそうです。

海上自衛隊正門前
▲海上自衛隊正門前

江田島はサイクリストにとって「グルメ天国」な島


江田島へ、サイクリストのリピート率が高い理由のひとつがグルメです。パっと思いつくだけでも特大のアナゴ丼、あさりごはんなどが食べ放題の海鮮食堂、海辺のカフェで食べる地元食材を使ったピザなど沢山のグルメがありますが、今回は地元民が通う「キッチン&カフェhama」さんで昼食をいただきました。

「hama」さん
▲「hama」さん

江田島で仕出し弁当をされている会社さんが運営している「hama(はま)」。 11時開店ですが5分前に着いたらすでに店内に地元の人らしいお客さんが10名ほど、友人のローディーが2度ほど11時20分にお店に着いて入店が出来なかったと聞いてたのですが、その通りでした。

数量限定の刺し身つきランチ950円
▲頼んだのは、数量限定の刺し身つきランチ950円

クラゲの刺し身は歯ごたえがあり新鮮な証拠
▲クラゲの刺し身は歯ごたえがあり新鮮な証拠

メイン食材は毎回変わるのですが、肉系がメインで刺し身がつきます。クラゲの刺身の食感が良くて、メインのトンカツや魚の照り焼きなど何を食べても美味しいのです。11時30分ぐらいに到着したお客様が刺し身つきランチが売切れだったので早めの到着が必須。持ち帰りが可能な海鮮の巻き寿司も絶品です。

【hama】
住所:江田島市大柿町柿浦20694 電話:0823-57-2211
営業時間:11時~14時 定休日:水曜・日曜・祝日



江田島はヒルクライムと絶景ポイントの宝庫


午前中は、海岸沿いのほぼ平坦な道を走ったので午後はヒルクライムへ。
江田島には結構な数の峠があるのですが、今回は江田島のほぼ中央に位置する真道山の山頂を目指します。hamaさんから切串港方面に2kmほど戻りると総合運動公園の看板が出てくるので、公園方面へ 。

この標識が目印
▲この標識が目印

満腹状態だと割りとキツかった2.3km Ave4.5%のヒルクライムを登ると左手が開けてドンっとご褒美が・・・ただし真道山の山頂はまだ先です。

ご褒美の絶景
▲ご褒美の絶景

ここから数百メートル下った所の右手に真道山千本桜ルートへの案内看板があるのでそこからまた5km弱のヒルクライム。山頂に展望台があるのですが展望台まではロードを置いて階段を上ります。どうしてもロードと一緒に登りたい場合は担いでください。

真道山の展望台
▲エッチラホッチラ階段をあがると真道山の展望台が

360度の絶景
▲360度の絶景

江田島の中央にある山なので、展望台から360度の景色が見渡せます。

360度の絶景
▲江田島の中心地も見下ろせます。

真道山は標高300m弱の山なので、そこまで登るわけではないのですが、これだけの風景が堪能できます。下りは登った道ではなく反対側にダウンヒルしていくのですが、春は約千本桜が咲いているのでこちらは春にも走りたいコースです。

自転車乗りが泣いて喜ぶ盛り放題のソフトクリーム


ヒルクライムの後は「景色のご褒美」とは別の「ご褒美」を求めて走ります。
冬でもソフトクリームを食べられるのがロードバイク乗り、しかも盛り放題となれば行くしかないですよね。目的のお店の名前は「豆ヶ島 」。

豆ケ島の入口には赤鬼と青鬼の立て看板が
▲豆ケ島の入口には赤鬼と青鬼の立て看板が

豆腐や大豆商品の販売のお店で「秘密のケンミンショー」でも紹介された江田島の郷土料理である「大豆うどん」が食べられます。 でも今回の目的はあくまで盛り放題のソフトクリームです。

自信が無ければ店員さんにお願いを
▲自信が無ければ店員さんにお願いを

豆乳ソフトクリームの盛り放題の正体とは・・・セルフのソフトクリームなんです。一度レバーをはなすと終了するのがクセモノですが上手く盛るとコーンの中までたっぷり入り、通常のソフトクリームの1.5倍ぐらいは食べられます。

成功例です
▲成功例です


関連ランキング:その他 | 江田島市その他


住所:広島県江田島市大柿町飛渡瀬603  電話:0823-40-3038
営業時間:11時から16時  駐車場:無料あり  定休日:火曜日

江田島ではこんな光景も見れます。豆ケ島から、海側に向けて峠を一つ越えると秋月という場所に出ます。海沿いで船の解体をしている現場が見れるのですが、かなり圧巻の風景。他にも巨大コンビナート群など面白い光景も見れます。

船の解体をしている現場

まとめると・・・江田島はやっぱり何度も走りたくなる島


今回はかきしま海道をメインに約50kmを走りました。江田島市はサイクリングマップを作成したり、コンビニにサイクルスタンドを置いたり、サイクリスト・ウェルカムな島です。
瀬戸内海で4番目に大きな島ですので、健脚ローディーにとっては走り応えがありますし、今回のようなグルメファンライドも楽しめます。世界的に有名な「しまなみ海道」も良いのですが広島に来たら、ぜひ走ってみてもらいたい地元サイクリスト自慢のコースです。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!