2023年最新|GIANT(ジャイアント)おすすめクロスバイク14台

【2023年最新】GIANT(ジャイアント)おすすめクロスバイク14台

世界最大級の自転車ブランド、ジャイアント。コスパの良さが魅力的で、世界中で支持されているブランドです。かくいう私もジャイアントのバイク2台を愛用中。

今回は2023年モデルのクロスバイクを見ていきましょう。ラインナップにはコスパに優れたモデルがずらり。初めてのスポーツ自転車としてもおすすめです。

ジャイアントとは

ジャイアントとは

ジャイアントは台湾に本拠地を置くスポーツサイクルブランド。ジャイアントを語る上で外せないポイントは以下の2つです。

  • 世界最大級の自転車ブランド
  • 圧倒的なコスパ 

ジャイアントは、街乗り用の自転車からプロ選手が使う自転車まで幅広くカバーしています。スポーツサイクルブランドとして世界最大級の規模を誇り、世界中に愛用者がいます。

ジャイアントが愛される秘訣は、コスパの良さ。他ブランドと比べ一段抑えられた価格設定ながら、同等かそれ以上の性能を誇るのがジャイアントのバイクです。

2023年、クロスバイクに大幅アップデートはないが……

2023年のジャイアントのクロスバイク

結論から言うと、2023年のクロスバイク群では大幅にアップデートされることはありませんでした。ロードバイクでは新型プロペルが登場するなど大きいニュースがありましたが、クロスバイクにニューモデルはないようです。しかし、まったく変化がなかったわけではありません。

2023年、人気モデル「エスケープ」がフレームカラーを一新

2023年、人気モデル「エスケープ」がフレームカラーを一新

2023年、人気クロスバイク「エスケープ」のフレームカラーが一新されました。フレームカラーが一新されたのは次の3シリーズ。

  • エスケープR3
  • エスケープ R ディスク
  • エスケープ RX

カラーからクロスバイクを選ぶ人も多いはず。フレームカラーがどう変わったのかをチェックしていきましょう!

2023年モデルのカラーはどう変化した?

ジャイアントのベストセラークロスバイク「エスケープR3」のカラーを比べてみました。

2022年モデルでは、燃え上がるような赤(レッドオレンジ)や、存在感のある黄色(サンバーストイエロー)がラインナップにありました。2023年モデルでは、2022年より落ち着いたカラーになった印象です。

▼赤系のバイクを比べてみてもこのとおり。

2022年の派手で元気な印象の赤(レッドオレンジ)から、2023年は上品で落ち着きのある赤(キャンディレッド)へと変わりました。

エスケープ R ディスクエスケープ RXもフレームカラーが一新されています。

▶詳細はGIANTの公式HPへ!

FRAME’s Choice is…

初めての1台としておすすめするFRAME’s Choice。ジャイアントでおすすめしたい1台は、フォーマです。

ジャイアントのフォーマは、いわゆるフラットバーロードです。フラットバーロードとは、その名のとおりハンドルがフラットバーになったロードバイクのこと。

▶ん?クロスバイクとはどう違う? こちらの記事で解説!

ドロップハンドルではなく、フラットバーを装備
ドロップハンドルではなく、フラットバーを装備

FRAME編集部が、フォーマをおすすめする理由は2つ。

  • フレームの形状
  • 10万円台で買える

フレームの形は、ほぼエアロロード

フレームの形は、ほぼエアロロード

上の写真だけだと、ぱっと見でロードバイクかクロスバイクか分からないでしょう。ダウンチューブの太さはまるでエアロロードバイクのよう。

しかし、この写真のバイクはフォーマです! エアロ形状のフレームが最大の特徴。

「初めての一台とはいえ、デザインや機能を妥協したくない」
「将来的にドロップハンドルをつけてロードバイクにアップグレードできるような一台が欲しい」

そんな方には、フォーマがぴったりです。

初めての一台は見た目で選ぶのもよし
初めての一台は見た目で選ぶのもよし

10万円台で買える

デザインや機能を追い求めると、どうしても値段が高くなりますが、ジャイアントのバイクはコスパ最強です。

フォーマのお値段は、税込で10万6700円。初めての一台としても十分に手が届く価格ですね。

10万円台で買えるフォーマ

コンポーネント(変速パーツやブレーキなど)はロード用のシマノ・クラリスを採用。軽量で変速もしっかり決まるシマノ製コンポーネントを搭載して10万円台とは……さすがコスパ最強ブランド・ジャイアントのバイクです。

