居心地良すぎ!自転車専用スペースもある話題の新オフィスへ?Wantedly社訪問記【前編】
date : 2015.09.28 update : 2015.10.28

ビジネスSNS、Wantedly(ウォンテッドリー)を運営している同社。今回は、2015年6月に移転したばかりの新オフィスにお邪魔し、こだわりの仕事場や同社の自転車通勤の取り組みについても伺ってきました。

まず前編では、Web業界で話題の企業であるWantedlyはどんな会社なの?新オフィスはどうなの?といったところを中心にご紹介します。

約1万500社、60万人のユーザーが使う「働く人のためのSNS」

101

コーポレート・チームの方々にお話をお聞きしました。左:山本あずささん 右:大谷昌継さん

ーー 「シゴトでココロオドル人をふやす」をミッションに掲げていますが、どういったサービスを提供している会社なのでしょうか。

何かに没頭している時間が楽しいと感じる方はいますよね。例えばですけど、自転車が好きな方なら、自転車に乗っている時間は楽しくて“ハマる”感覚がありますよね。

同じように、好きな仕事や、やりがいがある仕事に熱中できるプロジェクトや企業を見つけられるサービスとして、ビジネスSNSの「Wantedly」を運営し、働くことにココロオドル人をふやせる会社でありたいと考えています。

具体的には、「共感」という軸で企業と人をマッチングする機能、「気になる会社に、遊びにいこう」というコンセプトのもと、面接ではなく、会社を訪問したりご飯をご一緒したりができる場を作れるサービスが「Wantedly」です。

ーー そういったコンセプトや機能をとっても、新しいWebサービスだと感じますね。Wantedlyは、どのような背景があり生まれたサービスなんですか?

もともとと言えば、Wantedlyが創業メンバー2名の時、外資金融のエンジニアのマネージャーで現在当社のCTO(最高技術責任者)がジョインしました。その際、自社が発信した企業ビジョンへの共感が採用に繫がったので、この手法は横展開できるのではないかと思ったことも背景にあります。

Wantedlyの特徴として、[WHAT] [WHY] [HOW] という項目で、企業の魅力を紹介しているため、お金、つまり給与について絶対に書いていけないというルールがあります。そのため、大企業のように条件が良い会社だけではなく、強い想いのあるスタートアップ企業などが自社をアピールしやすいサービスへと成長しています。

ーー Wantedlyはどのくらいの企業様やユーザーが利用しているのでしょうか

2012年1月30日に本リリースより、企業のクライアントで言うと、約1万500社。ユーザーは月間利用者数で60万人程にまで成長しています(2015年9月現在)。

最近では名前や社名を入力するだけでWantedlyを使っているユーザーが検索でき、そこでプロジェクトが生まれる「Sync」というアプリもリリースしたこと。そして、2015年6月には日本経済新聞社と資本業務提携し、今後は両社の強みを活かした新しいサービスの企画・運営を共同で行っていくなど、より働く人のビジネスSNSとして機能させていきたいと思っています。

オフィスを移転し、組織としても新たなフェーズへ

ーー 最近、オフィス移転をされたのも大きなトピックスですよね。

現在、社員が40名程、さらにインターン生も増えたことにより、前のオフィスが手狭になったこと。それと同時に、Wantedlyらしいオフィスを立ち上げようということから、移転に際し2つのコンセプトを掲げました。

1点目は前述の通りWantedlyらしさを体現できるオフィスにすること。2点目がONとOFFを結合するオフィスにすること。この2点については、オフィスを見ながら説明させていただきますね。

102

このスペースはニューヨークにあるコワーキングスペースをイメージしています。階段になっているところに社員が座ってコミュニケーションをとったり、イベント時に活用しています。

ニューヨークの街のように、新しいものと古いものが融合し、常に従来にはないカルチャーを提供していく雰囲気をオフィスでも体現しています。

103

アンティークに囲まれた会議室や、椅子、照明の光の加減など全てこだわって設計しています。

104

コンセプトにも掲げたように、ONとOFFを結合するオフィスとして、リビングのような落ち着ける空間をイメージしています。

105
こちらは卓球台……のような、机ですね(笑)ところどころに遊び心を取り入れています。(卓球台としても利用できます)

106

ーー 社員さんお気に入りの場所ってありますか?

各自、自由に仕事していますが、特に社員から好評なのは……スタンディングデスクです。エンジニアやデザイナーが多い会社なので、ここのスペースは流行っています(笑)

最近は、リモートワークを取り入れる企業が増えてきていますが、当社の場合は同じ場にいてこそ、価値あるものが作りやすいと考えています。

どこでも仕事をやっていいよと言うと自宅や近くのカフェとかに行く人もいるかと思いますが、当社のオフィスの場合、個室もありますし、くつろげるスペースもありますし、ずっと同じところで仕事するわけではなく、会社の中で働きやすい場所ができるよう心がけています。

オフィスから近いところに住んでいる社員も多く、自転車で通いやすいのです。

ーー 本当に居心地が良さそうな空間ですね。ところで…… 新オフィスには自転車専用の駐輪スペースもあるのだとか

はい、あります。ご紹介しますね。

ーー では、ぜひこの記事の後編でたっぷりと(笑)
107

===
Wantedly社らしいコンセプトがぎっしりつまった新オフィス。自転車専用スペースや最近導入した自転車通勤制度などを紹介する後編はこちら。
自転車通勤制度は何がいいの?話題の新オフィスで聞いてみた?Wantedly社訪問記【後編】


Follow FRAME