女性向け おすすめ ロードバイク 選び方

【2019年版】女性向けおすすめロードバイク22選&選び方ガイド|初めてでも大丈夫!

スポーツバイク人気が高まり、女性サイクリストもずいぶん増えました。女性が初めてのロードバイクを選ぶとき、男性とは違った難しさに悩まされます。フレームサイズにカラーリング、男性に比べて選択肢が少ない…!
今回は女性のためのロードバイクの選び方を完全ガイド。価格別におすすめモデルもたっぷり紹介するので予算にあわせて探せます。

ロードバイクの選び方

女性 ロードバイク おすすめ 初心者
ロードバイクが欲しい。初めてのロードバイクは何を基準に選べばよいのでしょうか?

もし周囲の人のおすすめやアニメなどで気に入ったロードバイクがある場合は、そのロードバイクメーカーを取り扱っているショップ、直営店もしくはコンセプトストアに行くと良いでしょう。実物が見られたり、場合によっては試乗もできます。

何を基準に探せばいいかわからない、そんな人はこの2ステップで!

Step1:目的と予算

ファーストステップは目的と予算。目的の例を挙げてみましょう。

  • 通勤・通学用にロードバイクに乗りたい
  • ダイエットしたい!フィットネスに使う
  • 自転車乗りのブログで見たスポットを訪れたい!長く乗っても疲れないバイクが欲しい
  • 坂が楽に登れて速いモデルがいい

ロードバイクにもいくつか種類があるので、ロードバイクでどんなことがしたいのかを徹底的に想像しておくことが大切。お店の人に具体的な用途を伝えられれば、より自分の希望に沿ったロードバイクをすすめてもらえます。

◆ロードバイクだと何ができる?こちらからどうぞ。
→「ロードバイクの楽しみ方

注意!バイク以外に必要なアイテムがある

ロードバイク アイウェア サングラス

予算で気を付けたいのはバイク本体以外にも必要なアイテムがあるということ。ペダル(だいたい付属していない)や空気入れ、ライト/カギなどの付属品、ヘルメット、シューズ、ウェアなども必要になりますので、その分の予算も考えておかなくてはなりません。

→「ロードバイクに必要な装備

Step2:ショップに行ってみよう

女性 ロードバイク ショップ お店 おすすめ
目的と予算が決まったら、いくつかのショップに実際に足を運んでみましょう。プロに相談してみると、自分では思いつかなかったモデルを教えてもらえます。

いろいろなメーカーのモデルを扱っているショップや、近所にあるショップなど、いくつかのショップに行ってみると、ショップごとの対応や雰囲気の違いがわかります。できればロードバイク専門店、もしくはスポーツサイクル主体で取り扱っているショップがよいでしょう。

ショップ選びのポイントは”愛車のお医者さん”

ロードバイクは購入後もメンテナンスのためにショップとの付き合いがあります。周りにロードバイクのメンテナンスをしてくれる人がいる場合は別ですが、「自宅に近く、相談しやすい」ショップを選ぶことは大事なポイントです。
“愛車のお医者さん”というイメージで選んでみると良いでしょう。

◆自転車屋さんとの付き合い方はこちらから
→「元自転車屋が教える!良い自転車屋さんの見つけ方と上手な付き合い方

◆女性でも入りやすいお店を紹介、お店のイメージもつかめる。これは必読!