ロードバイク用コンポーネントのシマノ・クラリスをフラットバー仕様で
ロードバイク用コンポーネントのシマノ・クラリスをフラットバー仕様で

最初はフラットバーでカジュアルに乗りこなし、いずれはドロップハンドルにして走りを変えてみる。フラットバーロードならではの楽しみ方が可能です。

もちろんグレードアップにコストはかかりますが、ロードバイクも価格高騰している今、ベース車を“育てて”長く楽しむのも良い選択肢と言えるでしょう。

最新クロスバイク全14台

ここからは2023年の最新クロスバイクをすべてピックアップ。一緒に気になるモデルを見つけにいきましょう。

▼ラインナップ一覧(クリックでジャンプできます)

Bike model article by Masato Shimomura

エスケープ RX

エスケープ RX

GIANTの定番クロスバイクといえば「エスケープ R」ですが、「エスケープ RX」はより走行性能が高められたシリーズ。軽量アルミフレーム、28Cタイヤなど、ロードバイクゆずりの仕様で、クロスバイクながら高い走行性能を実現しています。

エスケープ RX 1 ディスク

エスケープ RX 1 ディスク

シリーズのフラッグシップモデル。軽量アルミフレーム、フルカーボンフォーク、フラットマウントの油圧ディスクブレーキ、そしてなんといってもドライブトレインにロードバイクコンポーネントのシマノ・ティアグラを搭載。走行性能に妥協のないクロスバイクです。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・ティアグラ
ホイールセットジャイアント GX-28 ホイールセット 28H
タイヤジャイアント S-R3 AC 700x28C
サイズ430(XS),465(S),500(M),555(L)mm
カラーエアグロウ
重量10.4kg(M)
税込価格178,200円

エスケープ RX 2 ディスク

エスケープ RX 2 ディスク

サイクルスポットで見る

シリーズ中堅モデルの本機は、上位モデル同様に「アラックスSL」軽量アルミフレーム、

フルカーボンフォークが採用されています。2×9のドライブトレインにテクトロの油圧ディスクブレーキを搭載したモデル。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス(マイクロシフト・エクスプレス)
ホイールセットジャイアント GX-28 ホイールセット 28H
タイヤジャイアント S-R3 AC 700x28C
サイズ430(XS),465(S),500(M),555(L)mm
カラーフェニックスファイア、チャコール、ミスティフォレスト、スーパーノヴァ
重量10.7kg(S)
税込価格119,900円

エスケープ RX 3

エスケープ RX 3

ワイズロードで見る / サイクルスポットで見る

リムブレーキが主流の時代から、本格スポーツクロスバイクとしてシリーズを代表してきたモデルです。アルミフォークにVブレーキを搭載しています。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス(マイクロシフト・エクスプレス)
ホイールセットジャイアント S-R3 ホイールセット 前:24H 後:28H
タイヤジャイアント S-R3 AC 700x28C
サイズ430(XS),465(S),500(M),555(L)mm
カラーマットブルー、マットブラック、ヘリオスオレンジ、ホワイト
重量10.3kg(S)
税込価格99,000円

フォーマ

フォーマ

シリアスな乗り味ながら、フラットバーで本格スポーツバイクの敷居を低くしてくれる街乗り最速モデルです。フラットバーロードのジャンルは年々選択肢が少なくなってきている中、世界のジャイアントが継続して展開する意味は小さくありません。かつての名機「FCR」がそうであったように、フォーマもエアロフォルムを踏襲、現代のフラットバーロードとして存在感を放っています。

フォーマ

フォーマ

サイクルスポットで見る

ロードバイクジオメトリをベースに、フラットバーで乗ることを想定して設計された軽量アルミフレーム&フォークの組み合わせ。そこにロード用コンポーネントの「シマノ・クラリス」を搭載。

ロードバイクのスピード感をしっかり味わえるフラットバーロードです。ソリッドなエアロフレームに、内装式のケーブルルーティングで、都会的な印象の一台に。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・クラリス
ホイールセットハブ: DINGMEI、リム: GLM CR31 前:24H 後:28H、スポーク:ステンレス14G
タイヤジャイアント S-R3 AC 700x28C
サイズ465(XS),500(S),535(M)mm
カラーピンク、ブラックカラント
重量10.2kg(M)
税込価格106,7000円

