川崎重工が電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」をクラウドファンディングで販売開始

自由な生活を楽しむためのモビリティ「noslisu(ノスリス)」

株式会社カワサキモータースジャパン(本社:兵庫県明石市、代表取締役社長:寺西 猛)は、川崎重工業株式会社(以下、川崎重工)が、昨年9月に社内公募制度「ビジネスアイディアチャレンジ」の第1号案件として選定した電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」を、2021年5月12日よりクラウドファンディングサイト(応援支援サービス「Makuake」)で販売開始した。

電動3輪ビークル「noslisu(ノスリス)」をクラウドファンディングで販売開始 | ニュース | 川崎重工業株式会社

川崎重工が行う「noslisu」プロジェクトは※1、これまで試乗会、展示会、意見交換会など様々な取り組みを行い、得られた知見や改良が必要なポイントを今回の製品開発に活かし、フル電動仕様と電動アシスト自転車仕様の2つの走行タイプを開発した。

フル電動仕様はモーターのみで動くため、アクセルレバーを指で押すだけで力強く走行可能、電動アシスト自転車仕様はモーターが漕ぐ力を補助してくれるので、僅かな力で快適に走行可能である。

仕様(販売台数)フル電動(50台)電動アシスト自転車※2(50台)
価格320,000円(税込)270,000円(税込)
免許普通自動車運転免許不要
車検不要不要
道路交通法上区分普通自動車駆動補助機付自転車
道路運送車両法上区分原動機付き自転車軽車両

川崎重工は、「noslisu」プロジェクトを通して、安全・快適・気軽な移動サービスの社会実装に向けて今後も活動を継続する。クラウドファンディングでの販売は、同プロジェクトを応援してくださる方と「共に新しい乗り物を創り上げるプロジェクト」であることを意図している。使用後のアンケートも実施し、ビジネスアイデアチャレンジの理念に則り、マーケットインの発想でニーズを検証しながら、2022年度の一般販売に向けて製品・サービスをよりよいものにしていく。

※1:2020年09月10日川崎重工プレスリリース
ビジネスアイデア社内公募の第1号に電動3輪ビークルを選定
※2:電動自転車アシスト仕様のヘルメットは、法規上は不要だが安全のため着用をお勧めする。

販売詳細

Makuake : https://www.makuake.com/project/noslisu/
詳細は販売ページをご覧いただきたい。

noslisu詳細情報他

WEB : https://noslisu.jp/
twitter  https://twitter.com/noslisu
Instagram https://www.instagram.com/noslisu_official
Youtube  https://youtu.be/XWJFtQRbc0Q
Line公式アカウント https://lin.ee/mf3xtxQ

​川崎重工業株式会社について

川崎重工グループは1896年の創立以降、120年以上にわたって事業分野を拡充し、ものづくりを通じて高い技術・技能を培ってきた。
これらを活用し、世界の人々の多様な要望に応える製品・サービスを提供し、お客様と社会の可能性を切り拓く力になることで、グループの掲げるミッション「世界の人々の豊かな生活と地球環境の未来に貢献する“Global Kawasaki”」の実現を目指す。

株式会社カワサキモータースジャパン会社概要

会社名:株式会社カワサキモータースジャパン
所在地:〒673-8666 兵庫県明石市川崎町1番1号
代表取締役社長:寺西 猛
設立:昭和28年12月15日

カワサキモータースジャパン公式ウェブサイト

カワサキモータースジャパン公式SNSアカウント
Twitter:https://twitter.com/kawasaki_jpn

カワサキ公式SNSアカウント
Facebook:https://www.facebook.com/Kawasaki.Motorcycle.and.Engine.Company/
YouTube:https://www.youtube.com/user/Kawasakimec

LINK:株式会社カワサキモータースジャパン

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む