自転車の日焼け対策には何が必要?顔・腕・目を守るおしゃれグッズを紹介!

自転車の日焼け対策には何が必要?顔・腕・目を守るおしゃれグッズを紹介!

自転車に乗ると、この時期気になるのが紫外線!シミやシワになるのが嫌だからというだけでなく、健康被害のことも考えるとやはり日焼け対策は必須ですね。

今回は、顔・腕・目を守るおしゃれグッズを紹介します。

目次

自転車でできる日焼け対策

紫外線量は5?8月がピーク

紫外線量は5~8月がピークと言われています。この時期は太陽の光も強いので、実感として紫外線対策に意識が向きますね。

外出時の日焼け対策はさまざまありますが、なるべく肌の露出を減らすというのは効果的な方法です。けれど、暑い時期だから…というジレンマも。

それなら、日焼け対策ができるグッズを活用するのもおすすめです。

自転車に乗りながらという条件を付けると、次のような対策グッズがあります。

自転車でできる日焼け対策グッズ

  • アームカバー
  • 手袋
  • 帽子
  • サンバイザー、クリアバイザー
  • フェイスカバー
  • サングラス
  • 日焼け止め

これらのグッズを上手に活用しながら、日焼け対策をしましょう!

自転車の日焼け対策には紫外線カットが大事!

自転車の日焼け対策には紫外線カットが大事(イメージ)

ここで一度、なぜ日焼け対策が必要なのかを確認しておきましょう。

日焼け対策と聞くと、肌が日に焼けてこんがりした色になるのが嫌だからだと思われがち。けれど、日焼け対策の必要性はそれだけではないのです。

太陽光に含まれる紫外線は、肌にダメージを与えて肌老化を加速させてしまいます。

紫外線がシミやシワを作ると聞いたことがあるのではないでしょうか。それだけでなく、皮膚がんを引き起こす可能性もあります。

目に紫外線が入ると角膜が炎症を起こしたり、ダメージが蓄積されれば白内障などの病気につながることも。

こうしたことから、病気や老化の予防に紫外線カットは大切なのです。

紫外線カットのポイント

では、どのように紫外線対策をすれば良いのか。

紫外線カットをするには、UV(紫外線)カットできる商品を選びます。後述する商品を参考にしてくださいね。

日焼け止めでは、SPF50+、PA++++の商品を選ぶようにしましょう。

日焼け止めでは、SPF50+、PA++++の商品を選ぶ

日焼け止めには「SPF」や「PA」という表示があります。

「SPF」は肌の炎症やシミ・そばかすの原因になる紫外線B波を防ぐ効果を表します。数値が大きいほど紫外線B波に対する効果が高いということ。

そして、「PA」は日焼け直後に肌が黒くなるだけでなく、乾燥やシワ・たるみの原因になる紫外線A波を防ぐ効果を表します。
こちらは+マークで表示され、+マークが増えるほど紫外線A波に対する効果が高いということです。

Point!

生活シーンに合わせて日焼け止めを選ぶのが正解ですが、自転車で30分以上紫外線を浴びるという状況なら、SPF50+、PA++++を選びましょう。

自転車の日焼け対策グッズ【アームカバー】

それでは、具体的におすすめの日焼け対策グッズを紹介していきましょう!

まずは腕の日焼けをガードするアームカバーから。

Roi アームカバー 冷感 ひんやり UV

繊維製品では、日焼けを防ぐ効果指数を「UPF」で表します。9つの格付けがあるなか、こちらは「UPF50+」の最高ランク。UVカット率も95%以上のアームカバーです。

-5度の冷感機能やさらさらした触り心地、吸湿吸汗・ドライ機能などにより、夏でも快適に着けられます

ほどよくフィットするので、すっきりとした見た目を求めている方にもおすすめ。

zootie フェイバリット UVアームカバー

zootieのアームカバーはデザインが可愛く、柄が豊富。実用性だけでなく、デザインにも優れているからコーディネートの一部として楽しめます。

綿麻素材で通気性と吸水性に優れ、ムレにくいので快適。袖口のゆったり優しくフィットする仕様は、ゴムの跡を二の腕に残さないという嬉しい配慮です。

White Beauty UVカットハンドカバー

アームカバーを着けているとハンドルが握りにくいという方は、手のひら部分が開いているタイプがおすすめ。滑らずにハンドルを握れます

UPF50+、UVカット率98%以上なので紫外線対策グッズとして申し分なし。

【アームカバー】売れ筋ランキング

自転車の日焼け対策グッズ【手袋】

UVカット手袋(自転車の日焼け対策グッズ)

腕までカバーするのではなく、指や手の甲をしっかりカバーしたいということなら手袋タイプがおすすめ。長袖を着ているときも手袋タイプが便利ですね。

UV CARE GLOVES

接触冷感加工で着けるたび涼しい感触があり、手のひら側のメッシュ素材で蒸れる心配もありません。

甲部は天然繊維綿50%と天然大豆繊維50%で作られているから、なめらかなつけ心地です。

総丈26cmで手首までしっかりガードし、UVカット率は99%以上!