POINT:ショップに行くときは動きやすい服装で

サイズ展開のないシティサイクルと違い、ロードバイクは身長や股下寸法によってフレームのサイズが分かれます。ショップによってはフィッティングシステムを使って最適なフレームサイズを判断してくれるところも。身長・股下寸法・腕の長さ・身体の柔軟性などを測るので、動きやすい服装が吉◎

有料フィッティングでも、お店でロードバイクを購入すると無料になるケースもあります。メーカーやモデルによってもフレームサイズには差があるので、最適なサイズを知りたいときに有効です。

◆フレームサイズを事前に調べておきたい方はこちらから
→「初心者がロードバイクを買うときのサイズの決め方

「女性専用モデル」とは

▲世界最大の自転車メーカーGIANTが展開する女性ブランド”Liv”

いくつかのメーカーでは、女性向けに「女性専用モデル」を出しているところがあります。女性専用とはどういうことなのでしょうか。

小さいフレームサイズと女性向けジオメトリー

まず女性向けに小さいフレームサイズになっています。メーカーによっては、男性向けフレームよりもトップチューブを下げて、またぎやすいようになっているところも。

フレーム以外のパーツで言うと、ハンドルやサドルに配慮が見られるケースが多いです。
手が小さく肩幅が狭い女性のために、ハンドル幅が狭くなっていたり、下ハンドルが握りやすいコンパクトなサイズが搭載されていたり。サドルなら、坐骨幅が広めのタイプや、クッション性のあるものが採用されていたりします。

ハンドルとサドルは乗り心地に密接に響いてきますので、女性専用モデルを選んだ方が楽でコスパも高い場合が多いです。

色が選べない…カラーオーダーという選択肢も

女性専用モデルはフレームカラーの選択肢が少ない場合が多く、必ずしも自分の好みのカラーがあるとは限りません。
ロードバイク選びは見た目だって超重要!特にカラーは譲れないポイントだという人も多いですよね。最初から「カラーオーダー」を視野に入れるのもアリですよ。

女性モデルでも40~70のカラースタイルから選べる「アンカーカラーオーダーシステム」
▲女性モデルでも40~70のカラースタイルから選べる「アンカーカラーオーダーシステム」
LINK:ブリヂストンアンカー

あるといい”女性目線”スペック

長時間乗っても身体が楽、手が疲れにくい、力の弱い人でも安心して乗れる。今回は女性目線で選んだ、「あると楽なパーツ」をご紹介します。予算と相談しながら検討してみては。

ショートリーチハンドル

肩幅が狭く手が小さい女性には、男性用モデルの完成車についているハンドルは大きかったり、下ハンドルに手が届きにくいこともあります。女性用モデルでは、コンパクトなハンドルが採用されていることがほとんどです。

36cm、38cm幅があるスペシャライズドのハンドルバー、EXPERT ALLOY SHALLOW ROAD BAR WOMEN
▲36cm、38cm幅があるスペシャライズドのハンドルバー、EXPERT ALLOY SHALLOW ROAD BAR WOMEN
(C)SPECIALIZED JAPAN

油圧式ディスクブレーキ

ロードバイクのブレーキには、リムブレーキとディスクブレーキの2種類があります。中でも軽いタッチの油圧式ディスクブレーキは制動性が高く、雨天でもブレーキ性能が衰えません。長い下りのときなど、握力が弱い女性にはお勧めです。


▲油圧式ディスクブレーキ (C)TREK JAPAN

油圧式ブレーキを採用したトレックのÉmonda ALR 5 Disc Women's
▲油圧式ブレーキを採用したトレックのÉmonda ALR 5 Disc Women’s(C)TREK JAPAN

ディスクブレーキについて詳しくはこちらもどうぞ
→「乗ってるから分かったディスクブレーキロードバイクの魅力とおすすめモデル14選

電動シフト

電動シフトとは、シフトレバーを手で倒すのではなく、スイッチを押すだけで電動でシフトチェンジできる機能です。スイッチを押すだけなので、手が小さい女性でも変速操作が楽で、手が疲れにくいメリットがあります。

ただし電動コンポーネントは価格が高く、エントリーモデルにはほとんど搭載されていません。

アルミフレームにシマノアルテグラDi2を搭載して低価格を実現したコーダーブルームのファーナ700-Di2 レディース
▲アルミフレームにシマノアルテグラDi2を搭載して低価格を実現した、コーダーブルームのファーナ700-Di2 レディース (C)KhodaaBloom/HODAKA

