2020年最新!SCOTT(スコット)おすすめロードバイク全28台

SCOTT(スコット)の2020年モデルでは、軽量レーシングマシン「ADDICT RC」シリーズがフルモデルチェンジ!全モデルでディスクブレーキが採用され、専用設計されたハンドルに、ケーブルの完全内蔵化、そしてスコットらしい一体感のあるカラーリングで、デザインも申し分ない最先端バイクとなった。定評のあるカーボンモデル群に加え、アルミモデルやグラベルバイクまで選べる最新のスコットをご紹介しよう。

ワイズロードで完成車を見る

SCOTT(スコット)ロードバイクの特徴

SCOTT ADDICT RC フルモデルチェンジ
2020年モデルでは軽量レーサー「ADDICT RC」が6年ぶりのフルモデルチェンジを果たした。

エド・スコットにより1958年創業されたSCOTTは、スイスに拠点を置くスポーツ用品メーカーだ。設立時の商材はスキーのストックで、現在もスキーをジャンルとした製品メーカーとしては名実ともに世界一である。

1986年に自転車の世界に参入、1989年にはツール・ド・フランスにおいて、グレッグ・レモンが同社製エアロバーを使用して活躍。自転車業界にその名を広く浸透させた。1992年には最初のフルサスペンションバイクを制作。同時にカーボンを主素材としたフレーム制作も始まった。

(左)1989年のツール・ド・フランスでグレッグ・レモンが使用し一気に名が知られたエアロダイナミックハンドルバー (右)1995年には、自社初となるカーボン製MTB「Endorphin」が発表された。
(左)1989年のツール・ド・フランスでグレッグ・レモンが使用し一気に名が知られたエアロダイナミックハンドルバー (右)1995年には、自社初となるカーボン製MTB「Endorphin」が発表された。

カーボンバイクを一貫生産できる自社ファクトリーを持つ

以降、カーボンを扱うメーカーとして第一線に位置し、2001年には世界初の1kgを切るフレームの開発に成功。独自のファクトリー「CARBON EXPERTS」において、カーボン繊維の1本1本からフレームビルドを行える技術と環境を保持している。

デザインからカーボンレイヤー作業、モールド(成形)、ペイントや品質管理ほか、カーボンバイクが自社ファクトリーで一貫生産できるのはスコットの大きな強み。
デザインからカーボンレイヤー作業、モールド(成形)、ペイントや品質管理ほか、カーボンバイクが自社ファクトリーで一貫生産できるのはスコットの大きな強み。

プロレースシーンへの参加にも積極的で、2009年「チームコロンビアHTC」をサポートしたのを皮切りに、現在では「Mitchelton-SCOTT」に機材供給。MTBをはじめとするオフロードレースやトライアスロンの世界でも大きな実績を収めている。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Mitchelton-SCOTT(@mitchelton_scott)がシェアした投稿

2020年の注目はADDICT RC!6年ぶりのフルモデルチェンジ

グランツール、UCIワールドツアーレースで活躍を続けてきた、SCOTTを代表する超軽量レーシングモデル「ADDICT RC」が6年ぶりのフルモデルチェンジ。ヒルクライムに強いロードバイクシリーズだが、リムブレーキモデルは廃止され、全車ディスクブレーキ専用設計になった。ロスのない走りに繋がるBB付近の高い剛性と、身体への突き上げが少ない快適性が両立されている。

SCOTTのブランドカラー、RCイエローモデル。ADDICT RCに使われるフレーム素材は、上位グレードのHMX/HMX-SLのみ。軽さと剛性、強度を両立させている。
SCOTTのブランドカラー、RCイエローモデル。ADDICT RCに使われるフレーム素材は、上位グレードのHMX/HMX-SLのみ。軽さと剛性、強度を両立させている。

また前作では部分的に取り入れられていたエアロダイナミクスをより広く展開。ハンドル周りのケーブルは、シンプルなハンドル&ステム一体型の新コックピットによりすべて内装となった。

ケーブルが完全にハンドル、ステム、フレーム内を通る。電動コンポにも対応。全体のエアロ効果は、先代のADDICT RCと比較し、45Km/h走行時にて空気抵抗-6w低減を達成している。
ケーブルが完全にハンドル、ステム、フレーム内を通る。電動コンポにも対応。全体のエアロ効果は、先代のADDICT RCと比較し、45Km/h走行時にて空気抵抗-6w低減を達成している。

ハンドルバーはADDICT RC専用に開発された。最適かつスムーズなハンドル操作のために、コラムは3mm後方にオフセット。新しいインターナルルーティングシステムはスコットが特許取得済の独自機構だ。
ハンドルバーはADDICT RC専用に開発された。最適かつスムーズなハンドル操作のために、コラムは3mm後方にオフセット。新しいインターナルルーティングシステムはスコットが特許取得済の独自機構だ。

秀逸なカラーリングにも注目したい。

(左)ADDICT RC PREMIUM のカラーリング。メタリックグリーンのべースカラーに深みのあるクリアを重ねた重厚感のあるカラー。(右)ADDICT RC PRO 。ミッチェルトンスコットチームカラーで、フロントフォークからヘッド回りにかけては偏光色になっており、メタリックグリーン/ブルー/パープルと表情を変える。
(左)ADDICT RC PREMIUM のカラーリング。メタリックグリーンのべースカラーに深みのあるクリアを重ねた重厚感のあるカラー。(右)ADDICT RC PRO 。ミッチェルトンスコットチームカラーで、フロントフォークからヘッド回りにかけては偏光色になっており、メタリックグリーン/ブルー/パープルと表情を変える。