おたふく手袋 UVカット手袋

手のひら側に滑り止め加工があり、ハンドルを握っても滑る心配のない手袋。

長時間の使用でもつけ心地の良い、きめ細かい高級コーマ糸で作られています。指先より約33cmの長さがあり、手首上までカバーできる若干長めの手袋です。

KondaTech 夏用 レディース 手袋

手を全面覆うタイプですが、右手の親指と人差し指の先だけ開き、手袋を着けたままでもスマホの操作ができます

締め付けが弱いゆったりした作りなので楽に着けられるのも特徴。ひんやりとした素材にUVカット率99%以上、長さ23cmで長袖着用時でも邪魔になりません。

【手袋】売れ筋ランキング

自転車の日焼け対策グッズ【帽子】

自転車の日焼け対策(帽子)

自転車に乗りながらかぶる帽子は、顔周りをしっかりと紫外線から守ってくれるつばの広い帽子を選びましょう。

QUEENHEAD 帽子 レディース 大きいサイズ

主張し過ぎないデザインなのでいろいろな服に合わせやすく、つばが広いので陽の光から顔と首も守りやすいです。小顔効果もあり◎

サイズを調整できるアジャスター顎ひもが付いているから、頭にフィットして風の強い日も安心です。

cone レディース UVカット帽子

落ち着いたデザインですがカラーリングが豊富で、自分らしい帽子を見つけやすいです。シンプルなので服に合わせやすいのも◎。

紫外線カット遮光遮熱に対応しており、折りたたみも手洗いも可という優れもの。

帽子屋Loo&c レディース 大きいサイズ キャスケット

つばが大きく、ふんわりとしたキレイなシルエットで小顔効果あり。

接触冷感生地を採用し、ひんやりした触り心地です。遮光率100%紫外線遮蔽率99.9%以上と、かぶるだけで簡単に日焼け対策ができます。

【帽子】売れ筋ランキング

自転車の日焼け対策グッズ【クリアバイザー・サンバイザー】

自転車の日焼け対策グッズ(サンバイザー)

続いては、クリアバイザーとサンバイザーをご紹介します。

向かい風にも強いものを選ぶようにしましょう。

スモークタイプのサンバイザーも紹介しますが、顔をしっかりガードできる反面、視線がどこを向いているか周りに伝わりにくいというデメリットがあります。

周囲からは、「どちらに進もうとしているか分からない」「こちら(車)の存在を認識しているか分からない」などといった声があることも知っておきましょう。

LACE LADIES 耳も隠れるワイド レインクリアバイザー

耳まで覆えるワイドタイプなので、日差しだけでなく突然の雨などでも顔を守ることができます。

厚みのある頑丈な作りで、風の強さや日差しに合わせてバイザー部分の角度を変えられます。あご紐付きで風が強い日も安心。

GOKEI サンバイザー レインバイザー

UPF50+UVカット率99%以上で紫外線をカット。濃すぎず明るすぎないから、視界が良く晴雨兼用で使えます。

つばの角度は1段階ごとにカチッと止まり、風が吹いてもつばの角度をキープ。落下帽子のあご紐も付いています。

Eiza サンバイザー スポーツ ロング UVカット e550

スポーツタイプのサンバイザーでつばが長く、しっかりと日差しを防げます。

サイズはマジックテープで手軽に調整でき、強い風や激しい動きでも落ちにくいのが嬉しいところ。肌との接地面には吸水性のある柔らかい布を採用しているから、つけ心地も◎。

protocol サンバイザー

柔らかく吸水性のあるスウェット素材なので、長時間快適に着けられます。

つばの長さにこだわり、日差しから守りつつも不格好にならないよう設計されています。洗濯機OKなので、手軽に清潔さをキープできるのも嬉しいですね。

【クリアバイザー・サンバイザー】売れ筋ランキング

自転車の日焼け対策グッズ【フェイスカバー】

顔をしっかり隠すことで日焼け対策ができる、フェイスカバーを見ていきましょう!