エスケープ R

2023年、人気モデル「エスケープ」がフレームカラーを一新

クロスバイクの代名詞ともいえるベストセラーシリーズ「エスケープ R」。初めてのクロスバイクにもおすすめできる大定番ラインです。カラーバリエーションも多く、ドロップバーとフラットバーの2種類のハンドルタイプやブレーキタイプを選べる自由度も魅力。30mm幅の太めのタイヤを装着しているので、ビギナーにも安心の乗り心地です。

エスケープ R DROP

エスケープ R DROP

ワイズロードで見る

ドロップハンドルを有したクロスバイク。ドロップバー用に最適化されたジオメトリに、サブブレーキレバー、やや太めの30Cタイヤ、ライトやワイヤー錠などをスマートに装着できるサドルなど、スポーツバイクが初めてという人にも安心の仕様が嬉しい一台。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・クラリス
ホイールセットジャイアント・スピンフォース・ライト
タイヤジャイアント・エスケープ R タイヤ 700x30C
サイズ430(XS),465(S),500(M)mm
カラーピンクフレイム、マットブラック、ホワイト
重量10.9kg(S)
税込価格104,500円

エスケープ R ディスク

エスケープ R ディスク

サイクルスポットで見る

リムブレーキが主流であった時代から定番クロスバイクと冠されてきた「エスケープ R3」のディスクブレーキバージョン。2022年モデルからリアセンター長が5mm伸び、安定性が向上。30mm幅タイヤとエルゴグリップ、クッション性の高いサドル、天候に左右されない制動性が魅力の油圧ディスクブレーキで、通勤・通学にはベストマッチするモデルです。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス
ホイールセットジャイアント・スピンフォース・ライト・ディスク
タイヤジャイアント・エスケープ R タイヤ 700x30C
サイズ365(XXS),430(XS),465(S),500(M)mm
カラーイエローゴールド、サファイア、マットブラック
重量11.2kg(S)
税込価格93,500円

エスケープ R ディスク MS

エスケープ R ディスク MS

サイクルスポットで見る

上記エスケープ R ディスクのコンポーネントにマイクロシフト製パーツをMIXしたモデル。スポーティさを保ちながら、価格が抑えられています。それでもブレーキは油圧ディスクブレーキと、スペックを落とさないところはさすが。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス/マイクロシフト TS39
ホイールセットジャイアント・スピンフォース・ライト・ディスク
タイヤジャイアント・エスケープ R タイヤ 700x30C
サイズ365(XXS),430(XS),465(S),500(M)mm
カラーサファイア、イエローゴールド、マットブラック
重量11.2kg(S)
税込価格89,100円

エスケープ R3

エスケープ R3

サイクルスポットで見る

ジャイアントジャパンのベストセラー「エスケープ R3」。シリーズを通して採用されている30mm幅タイヤとエルゴグリップ、クッション性の高いサドルで、スポーツバイクらしい爽快なライドフィールと快適性が両立しています。5色のカラーバリエーションも魅力。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス
ホイールセットジャイアント・スピンフォース・ライト
タイヤジャイアント・エスケープ R タイヤ 700x30C
サイズ365(XXS),430(XS),465(S),500(M)mm
カラーキャンディレッド、ティール、ブラックトーン、ホワイト、ブルートーン
重量10.7kg(S)
税込価格79,200円

エスケープ R3 MS

エスケープ R3 MS

ワイズロードで見る / サイクルスポットで見る

「エスケープ R3」のコンポーネントに一部マイクロシフトのパーツを使って価格を抑えたモデル。こちらも5色から選べるカラーバリエーションが魅力です。

フレームアルミ
メインコンポーネントマイクロシフト RD-M26L / TS39
ホイールセットジャイアント・スピンフォース・ライト
タイヤジャイアント・エスケープ R タイヤ 700x30C
サイズ365(XXS),430(XS),465(S),500(M)mm
カラーティール、キャンディレッド、ブラックトーン、ホワイト、ブルートーン
重量10.8kg(S)
税込価格74,800円

クロスター

クロスター

アルミ軽量クロスバイクの「クロスター」。フォークまでアルミ製のため、キビキビとした走りを楽しめます。定番・万能のエスケープとくらべてルックスもよりスポーティに。

クロスター

クロスター

ストレート形状のアルミフォークはキビキビとしたハンドリングに寄与、アルミバイクらしいキレのある走りを体感できます。2×8のドライブトレインで段数は十分、クロスターも30mm幅タイヤとエルゴグリップ、ソフトサドルの採用で快適性が高められています。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アセラ
ホイールセットジャイアント・スピンフォース・ライト
タイヤCST リコース 700x30C
サイズ430(XS),465(S),500(M)mm
カラーブルー、ブラック、ホワイト
重量10.0kg(S)
税込価格89,100円