電動コンポーネントについて詳しくはこちらもどうぞ

予算別!女性用おすすめロードバイク

それではおすすめロードバイクを予算別(10万円未満、15万以下、20万以下、25万以下、26万以上)にご紹介します。

女性専用モデルの場合は「女性専用」と明記しています。そういったメーカーでは、掲載したバイク以外にも女性専用モデルがあります。気になったモデルがありましたら、メーカーサイトをチェックしてみてください。

また女性専用モデルがないメーカーでも、小柄な方向けに小さいフレームサイズが用意されている場合もあります。

10万円未満のロードバイク

ロードバイクはフレームの素材(アルミ、鉄、カーボンなど)と、コンポーネント(自転車の変速機やブレーキなどの部品セット)のグレードによって値段が違います。
10万円未満はエントリーモデル。主に通勤・通学用や、ちょっとした街乗り用などに適した、アルミフレームのモデルが主体です。コンポーネントは主にシマノクラリスやソラになります。

DOLCE(スペシャライズド) 女性専用

(C)SPECIALIZED
ドルチェ(グロス/ホワイト/アシッドラヴァ) (C)SPECIALIZED JAPAN

スペシャライズドの女性専用エントリーモデルです。ハンドル幅やクランク長、サドルまで、女性向けのパーツを採用しています。フレームは快適なロングライド用ジオメトリを採用し、アップライトな姿勢で乗りやすく設計されています。カーボンフォークには振動を軽減するゼルツを搭載し、荒れた路面でも快適な走行ができます。

フレーム素材 アルミ/カーボンフォーク
コンポ シマノクラリス
カラー グロス/ホワイト/アシッドラヴァ、サテン/グロス/クールグレー/アシッドピンク
サイズ 44/48/51
参考価格 税込90,720円

LINK:DOLCE|SPECIALIZED

Domane AL 3 Women’s(トレック) 女性専用

ドマーネ・エーエル3・ウィメンズ(Crystal White)
ドマーネ・エーエル3・ウィメンズ(Crystal White) (C)TREK JAPAN

10万円を切る低価格を実現したトレックの女性用エントリーモデルです。女性用のサドルやコンパクトなハンドルなどパーツも女性専用のものを採用。あまり深い前傾姿勢をとらず、快適な姿勢で乗れるようなエンデュランスジオメトリ―を採用しています。

フレーム素材 アルミ、カーボンフォーク
コンポ シマノソラ
カラー Crystal White
サイズ 44、47、50
参考価格 税抜98,000円

LINK:Domane AL 3 Women’s|TREK

10万円~15万円のロードバイク

丈夫なアルミフレームが主流ですが、コンポーネントにシマノのティアグラを採用するなど、より快適な走行ができるようなモデルが揃っています。

LANGMA SL 2(リブ) 女性専用 適正身長145cm~

ランマ・エスエル2
ランマ・エスエル2 (C)ジャイアント

Livはコストパフォーマンスが高いことで定評のある「GIANT」の女性用ブランドです。身長145cm前後から乗車可能なXXSサイズをすべての車種に用意しています。「LANGMA」は女性用軽量レーシングバイクシリーズです。女性専用設計の軽量アルミフレームにカーボンフォーク、20段変速が可能なシマノティアグラをコンポーネントとして搭載しています。手軽なエントリー用モデルをお探しの方に。

フレーム素材 アルミ
コンポ シマノティアグラMix
カラー ブラック
サイズ 385(XXS)、410(XS)、445(S)mm
参考価格 税抜128,000円

