2022年最新!ルイガノ電動アシスト自転車の現行ラインナップと口コミ・評判を紹介

ルイガノ電動アシスト自転車

電動自転車を販売するメーカーにはそれぞれの特徴があります。購入を検討する人は、それぞれの特徴を捉えて自分に合った電動自転車を探しますね。

そのようななか、デザイン性を重視し、幅広く活躍する電動自転車を探す人から人気を集めているのがルイガノ。

ルイガノが気になる!という方は、現行ラインナップや口コミ・評判をチェックしましょう!

スマート&カジュアル!ルイガノの自転車の魅力とは

ルイガノ 電動アシスト自転車(イメージ)

ルイガノといえば、シンプルでスマートなデザインが魅力。それは、ルイガノのコンセプトでもあるからです。どうすればスマートなデザインになるのか、細部に至るまでこだわっています。

ルイガノの創業者であるルイ・ガノーは、自転車競技の選手であり、アーティストでもあります。そのため「街を彩る人のアートな自転車を」とルイガノの理念にもあります。

魅力はひとつだけではありません。ルイガノはスポーツバイクのブランドですが、身構えずに楽しめるようカジュアルな要素も加わっています。スポーツバイクでありながら街乗りまでこなせる気軽さも魅力です。

ルイガノの電動自転車シリーズは2種類

ルイガノの電動自転車シリーズは、E-BIKEとASCENTの2種類です。
それぞれの特徴を見てみましょう。

E-BIKE

ルイガノ E-BIKE(イメージ)

E-BIKEは走行性、機能性の高い次世代型アシストバイクです。

バッテリー容量が多く、100km以上のロングライドも可能。そして、バッテリー残量だけでなく速度や距離なども表示できるメーターを装備しています。

ASCENT

ルイガノ ASCENT(イメージ)

ASCENTは通勤・通学、買い物や子供の送迎など、普段使いに適したモデルです。
ポップなカラーや淡いカラーなどおしゃれな色使いが特徴。

ルイガノの電動自転車の口コミ・評判

ルイガノ 電動アシスト自転車(イメージ)

ルイガノの電動自転車を実際に購入した人が、どのように思っているのか、口コミや評判も気になるところ。

調べたところ、主にデザインが良いという口コミが多かったです。

  • 「電動自転車にデザイン性は期待できないと思っていたが、大変満足」
  • 「おしゃれな電動自転車だと周りから褒められる」
  • 「子供を乗せなくなっても使い続けたいので、デザイン性重視で選んで正解だった」

また、乗り心地の良さや走り出しの良さに関する口コミもありました。

  • 「デザイン重視で選んだが、漕ぎやすく乗り心地が良い」
  • 「アシストがスムーズで坂道も快適」
  • 「乗り降りしやすく、走り出しもスムーズ」

スマートなデザインであることと、電動自転車として乗り心地が良いこと、このどちらも満たしている口コミが集まるのはルイガノだからこそ!

2022年ルイガノの電動自転車ラインナップ

それでは、現行のラインナップを見ていきましょう!

EASEL-E

ルイガノ EASEL-E
Image:LOUIS GARNEAU

EASEL-Eはエコモードで105kmの長距離走行ができ、ツーリングから街乗りまでこなせます。

乗り降りしやすいフレームにコンパクトボディで、幅広い年代の人に使いやすいミニベロタイプ

税込価格217,800円
重量18.0kg
サイズ390mm(155~170cm)、 450mm(170~185cm)
充電時間6.5h
航続距離105km
カラーLG WHITE、MATTE LG BLACK、MOUNTAIN OLIVE

EASEL INTER5E DI2

ルイガノ EASEL INTER5E DI2
Image:LOUIS GARNEAU

EASEL INTER5E DI2もエコモードで105kmの長距離走行ができるので、幅広く活躍するミニベロEバイクです。

道路の起伏や走行スピードに合わせて自動で変速が変わるシステムを搭載しており、手動での変速に煩わしさを感じる方にピッタリ。変速は自動と手動を切り替えられるので、自分でコントロールすることを楽しみたい人にもおすすめです。

税込価格272,800円
重量18.5kg
サイズ410mm(160~175cm)
充電時間6.5h
航続距離105km
カラーLG WHITE、MATTE LG BLACK、MOUNTAIN OLIVE