グラビエ

グラビエ

オフロードテイストで安定感のある走りが特徴の「グラビエ」。45mm幅(!)のタイヤと専用設計の軽量アルミフレームが、幅広い路面コンディションに対応します。ダウンチューブの立体デザインロゴはフレーム同色で彩られシンプルに。日本生まれの新定番クロスバイクです。

グラビエ ディスク

グラビエ ディスク

サイクルスポットで見る

軽量アルミフレームに、45mm幅の27.5インチタイヤ、テクトロの油圧式ディスクブレーキを搭載したモデル。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス
ホイールセットジャイアント・スピンフォース XR ディスク
タイヤケンダ K-1082 27.5×1.75
サイズ430(XS),465(S),500(M),555(L)mm
カラーサテンクリソコラ、サテンダークシルバー、サテンパールホワイト
重量11.6kg(M)
税込価格93,500円

グラビエ

グラビエ

サイクルスポットで見る

こちらはクロモリフォークに、ブレーキはテクトロのVブレーキを搭載したモデル。タフでシンプルな外観はそのままに、グッと抑えられた価格が魅力。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アルタス
ホイールセットジャイアント・スピンフォース XR
タイヤケンダ K-1082 27.5×1.75
サイズ430(XS),465(S),500(M),555(L)mm
カラーサテンカッパーオレンジ、サテンコズモネイビー、サテンブルー
重量11.3kg(S)
税込価格79,200円

スナップ

スナップ

MTB要素の強いクロスバイク「スナップ」。高剛性フレームと極太スリックタイヤに、フロントサスペンションを備え、高いクッション性が自慢です。平日は通勤に、週末はアウトドアにというマルチな使い方も可能に。サイズ展開も豊富なので、ジュニアの初めてのクロスバイクにもおすすめの一台。

スナップ

スナップ

スリックタイプでありながら極太のタイヤと、SRサンツアー製のサスペンションで、街中走行もアウトドアシーンもこなすマルチバイク。小さいサイズもあるので、ジュニアバイクとしての選択もOK。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・ターニー
ホイールセットハブ:DINGMEI 32H、リム:GLM CR70 32H、スポーク:ステンレス14G
タイヤケンダ KRANIUM 26×2.1
サイズ320(XXS),360(XS),430(S),480(M)mm
カラーレッド、アボカド、ブラック、ホワイト
重量14.3kg(S)
税込価格75,900円

エスケープ R E+

エスケープ R E+

ジャイアントのE-バイクのうち、クロスバイクタイプとなるのがエスケープ R E+。電動アシストの力で、登り坂や長距離の走行の負担を軽減。ベストセラークロスバイクのエスケープの名のとおり、軽やかな走行感との相乗効果でサイクリングの幅を広げてくれるでしょう。

エスケープ R E+

エスケープ R E+

初めてのE-バイクとしても扱いやすいジオメトリと、静音性の高い新型モーターが自慢のE-クロスバイクです。独自のモーターシステムと、フレーム一体型のバッテリー、小型ディスプレイを搭載。一充電あたりの走行可能距離はアクティブモードで95km、エコモードで200kmと、十分な数値です。これまでよりもっと軽やかに、もっと遠くへ連れ出してくれる一台です。

フレームアルミ
メインコンポーネントシマノ・アリヴィオ/アルタス
ホイールセットジャイアント GX-28 ホイールセット 前:28H 後:32H
タイヤジャイアント S-X3 W/K-シールド 700x38C
サイズ445(XS),485(S),525(M)mm
カラーサファイア、マットダークシルバー、ホワイト
重量19.7kg(XS)
税込価格330,000円

関連記事:GIANTタグでチェック

ジャイアントの記事を見る


All photos  © GIANT

公式HP:GIANT

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

Avatar photo

WRITTEN BYカオコバヤシ

東京在住大学生。大学の自転車サークルに所属し、ロングライドやヒルクライムを楽しむ。特に荒川CRが好き。現在の愛車はGIANT TCR。好きな選手はユンボヴィスマのプリモシュ・ログリッチ。

他の記事も読む

pagetop