LINK:LANGMA SL 2|Liv

AUDACIO 300 W(ラピエール) 女性専用

アウダシオ300ダブリュー
アウダシオ300ダブリュー (C)東商会

フランスのメーカー、ラピエールの女性用エントリーモデルです。ラピエールのモデルの性能はそのままに、女性の肩幅を考慮した幅380mmのハンドルやセライタリアの女性用サドルを採用することで女性仕様のモデルに仕上がっています。
ラピエールの女性用モデルは、他にも軽量なXELIUS SL 500 Wやロングライド用モデルのSENSIUM 500Wがあります。

フレーム素材 アルミ、カーボンフォーク
コンポ シマノティアグラ
サイズ 44
参考価格 税抜145,000円

LINK:AUDACIO 300 W|LAPIERRE

SCULTURA 410(メリダ) 適正身長145cm~

スカルトゥーラ410(SILK SILVER-BLUE(MINT))
スカルトゥーラ410(SILK SILVER-BLUE(MINT))(C)株式会社ミヤタサイクル メリダ

メリダはジャイアントと同じ台湾のメーカーで、新城幸也選手が所属するバーレーンメリダにチームバイクを供給しています。女性専用ではありませんが、小柄な方向けに設計したフレームと、ショートリーチのステムやハンドル、コンパクトなクランクを搭載したモデルを用意しています。カーボンフレームに新型105を搭載したSCULTURA 4100もあります。

フレーム素材 アルミ/カーボンフォーク
コンポ シマノ105
カラー SILK SILVER-BLUE(MINT)、MATT GREY(BLUE)
サイズ 38cm(適正身長145~155cm)、41cm(適正身長150~160cm)
参考価格 税抜149,900円

LINK:SCULTURA 410|MERIDA

Luna Alumi 105(ウィリエール) 女性専用

ルナ・アルミ(マジェンタピンク)
ルナ・アルミ(マジェンタピンク)(C)服部産業

イタリアンメーカーのウィリエールにも女性用モデルが用意されています。耐久性と軽量性のバランスが優れたアルミフレームにコンポーネントは105を採用し、完成車重量は8.6kgを実現しています。ウィリエールには、他にもステッラSLという女性用カーボンレーシングモデルが用意されています。

フレーム素材 アルミ/カーボンフォーク
コンポ シマノ105
カラー マジェンタピンク
サイズ XXS、XS
参考価格 税抜150,000円

LINK:Luna Alumi|Wilier

VIA NIRONE7 SHIMANO 105(ビアンキ)

ヴィア・ニローネ7・シマノ105(CK16)
ヴィア・ニローネ7・シマノ105(CK16)(C)サイクルヨーロッパジャパン

チェレステ・カラーとスタイリッシュな見た目のビアンキのモデルは幅広いサイクリストに人気があります。女性専用モデルはありませんが、フレームサイズの小さいモデルが用意されています。ヴィア・ニローネは2019年モデルからフレームサイズ41が加わりました。アルミフレームに新型105を搭載し、手頃で使い勝手のよいモデルになっています。

フレーム素材 アルミ/カーボンフォーク
コンポ シマノ105
カラー CK16、Matt Black/Black
サイズ 41/44/46/50/53/55/57
参考価格 税抜158,000円

LINK:VIA NIRONE7 SHIMANO 105|Bianchi

16万円~20万円のロードバイク

フレームはアルミながらも、コンポーネントにティアグラや105が採用され、レースやヒルクライム、ロングライドなど幅広い用途に使いやすいモデルが揃っています。

EXPERIENCE 105(チネリ)

イクスペリエンス105(レッドライト)
イクスペリエンス105(レッドライト)(C)ポディウム

カラフルな色彩とデザイン性の高さで人気のチネリは高級モデルが多いのですが、アルミの完成車もあります。エクスペリエンス105では、XXSやXSの小さいフレームサイズが用意されています。コンポーネントはシマノの105、ホイールはVision Team30を採用しています。

フレーム素材 アルミ、カーボンフォーク
コンポ シマノ105
カラー レッドライト、エブリシング ターンズ グレイ
サイズ XXS (44)、XS (47)、S (50)、M (53)、L (56)
参考価格 税抜168,000円