最新おすすめロードバイク全28台

SCOTTのラインナップは以下のように展開される。主体はカーボンフレームバイクだが、アルミロードも選択可能だ。

  • FOILーエアロロード
  • ADDICT RCー軽量レースバイク
  • ADDICTーエンデュランスモデル
  • SPEEDSTER-アルミロード
  • SPEEDSTER GRAVEL-グラベルロード

※TTバイク「PLASMA」シリーズは割愛

ここからは各シリーズごとに、1台ずつ網羅して紹介していこう。

FOIL

平坦な道に強さを発揮するシリーズ。その登場はエアロロードの世界を用途の限られた特殊なものから、より実践的なものへと変えた。空気抵抗が軽減されたデザインにバランスのとれた高い剛性が与えられ、なおかつ軽量。パワフルなライダーのインプットを受け止め、最大限の推進力に変えてくれる。2代目となった現在のモデルは、振動吸収性にもこだわった万能系だ。2020年のラインナップはすべてディスクブレーキ仕様。

FOIL PREMIUM

  • 価格:1,180,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

FOIL 10



  • 価格:748,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラDi2
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

FOIL 20

  • 価格:468,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラ
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

FRAME SET FOIL PREMIUM DISC DI2

  • 価格:480,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:47、49、52、54

ADDICT RC

他の軽量ロードバイクにはない特長を持つヒルクライム系シリーズ。プロレーサーをはじめ様々なライダーが最高のパフォーマンスを発揮できるよう、軽量で強靭なHMXカーボン、または超軽量のHMX-SLカーボンを使用し、ディスクブレーキとスルーアクスル専用に設計されている。ケーブル類を可能な限り内装化し、フレーム形状もエアロダイナミクスを用いて、すべての性能で最高の部類のバイクとして開発された。

ADDICT RC ULTIMATE

  • 価格:1,580,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:スラム・レッド eTAP
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC PREMIUM

  • 価格:1,280,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・デュラエースDi2
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC PRO

  • 価格:878,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・デュラエース
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC 10 GREY

  • 価格:628,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・デュラエース
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC10 RED

  • 価格:628,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・デュラエース
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC 20

  • 価格:598,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:スラム・フォース eTap
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC 30 BLUE

  • 価格:468,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラ
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT RC 30 YELLOW

  • 価格:468,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラ
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

FRAME SET ADDICT RC ULTIMATE

  • 価格:460,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:47、49、52、54、56

FRAME SET ADDICT RC ULTIMATE TEAM EDITION

  • 価格:460,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:47、49、52、54、56

FRAME SET ADDICT RC PRO

  • 価格:320,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT

軽量ロードの代名詞「ADDICT」と名づけられているものの、上記「RC」とは狙いが異なるエンデュランス系シリーズ。軽さは引き継ぎつつも、圧倒的な快適性と自由自在に走り回る走破性をメインに考えられたモデルとなっている。レースがメインではないライダーに応える、懐の深いカーボンロードだ。ラインナップはリム式とディスクブレーキ式があり、リム式が700×28C、ディスク式が700×32Cとレースモデルよりも太めのタイヤを履き、より安定性を重視したカーボンロードバイクとなっている。

ADDICT SE DISC

  • 価格:499,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラDi2
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT 10 DISC

  • 価格:369,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラ
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT 20 DISC

  • 価格:309,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・105
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ADDICT 10

  • 価格:309,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・アルテグラ
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54

ADDICT 20

  • 価格:269,000円(税抜)
  • フレーム:カーボン
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・105
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER

SCOTTのロードバイクラインナップを支えるアルミフレーム・シリーズ。入門機としてだけではなく、輪行、輸送でヘビーに使うライダーにおすすめだ。上記「FOIL」と同様のエアロコンセプトを一部のチューブに採用して空気抵抗を考慮。さらに「ADDICT」と同様にレースバイクよりもアップライトなエンデュランスジオメタリーを採用。上位機種譲りのテクノロジーを取り入れた実力派だ。

SPEEDSTER 10 DISC

  • 価格:195,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・105
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER 20 DISC

  • 価格:145,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER 10

  • 価格:145,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・105
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER 20

  • 価格:130,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER 30

  • 価格:110,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・ソラ
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • サイズ:49、52、54、56

SPEEDSTER 40

  • 価格:88,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:アルミ
  • コンポーネント:シマノ・クラリス
  • ブレーキ:リムブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER GRAVEL

あらゆる路面で駆け抜ける高い走破性とオンロードでの快適性を両立させたグラベルロードシリーズ。ダート路面でもグリップ感に優れるパターン付きの35Cタイヤを履き、グラベルロードならではのコックピットセッティングが非凡だ。上記「SPEEDSTER」の素性の良さを引き継ぎつつ、よりアクティブなライドに対応したバイクに仕上がっている。

SPEEDSTER GRAVEL 20

  • 価格:209,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・105
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

SPEEDSTER GRAVEL 30

  • 価格:155,000円(税抜)
  • フレーム:アルミ
  • フォーク:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • ブレーキ:ディスクブレーキ
  • サイズ:47、49、52、54、56

ワイズロードで完成車を見る

2019年モデルもチェック

まとめ

テーマに「NO SHORTCUTS」を掲げて開発されたバイク群。SCOTTの豊富なラインナップは今年も死角なし。プロ仕様モデルからエントリーバイクまで、近道を使わずに熟考されて開発されたものばかりだ。なおかつ最新のトレンドを取り入れたモデルは、稀有な存在感を発する。一度乗ってみれば、その走行性能と快適性の虜となるだろう。SCOTTは時代とともに進化し、ライダーを十分に満足させてくれるブランドだ。あなたもその一人となってみよう!

All photos (C)SCOTT

公式HP:SCOTT

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む

関連記事