AVIATOR-E

ルイガノ AVIATOR-E
Image:LOUIS GARNEAU

AVIATOR-Eはスポーツライドに最適なモデル。長距離を走りたい人におすすめです。

握りやすく疲れにくいグリップや快適なサドル、よく効く油圧ブレーキ、そしてスムーズに変速できるシマノ製システムを搭載し、走行性の高さが魅力

税込価格217,800円
重量17.6kg
サイズ420mm(155~175cm)、 470mm(160~180cm)
充電時間6.5h
航続距離105km
カラーLG RED(※420mmは在庫限りで廃番)、MATTE LG BRONZE、MATTE LG GRAPHITE

ASCENT deluxe

ルイガノ ASCENT deluxe
Image:LOUIS GARNEAU

ASCENT deluxeは3人乗り対応の電動アシスト自転車。チャイルドシートの後付けが可能です。

安定した走りのためにリアタイヤは少し太いですが、駐輪場などを考慮してフロントタイヤは細めの仕様。安全性と日々の使いやすさを両立しています。ハンドルロックは手元で操作でき、自動点灯のライトも搭載。

税込価格165,000円
重量29.7kg
サイズ365mm(144cm~)
充電時間3.5h
航続距離66km
カラーMATTE BLACK、ANTIQUE PINK、SMOKE BLUE

ASCENT city

ルイガノ ASCENT city
Image:LOUIS GARNEAU

通勤や通学、子供の送迎まで、オールマイティに使える電動アシスト自転車を探しているならASCENT cityがおすすめ。

おしゃれでスポーティーなデザインの26インチです。標準ではカゴなどがついていませんが、オプションでカゴやリアチャイルドシートなどを付けて使いやすくカスタマイズできます。

税込価格148,500円
重量22.9kg
サイズ390mm(145cm~)
充電時間3.5h
航続距離88km
カラーLG WHITE、MATTE BLACK、CAFE BEIGE、SWEET LAVENDER

ASCENT mini

ルイガノ ASCENT mini
Image:LOUIS GARNEAU

20インチの小さめタイヤに、乗り降りしやすい低床フレームで安定感があるASCENT mini。

タイヤだけでなく本体サイズも小さめなので、小回りがきき取り回しやすいのが魅力です。オプションで選べるカゴの種類が豊富で、どのカゴを選ぶかで印象が変わります。自分だけのオリジナルを楽しむのがおすすめ。荷物をたくさん運びたい方は、リアバスケットの取り付けも◎。

税込価格141,900円
重量24.9kg
サイズ365mm(140cm~)
充電時間3.5h
航続距離77km
カラーLG WHITE、MATTE KHAKI、CAFE BEIGE、SAXE BLUE

ルイガノの電動自転車おすすめオプションパーツ

モデル紹介でも触れたように、ルイガノの電動自転車にはオプションパーツを取り付けてカスタマイズできます。
おすすめのオプションパーツを紹介しましょう。

フロントキャリア&バスケット

E-BIKEシリーズにはカゴが付いていません。キャリアと純正バスケットの取り付けがおすすめです。

素材や形の違うバスケットが豊富にあり、デザイン性の高さがポイント。利便性が上がってもおしゃれじゃなくなるなら付けたくない…そんな心配は不要ですよ。

ASCENTシリーズは、カゴ付きのASCENT deluxe以外はフロントキャリアが付いているので、お好きなバスケットを取り付けられます。

オプションをチェック!

シリコンライト

E-BIKEシリーズにはライトも付いていないため、暗くなってからも乗るなら*オプションでライトを付けなければいけません。

ルイガノにはフロントライトとテールライトの2種類のライトがあります。
どちらも本体カラーとコーディネイトでき、USB充電で使用できます。

*お住まいの地域により、昼間もライトの装着が必要です。

シリコンフロントライト・シリコンテールライト

まとめ

ルイガノの電動自転車にはE-BIKEとASCENTの2つのシリーズがあり、現行ラインナップは全6モデル。

ロングライドを想定しているのか、通勤や通学などの日常使いを想定しているのかで、おすすめのシリーズは変わります。シリーズを絞ったらさらにどのような使い方をしたいのかを細かく考えていくと、ぴったりな1台が見つかるはず。

オプションで上手にカスタマイズしながら、おしゃれで快適な電動自転車に仕上げてくださいね。

\送料無料!「ネットで注文、お店で受取り」が便利/

\関東に100店舗以上!店頭受取送料無料!/

\ネットで人気の自転車は?ランキングをチェック!/

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYにのみやえみ

お出かけ大好きなライターです。自転車であちこちに出没します。自転車に乗ってどこまでも行けるくらいの体力があると思っているけれど、本当のところは挑戦したことがないから分からない。子どもが大きくなったら、夫婦で自転車旅に出てみたいです。

他の記事も読む

pagetop