LINK:2019 EXPERIENCE 105完成車|cinelli

A2-r 105(コルナゴ)

エー2アール105(マットブラック/レッド)
エー2アール105(マットブラック/レッド)(C)エヌビーエス

コルナゴはレーシングバイクで人気のあるイタリアのブランドです。女性専用モデルではありませんが、身長150cmに人から対応が可能な400Sサイズが用意されています。コンポーネントはシマノ105が採用されており、レースやヒルクライムなど幅広い用途に対応できるバイクになっています。

フレーム素材 アルミ、カーボンフォーク
コンポ シマノ105
カラー A2MB(ガンメタリック) / A2BR(マットブラック/レッド)
サイズ 400S / 430S / 460S / 490S / 520S / 550S / 580S
参考価格 税抜169,000円

LINK:A2-r|COLNAGO

montreal 74(エディメルクス) 女性専用

モントリオール74 エディメルクス ロードバイク MONTREAL74 EDDY MERCKS
モントリオール74(アンスラサイト/シルバー/オレンジ)(C)フカヤ

エディメルクスは、ベルギーの史上最強と言われる元プロロードレーサー、エディ・メルクスが起こしたブランドです。女性用に設計した2つの女性専用モデルが用意されています。モントリオール74は、反応のよいアルミフレームにティアグラを採用したエントリー用モデルです。

フレーム素材 アルミ
コンポ シマノティアグラ
サイズ XXS
参考価格 税抜186,000円

LINK:MONTREAL74|EDDY MERCKS

CAAD12 WOMEN’S 105(キャノンデール) 女性専用

キャド12・ウィメンズ105
キャド12・ウィメンズ105(ブラックパール) (C)Cannondale

カーボンキラーと呼ばれる「キャド12」はキャノンデールの人気モデルです。多くのカーボンフレームよりも軽くて剛性の高いアルミフレームに、女性専用のハンドルバー、サドルを採用するほか、女性向けにクランクはコンパクトになっています。完成車重量は8.1kg(50cm)を実現。

フレーム素材 アルミ、カーボンフォーク
コンポ シマノ105
カラー BRACK PEARL
サイズ 44、48
参考価格 税抜190,000円

LINK:CAAD12 WOMEN’S 105|Cannondale

FARNA 700-Di2 Ladies(コーダーブルーム) 女性専用 適正身長145cm~

ファーナ700-Di2 レディース(マットブラック)
ファーナ700-Di2 レディース(マットブラック)(C)ホダカ

ファーナ700は、直進安定性があり30km/h以下の低速度でも少ないふらつきで走れるというコーダーブルームの女性向けロングライド用モデルです。手が小さく握力が弱い女性向けに変速が楽なシマノアルテグラDi2を採用し、クッション性の高いサドル、握りやすいハンドルを装備しています。フィットネスを通じて健康的なライフスタイルを送りたい方のために、初めてでも安心して乗れるようなロードバイクです。

フレーム素材 アルミ
コンポ シマノアルテグラDi2、105Mix
カラー マットブラック
サイズ 395mm、430mm、465mm
参考価格 税抜199,000円

LINK:FARNA 700-Di2 Ladies|KhodaaBloom

21万円~25万円のロードバイク

フレームにカーボン素材が採用されているモデルが多くなります。カーボンフレームとシマノ105の組み合わせが多く、カーボンフレームの振動吸収性と操作の快適性からレースやヒルクライム、ロングライドなど、快適に走行できるモデルが出そろっています。

LANGMA ADVANCED 2 QOM(リブ) 女性専用  適正身長145cm~

ランマ・アドバンスド2 QOM(アイスグリーン)
ランマ・アドバンスド2 QOM(アイスグリーン)

