京都府亀岡市の亀岡市観光協会と、シェアサイクルのコギコギ、「スマート!かめまる観光レンタサイクル」を開始。

一般社団法人亀岡市観光協会と、シェアサイクルの導入支援をするコギコギ株式会社は共同で、京都府亀岡市にて2020年10月1日より「かめまる観光レンタサイクル」にスマートロックを取り付けてシェアサイクル化した「スマート!かめまる観光レンタサイクル」を開始する。

亀岡市は、京都市の西に隣接し、人口87,985人(2020年9月)、面積224.80K㎡、京都駅から電車で20分の近さながら自然豊かな地域だ。京都・嵐山まで流れる保津川の渓谷では保津川下りやラフティング、トロッコ列車を楽しめ、関西最大級のコスモス園「夢コスモス園」や、丹波七福神めぐり、明智光秀の史跡探訪など、多くの人が訪れている。

シェアサイクルとは、自転車の共同利用スキームである。2020年に入り、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、自転車が三密を避けた移動手段であることから、シェアサイクルも世界的に大幅に利用が増加している。また政府も新たな旅行スタイルの一貫として導入を支援している。

亀岡市では2016年4月から亀岡市観光協会が「かめまる観光レンタサイクル」を運営し、多くの方に利用されてきた。そうした中で、有人でのレンタル手続きによる手間の解消や、早朝や夜のレンタサイクル利用ニーズへの対応、また、コロナ禍において非対面でのレンタル手続きが推奨されることから、今回、無人で貸出・返却ができるシェアサイクルシステムにアップデートすることとなった。

導入にあたっては亀岡市観光協会が保有していた電動アシスト自転車を活用し、コギコギのスマートロックを取り付けることで、導入費用の大幅な圧縮に成功している。20台のシェアサイクルをJR亀岡駅北口など4ヶ所のポートに設置し、料金プランは、1時間200円、4時間1,000円、24時間2,400円の3つ(全て税別)で開始する。今後、利用状況をコギコギ側で分析し、適宜調整を提案していくことで、自立したシェアサイクルの運営を目指す。

スマート!かめまる観光レンタサイクル概要

ポート数:4ポート
自転車台数:20台
利用料金:1時間200円(延長30分ごとに150円)
    :4時間1,000円(延長30分ごとに100円)
    :24時間2,400円(延長30分ごとに100円)
URL:https://cogicogi.jp/smart/port-kameoka.html

コギコギについて

コギコギは、 スマートロックの企画開発と、 そのスマートロックを利用したシェアサイクルサービスの運営、自治体・観光協会などでのシェアサイクル導入の支援をするスタートアップ。 2020年10月現在、 東京、鎌倉、京都、福岡、大阪、須賀川、萩、基山、亀岡の9都市でシェアサイクルの運営および運営支援を行っている。

<会社概要:コギコギ>

会社名    :コギコギ株式会社
代表取締役  :中島 幹彰
本社所在地  :東京都渋谷区
設立     :2011年4月
資本金    :1.3億円(資本準備金含む)
事業内容   :直営シェアサイクル事業
       :地域旅行創出事業
ウェブサイト :https://cogicogi.jp/

シェアサイクルについて

シェアサイクルとは、広義では自転車の共同利用スキーム全般を指すが、無人で貸出・返却手続きができるレンタサイクルを指すことが一般的で、近年は駐輪ラックを使わず自転車本体に取り付けたスマートロックで管理するシステムが主流となっている。2020年に入り、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、自転車が三密を避けた移動手段であることから、シェアサイクルも世界的に大幅に利用が増加している。また政府も新たな旅行スタイルの一貫として導入を支援している。

LINK:コギコギ株式会社

FRAME編集部

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事