YAKeNU UV CUT MASK

顔から首、鎖骨あたりまでカバーできるUVカット率98%UPF50+のフェイスマスク。吸汗速乾素材でつけ心地はサラッと快適です。

顔をしっかりと覆っていますが、上下2部式で大きな開口部があります。息が下から抜けるのでメガネやサングラスが曇らず、息苦しくならずに着けられます。

White Beauty フェイスカバー

シミになりやすいゾーンは生地を2重にし、紫外線をしっかりガード!吸水性、速乾性に優れ、触り心地もソフトな快適素材で作られています。

鼻と口に開口部があり、息苦しくなりません。

Peabownn ネックガード

接触冷感素材で、肌に接したときに3度~5度温度が下がります。通気性と吸湿発散性に優れているから、暑い時期にピッタリ。UPF50+なので紫外線対策としても◎。

フェイスマスクやアイマスク、ヘアバンドなど、さまざまな使い方もできます。

【フェイスカバー】売れ筋ランキング

自転車の日焼け対策グッズ【サングラス】

続いては、紫外線から目を守るサングラス。タイプの違う3つを紹介します!

Rose Blanc Melax メラニンサングラス

有害なブルー光線(紫外線や反射光)を防ぐメラニンレンズを採用。通常のサングラスよりも見やすく、視界がはっきりとしています。

大きめレンズで目の周りもしっかりガード。カジュアルなデザインなので、普段使いにピッタリです。

LADY GOLF レディース 偏光サングラス

偏光機能が入ったレンズで、まぶしさやギラつきを抑えながらはっきりものが見えるサングラス。相手からも目が見えるようになっています。

日本人向けのジャパンフィットモデルなので、ズレ落ちにくくまつ毛がレンズに当たる不快感を軽減しています。

AXE サングラス 偏光オーバーグラス

普段のメガネの上からでもかけられるサングラスです。

偏光レンズにより反射光を抑えられるので、視界がクリア。サイドにもレンズを装着しているので、横からの光も遮ってくれます。

【サングラス】売れ筋ランキング

自転車の日焼け対策グッズ【日焼け止め】

自転車の日焼け対策グッズ(日焼け止め)

さまざまなグッズを使っても、隙間ができるなどして紫外線を防ぎきれないことも。

日焼け止めも活用すると安心ですね。

Point!

ただし、日焼け止めは一度塗ればOKではなく、2時間ほどで塗り直しましょう。

SKIN AQUA スーパーモイスチャーエッセンスゴールド

ベタつかず、さらさらした使い心地が嬉しい日焼け止め。ムラなく均一にのばすことができ、顔や体、化粧下地としても使えます。

スーパーウォータープルーフなので汗や水に強く、けれど落とすときはせっけんでOK

サーファーズダイアン ノンケミカル UVミルク

紫外線を吸収せずに反射するノンケミカル処方で、肌に優しい日焼け止め。ミルクタイプですが白残りせず、肌になじみます。

汗・水・皮脂に強く、炎天下でのレジャーにもピッタリ。長時間、強力にブロックできる製品です。

NIVEA UV スーパー ウォーター ジェル

化粧水感覚で使えるみずみずしいジェルタイプの日焼け止め。肌にうるおいを与えて乾燥を防いでくれます。

鉱物油フリー・合成香料フリー・合成着色剤フリー。ベタつかず白残りもないので、日焼け止めの不快感が苦手な方にもおすすめ。

ビオレ UV アクアリッチ ウォータリエッセンス

肌の凸凹、キメの隙間までいきわたり、ミクロの隙間までムラなく塗れます。

ヒアルロン酸やローヤルゼリーなどの保湿成分配合で乾燥を防ぎ、肌にしっかりなじみます。

水に強いスーパーウォータープルーフですが、石鹸で簡単に落とせるのも◎。

【日焼け止め】売れ筋ランキング

まとめ

毎日の積み重ねが怖い紫外線…。

シミやシワといった美容の問題だけでなく、健康のことも考えるとやはり日焼け対策は必須ですね。

顔や腕、目など、紫外線から守りたい部分に合わせて、対策グッズを上手に組み合わせましょう!

子供乗せ自転車の日除けアイテムをチェック!

売れ筋ランキングをまとめてチェック!

ネットで人気の日焼け対策グッズはどれ?Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングの売れ筋ランキングは、以下のリンクからチェックできます。

表は横にスクロールしてご覧いただけます。

売れ筋
ランキング

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYにのみやえみ

お出かけ大好きなライターです。自転車であちこちに出没します。自転車に乗ってどこまでも行けるくらいの体力があると思っているけれど、本当のところは挑戦したことがないから分からない。子どもが大きくなったら、夫婦で自転車旅に出てみたいです。

他の記事も読む

pagetop