(C)ジャイアント

QOM(Queen of Mountain)とはKOMの女性版で、特定の区間(山岳区間など)を一番速く走った人のこと。軽量なカーボンフレームにシマノ105コンポーネント、34Tまでのギアを搭載しているため坂も楽に上ることができます。完成車重量は7.9kg(410mm)を実現。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105
カラー アイスグリーン、ブラック
サイズ 385(XXS)、410(XS)、445(S)mm
参考価格 税抜210,000円

LINK:Liv

FEDE(デローザ)

フェデ(White Glossy)
フェデ(White Glossy)(C)日直商会

ハートのロゴで人気のブランド、デローザのアルミエントリーモデルです。コンポーネントやホイールはサイズによって異なっていて、小さ目のサイズはシマノ105にWH-RS010ホイール、後半のサイズはCampagnolo CENTAURにKHAMSINホイールの組合せになっています。クランク長もサイズによって165mm/170mmと用意されており、身長150cm前後の方から180cm前後の方まで気軽にデローザのバイクに乗れるよう配慮されています。

フレーム素材 アルミ
コンポ White Glossy、Black Matt
カラー グロス/ホワイト/アシッドラヴァ、サテン/グロス/クールグレー/アシッドピンク
サイズ 38.5SL、41SL、44SL、47SL
参考価格 税抜215,000円

LINK:FEDE|DE ROSA

Émonda SL 5 Women’s(トレック) 女性専用

エモンダ・エスエル5・ウィメンズ
エモンダ・エスエル5・ウィメンズ (C)TREK JAPAN

軽量なカーボンフレームに、コンポーネントは新型105を搭載。トレック最軽量のエントリー用カーボンモデルです。トレック独自のBlendr対応ステムやRide Tunedシートマスト採用で余分なパーツを排除し、軽量化とともに見た目もすっきりしています。レースやヒルクライム、ロングライドなど用途を選ばない一台です。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105
カラー Matte Trek Black/Gloss Ultraviolet
サイズ 44、47、50、52、54
参考価格 税抜223,000円

LINK:Émonda SL 5 Women’s|TREK

ANGLIRU(ピナレロ)

アングリル(100/レッド)
アングリル(100/レッド)(C)PINARELLO JAPAN

アングリルはレーシングバイクとして人気のピナレロのロングライド用モデルです。ロングホイールベースの採用で直進安定性が高く、弓なりのシートステイがロングライド時の快適性を向上させます。コンポーネントは安心のシマノ105をメインに採用しています。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105ミックス
カラー 099/ブラック、100/レッド
サイズ 43SL、46SL、49SL、52SL、53.5SL
参考価格 税抜243,000円

LINK:PINARELLO JAPAN

RL8W EQUIPE(アンカー) 女性専用 適正身長145cm~

アールエル8ダブリュー・エキップ(エッジミントホワイト)
アールエル8ダブリュー・エキップ(エッジミントホワイト)(C)ブリヂストンサイクル株式会社

日本のブリヂストンアンカーからは、女性用5モデルが出されています。RL8Wエキップはフルカーボンモデルで、コンポーネントには新型105、ハンドル、サドルといった体が触れる部位には女性専用パーツが採用されています。女性向けに設計されたフレームは身体に優しく、路面振動を吸収するしなやかさ、登りを軽快に登る軽さがあり、ロングライドやヒルクライム、レースにも対応できます。
また、女性専用モデルはカラーの選択肢が限られることがほとんどですが、アンカーではアンカー・カラー・オーダー・システムにより、フレームカラーを自分の好みにカスタマイズすることができます。
性能はそのままにアルミのフレームモデルのRL6W EQUIPE(105完成車価格180,000円)もあります。

フレームを「エッジピンクブラック(PK)」に変更した例。カラーを変更するだけで印象がガラリと変わります。
▲フレームを「エッジピンクブラック(PK)」に変更した例。カラーを変更するだけで印象がガラリと変わる。
フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105
カラー アンカー・カラーオーダーシステムにより、2色のエッジカラー、38色の単色カラー、5色のロゴ、3種の表面仕上げから選択可能(一部を除き+0円)
サイズ 390、420、450mm
参考価格 税抜255,000円

