シマノの新しい展示・交流スペース「SHIMANO SQUARE」とは

自転車部品の世界最大手であるシマノが、2017年2月、大阪・梅田のグランフロント大阪のナレッジキャピタル内に新しい展示・交流スペース「SHIMANO SQUARE」(シマノスクエア)をオープンしましたた。いったいどんな場所なのか、ご紹介していきます。

アーバンスポーツライフを提案

このSHIMANO SQUAREは同社のメイン事業である自転車用品と釣り具用品の展示コーナーとカフェ、大型モニターを備えたイベントスペースが設けられ、シマノの歴史と技術を体感できるスペースとなっています。

サイクリングやフィッシングといった「スポーツ」、フードや雑誌・エッセイ本などの「カルチャー」、カフェやイベントでの「コミュニケーション」、そして大阪都心の「アーバンライフ」。

SHIMANO SQUAREは、さまざまな楽しみと、一人ひとりのライフスタイルが出合う場所としてユーザーが自分なりの「アーバンスポーツライフ」を見つけられる場所を目指しているそうです。

サイクリングやフィッシングがはじめてという方も、それらを趣味として付き合ってきたという方も、SHIMANO SQUAREを訪れると新しいスタイルを見つける機会になるかも。

シマノの歴代製品や、自転車文化・釣り文化の事例を紹介

シマノの最初の製品は自転車のフリーホイールだったこと、ご存知でしょうか?それがおよそ100年たった今、世界の最先端の自転車、釣り具用品を生み出すメーカーになりました。そのシマノの歴代製品が堂々と展示されています。

ロードバイクの最上級コンポーネントであるデュラエースは、1973年に発売された最初のモデルからすべて展示されており、パーツマニアでなくても非常に興味を誘う内容です。

ゆっくりできる?カフェスペース

多数の展示や情報を見てちょっと一息つきたいときは、カフェを利用してみましょう。コーヒーやソフトドリンクはもちろんのこと、アルコール類も扱っています。

フードはサンドイッチがメインで、ハム、サーモン、パストラミの3種をラインナップ。
けっこうボリュームがあります。

飲食をしながら、自転車や釣りの書籍や写真集などを閲覧することもできます。中には古い書籍や珍しい書籍も置いていたりと、カフェでゆっくりしたくてもつい目移りしてしまうかもしれません(笑)。

まとめ

SHIMANO SQUAREは、大阪・梅田の大型複合施設、グランフロント大阪の北館4階にオープン。JR大阪駅や阪急電車・阪神電車の梅田駅、地下鉄の複数の駅と通路で直結する非常に好アクセスです。

SHIMANO SQUARE(シマノスクエア)
【所在地】大阪市北区大深街3-1 グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル4階
【電話】06-4526-6789
【営業時間】10:00~21:00
【定休日】月曜日

シマノスクエアでは専属のスタッフが常駐し、展示の説明やサービスの提供を行っています。今後も自転車、釣りに関するワークショップなど多彩なイベントも開催していく予定だそうです。

WRITTEN BYVIKING the MAINTENANCE

都内のプロショップに10年間在籍後、2015年VIKING the MAINTENANCE を設立。東京・西新宿を拠点にスポーク自転車の組付け、カスタマイズ、メンテナンスを軸に展開中。年2回富士山麓でサイクルイベントも企画中。 http://www.viking-the-maintenance.com/

他の記事も読む

関連記事