アロハ〜。FRAME編集部はYouruberけんたさんと「ホノルルセンチュリーライド」に出るためにハワイへやってきました。今回はけんたさんとおくるハワイ・自転車旅のレポートです。

せっかく飛行機輪行で愛車を持ってきたのだから、イベントで走るだけではもったいない。きっと日本のサイクリストが好きそうな自転車スポットがあるはず…ということで、イベント前日に走るためのハワイのサイクリング・スポットを探します。

▲自転車乗りが向かうところは海ではなく…。



kiko「FRAMEの自転車乗りたちが好きなものといえば…」

けんたさん「好きなものといえば〜?」

kiko「激坂

けんたさん「

kiko「ウィルミナライズっていう距離1.6km、平均勾配16%のフォトジェニックな坂があるらしいです」

けんたさん「マゾいですね〜」

ということで、イベントの前座となるメインのサイクリング・スポットが決まりました。

ハワイ最大級のファーマーズマーケットで朝の補給


まずは朝ごはんもかねて、ハワイの朝市・ファーマーズマーケット「KCC」へやってきました。腹が減っては激坂は登れぬ。

野菜や果物、はちみつなど地元の特産品や、ドリンク、ハンバーガーなど飲食物含めて100を超える屋台が出店していて朝から賑わっています。

▲ジンジャー・スムージーの屋台。


▲色とりどりの野菜や果物。


パイナップルアイスの入ったパイナップルジュース。甘酸っぱくてフレッシュな味わいで朝の補給を済ませます。

▲「ホノルルセンチュリーライド」の参加者から声をかけていただいて記念撮影。写真左:赤のBMCはレンタサイクル。日本ではレアなブランドもハワイでは普通にレンタルできるのがうれしい。


けんたさん「さ〜、次は激坂ですかね!」

kiko「自分で言い出しておいて何だけど、ハワイに来てまで激坂登るってなかなかクレイジーだわ」

ファーマーズマーケット「KCC」の地図



坂だらけのハワイ住宅街


向かう激坂「ウィルミナライズ」は、KCCから北に1kmほどの距離にある高台の住宅地にある道です。多分、写真の↑あの辺りにある坂だと思う。激坂とはいえ山ではないし楽勝かも…?
KCCから数百m北へと進んだオーシャンビュー・アベニューストリート沿いにも中々のダイナミックな坂を発見。名前のごとく、坂上からの海の眺めがとにかく美しい。

※ハワイは自転車は右側通行のため、写真はすべて道路右側の走行でお送りします。

斜度10%越えのストレートのアップダウンは、まるでジェットコースターのようでなかなか気持ちいいです。

けんたさん「ハワイ、やばいくらい坂だらけですね。篠さん(※坂好きの女性ヒルクライマー)とか一日中登れちゃうんじゃないですか?」

kiko「どの坂も激坂っていっていいレベルだし、もうこの辺の坂でも十分な気がしてきた」

そんな話をしていましたが、ウィルミナライズはちょっと格が違いました。ウィルミナライズまであとワンブロック、という角の建物を通りすぎたところで「本命」のご登場です。

平均斜度16%以上!?ウィルミナライズの激坂


けんたさん「
kiko「

想像以上のインパクト!

天空へと伸びる超ストレートな激坂が現れました。坂のデータは距離1.6km、平均勾配は16%。ここまで分かりやすい激坂はかつて見たことがありません。

地元のトラックはこの坂を登れないため、迂回路を通るそうです。先ほど楽勝かも?なんていった自分の発言は撤回! エンジン付きの車ですら登れないというのに果たして人力で登れるのでしょうか…。
坂の手前で若干引き気味だったけんたさんですが、意を決して元気よく登り始めました。

この日の気温は28℃前後。スタート直後から始まるいきなりの16%越えの激坂に汗が吹き出します。

100m間隔で交差点があるので、一度足をついても次の交差点まで押せばリスタートは可能…なのですが、100m進むごとに「次も激坂」「まだまだ激坂」と終わらない激坂に脚よりも精神にきます。
うおー、朝のパイナップルジュースが全部出そうなくらいきついー!
激坂すぎて頂上が見えない!代わりにはるか遠くに、力尽きて自転車を押しているけんたさんの姿がチラ見えしました。
この斜度(笑)
もう…ダメ……と足をついてゼィゼィ息を整えていると、「ヴァウ!!ウォン!」と背後から犬(大きい)に吠えられ、上がりきった心拍がさらに上昇して、本日の最高心拍を記録。こんなところに思わぬ伏兵がいたとは。
GARMINの勾配値はずっと16〜21%を記録し続けています。汗とともにパイナップルジュースも胃から吹き出そうなので、人権を保つために足つきして登山スタイルに切り替えです。比喩じゃなく本当に吐きそう。ちなみに徒歩で押して登っても十分きついです。
頂上近くでけんたさんに追いついた!と思ったらけんたさんも無事死亡していました。

けんたさん「あと100mくらいだけど、もうお腹いっぱい!吐きます!」
登ってきた道をふりむくと、遠くに見えるダイアモンドヘッドよりも高い位置にいました。
頂上(近く)から見るハワイの青い海と青い空!

そして道一面、車のタイヤ痕!

この果てしなく続くタイヤ痕が、何よりもこの坂のやばさを物語っています。タイヤ痕ってこんなに長い距離でずっと残るものなんだ…勉強になる。

この後、我々もホイールをコォーコォー鳴らしながらダウンヒル…していたのですが途中で耐えられなくなり、トラックが迂回するという脇道に入り安全にダウンヒルしたのでした。

このダウンヒル以来、ブレーキ幅がなんだか広くなった気がします。

しかし、噂通りすさまじい激坂でした。坂好きサイクリストはハワイに来たらぜひ訪れてみてほしいフォトスポットです。
下からの写真が一番フォトジェニックだった気がしますね。自転車乗り的に。

Stravaのデータ。最大勾配は21%だったみたいです。本当にずーっとどストレートな激坂でした。



「ステーキ・シャック」のランチプレートとデザートで生気を取り戻す


「ダウンヒルすると安心してお腹すいてきちゃいましたね」ということで、失われた塩分と気力を補充するためにワイキキ・ビーチの「ステーキ・シャック」で「ステーキ・ランチプレート」をテイクアウトしてビーチでお昼ご飯です。

▲やっとハワイらしい風景にたどり着けた。


エメラルド・グリーンの海を眺めながら、緩い空気の中でランチを楽しみます。イベントのアップにはちょうどいい1日だったなぁ。

ステーキ・シャックの地図



けんたさん「いや〜今日は堪能しましたね!」

kiko「満足です!じゃあ明日は本番のホノルルセンチュリーライド頑張りましょう!」

翌日はいよいよ「ホノルルセンチュリーライド」


というわけで、想像以上にハードな前日ライドになりましたが、2日目はいよいよ「ホノルルセンチュリーライド」です。

絶景の景色の連続、降り注ぐスコールのあとの虹、ジュラシック・ワールドのような密林、機材トラブル…ハワイならではの魅力が詰まったライドです。

「ホノルルセンチュリーライド編」に続く。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!