LINK:RL8W EQUIPE|ブリヂストンアンカー

26万円以上のロードバイク

カーボンフレームのミドルグレードのバイクが主流になります。最初のロードバイクとしては、手を出しにくい価格帯ですが、憧れのヨーロピアンブランドなどがあり、バイクの選択の幅が広がります。またフレーム単体のみの販売もあるので、ショップに予算を言って自分用にロードバイクを組んでもらうことも(上級者向け)。

※完成車とフレーム販売についてはこの後のセクションで説明しています。

ENVILIV ADVANCED 1(リブ) 女性専用

エンヴィ・アドバンスド1
エンヴィリブ・アドバンスド1 (C) ジャイアント

「エンヴィリブ」は、Livの女性専用エアロロードバイクシリーズです。単にハンドルやサドルだけではなく、エアロ性能を実現しながら、フレームのジオメトリや剛性、サイズまで女性専用設計になっています。上級コンポのアルテグラを搭載し、レースにも挑戦できるスペックになっています。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノアルテグラMix
カラー ホワイト
サイズ 430(XXS)、465(XS)、500(S)mm
参考価格 税抜270,000円

LINK:ENVILIV ADVANCED 1|Liv

SUPREME 2.5(フジ)

シュプリーム2.5 (Carbon/Blue)
シュプリーム2.5 (Carbon/Blue)(C)アキボウ

シュプリームはフジの女性用エアロロードバイクです。1970年代から女性ライダーへ機材提供を行い、女性に適したジオメトリを研究。女性用設計によって軽量化を実現し、油圧ディスクブレーキによって制動力を高め、長時間ブレーキをかけても疲れを感じにくい仕様になっています。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105
カラー Carbon/Blue
サイズ 44cm、47cm、50cm
参考価格 税抜275,000円

LINK:SUPREME 2.5|FUJI

TARMAC WOMEN SPORT DISC(スペシャライズド) 女性専用

ターマック・ウィメン・スポート・ディスク(サテンカーボン/グロスアシッドパープル-アシッドラバ)
ターマック・ウィメン・スポーツ・ディスク(サテンカーボン/グロスアシッドパープル-アシッドラバ)(C)SPECIALIZED JAPAN

ターマックウィメンはスペシャライズドの女性用の軽量レーシングロードバイクです。カーボンフレームに、シマノの新型105、油圧ディスクブレーキを搭載し、正確な変速と確実なブレーキ性能を発揮します。Oura Pro サドルといった女性専用パーツに、DT R470 Disc ホイールを採用しています。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105
カラー サテンカーボン/グロスアシッドパープル-アシッドラバ、グロスUVライラック/ブラックリフレクティブ
サイズ 44、49、52
参考価格 税込280,800円

LINK:TARMAC WOMEN SPORT DISC|SPECIALIZED

SYNAPSE CARBON DISC WOMEN’S 105 SE(キャノンデール) 女性専用

シナプス・カーボン・ディスク・ウィメンズ105 SE
シナプス・カーボン・ディスク・ウィメンズ105 SE (C)Cannondale

アメリカの人気メーカー、キャノンデールの女性用カーボンモデルです。エンデュランスジオメトリーと軽いフレームでロングライド向けになっています。操作性の高い105コンポーネントに油圧式ブレーキを採用。700×30cのタイヤで荒れた路面でも快適な走行ができます。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105
サイズ 44、48
参考価格 税抜290,000円

