冬のサイクリング、服装選びはどうしていますか?

いよいよ12月に入り、2021年も終わりが近づいてきました。寒さもいよいよ強くなってきて、サイクリングをする時のウェア選びにも困りますよね。

今回は服装選びのポイントや、必要なアイテムを確認していきましょう。

レイヤリング

レイヤリングは複数のウェアを重ねて着るテクニック。一着で寒さをカバーするのではなく、重ね着で空気の層を作ることにより、暖かさを維持します。サイクリング中に暑くなったり、逆に寒くなったりした場合でも、一枚ずつ脱ぎ着することで細かく調節することができます。

トップス

トップスには、以下の5点が揃っていると間違いないでしょう。

  • アンダーウェア
  • ジャージ
  • アームカバー
  • ベスト
  • ウィンドブレーカー

私の場合、特にアンダーウェア、ジャージ、ウィンドブレーカーという構成にすることが多いです。走り出しはウィンドブレーカーを着て、ウォーミングアップが終わったら暑くなってくるので脱ぎます。

Castelli Squadra ウィンドブレーカー
Castelli

厳冬期だと、厚めのソフトシェルも重宝しますね。冬のナイトライドや、峠(凍結や積雪には注意!)にも最適です。

冬になるとサイクリングに出かけるのも億劫ですが、しっかりと着込めば意外と寒くないものです。

是非この冬はレイヤリングをしっかりとして、サイクリングを楽しみましょう!

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

pagetop