LINK:SYNAPSE CARBON DISC WOMEN’S 105 SE|Cannondale

765 OPTIMUM 105(ルック)

765オプティマム105(ブラックグロッシー)
765オプティマム105(ブラックグロッシー) (C)ユーロスポーツインテグレーション

765オプティマムはフランスのメーカー、ルックのエンデュランス用モデルです。女性専用モデルはありませんが、弱虫ペダルの真波山岳の愛車として、またレースやヒルクライム用のバイクとして非常に人気のあるブランドです。航空産業や自動車産業で採用されているカーボ・フラックス・テクノロジーの採用により、剛性を維持したまま衝撃吸収性を向上させ、ロングライド向きの仕様になっています。

フレーム素材 カーボン
コンポ シマノ105MIX
カラー ブラックグロッシー
サイズ XS、S、M、L、XL
参考価格 税抜290,000円

LINK:765 OPTIMUM 105|LOOK CYCLE

初めてのロードバイク購入、気になるQ&A

最後に、ロードバイク購入にあたってよくある疑問を2つ紹介しておきましょう。今さら聞けない「完成車とフレームセットって何?」「通販購入ってどうなの?」にお答えします。

完成車か、フレームセットか?

ロードバイクを購入する際は、大きく分けて「完成車」と「フレームセット」の2つの選択肢から選べます。

完成車=セット売り、フレームセット=オーダーメイド

すべての部品がひととおり揃った「完成車」か、フレーム+フロントフォークの「フレームセット」から他のパーツを組み合わせていく方法です。

完成車を買えば、そのまま走ることが出来ます。(ペダルだけは別売りの場合が多いです)フレームセットから組み立てるよりずいぶんと価格をおさえられます。

いっぽうでフレームセットを軸に全てのパーツを自分で組み立てていく場合は、完成車より最終的に値段が高くなります。さらにはメンテナンスの知識も必要になってくるため上級者向けといえます。

初めてのロードバイクなら完成車がおすすめ

初めてのロードバイクの場合は、フレームやコンポーネント、ホイールなどがセットになっている「完成車」を選んだ方がお得です。ただし、気に入ったモデルがフレームセットでの販売しかない場合は、完成車を組んでもらう事もできるので、ショップに予算を伝えて相談してみるとよいでしょう。

ミドルグレード以上のモデルは、フレームセット販売のみの場合もある
ミドルグレード以上のモデルは、フレームセット販売のみの場合も。(C)東商会

通販で買える?

ショップで購入するより低予算で高品質なモデルが手に入るということで、最近では通販でスポーツバイクを購入することもできるようになりました。

ただし、ロードバイクは購入してからのメンテナンスや調整が頻繁に必要になります。そのため、周りにロードバイクをメンテナンスしてくれる方がいない場合、初心者には通販での購入はあまりお勧めしません。

ショップによっては、通販で購入したロードバイクのメンテナンスはしないお店もあります。どうしても欲しい車種があるなど、通販での購入を検討されている場合は、住まいのお近くにメンテナンスの対応をしてくれるショップがあるかどうか確認した方がよいでしょう。

通販のみで高スペックの女性用モデルをラインナップする「キャニオン」
▲通販のみで高スペックの女性用モデルをラインナップする「キャニオン」
画像出典:CANYON

通販での注意点はことらもどうぞ
→「ロードバイクを通販で買うときに気をつけたい注意点と購入後までの流れ

ロードバイクの選び方は、こちらもどうぞ
→「初心者のためのロードバイク入門まとめ~購入から初めてのサイクリングまで

おわりに

女性向けにいくつかロードバイクをご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?女性向けモデルを出すメーカーの増加に伴って、以前に比べると女性が選択できるモデルは増えています。

好きなカラーやフレームデザインを探して、ぜひお気に入りの相棒を見つけてみてください。

猫ちぐら

WRITTEN BY猫ちぐら

翻訳会社のDTPオペレータからフリーランスへ。ダイエットのためにママチャリでサイクリングロードを走って自転車にはまる。登りは好きだが下りは嫌いなのが困った所。現在はヒルクライムや山岳系ロングライドでロードバイクを楽しんでいます。

他の記事も読む

関連記事