2020年GIOS(ジオス)ロードバイクおすすめ全19台

2020年のGIOSではフルカーボングラベルロードが登場。シマノGRX搭載でトレンド感も走行性能もしっかりと兼ね備える。エアロロードから、アルミにチタンモデル、充実したクロモリバイク群まで、各種特徴を解説しながら紹介していこう。

GIOSとは

この投稿をInstagramで見る

GIOS_JOB(@gios_job)がシェアした投稿

イタリアで1948年に創業された自転車メーカーのGIOS(ジオス)。
鮮やかなブルーカラー(ジオスブルー)で知られ、現在もトリノを拠点とする伝統あるブランドだ。今回はその2020年ロードバイクを紹介しよう。

▶GIOSをもっと知りたいなら。オールドレースでの実績に、溶接テクノロジーまで紹介。

→「GIOS(ジオス)とは

2020年はシマノGRX搭載のフルカーボングラベルロードが登場

GIOSのグラベルロード「NATURE」シリーズが、コンポーネントにシマノGRXを搭載してうまれかわった。カーボンフレーム(左)とクロモリフレーム(右)から選択可能。
GIOSのグラベルロード「NATURE」シリーズが、コンポーネントにシマノGRXを搭載して生まれ変わった。カーボンフレーム(左)とクロモリフレーム(右)から選択可能。

最大のポイントはフルカーボン製アドベンチャーバイク「NATURE CARBON」の登場。シマノのグラベル専用コンポーネント「GRX」を搭載し、最大42Cまで対応のタイヤクリアランスを持ちながら、フレームはエアロロードのように切れ味があるデザインだ。

▶シマノGRXって何?という方は要チェック!アドベンチャー用コンポーネントはピュアロード用コンポと何が違うのか、しっかり解説しています。

荒れた道から里山などのトレイルライド、またはコミューティングまで、幅広いシーンで活躍するだろう。

2020年ロードバイク全19台

カーボンエアロロード

AERO LITE(エアロライト)

AERO LITE

ワイズロードでフレームセットを見る

剛性と軽さ、路面からのショック吸収性も併せ持つ、カーボンモノコックフレームの一台。ライダーの脚力を瞬時に推進力に変える強度を持ち、ダウンヒルでは思い通りのラインをトレースできる正確なハンドリングを実現させている。またダイレクトマウントブレーキ仕様により、シビアな制動も可能。

  • 価格:508,000円(シマノ・アルテグラ+マヴィック・COSMIC/税抜)
       298,000円(シマノ・アルテグラ/税抜)
       248,000円(シマノ・105/税抜)
       168,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:カーボン
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:TEAM REPLICA

AERO LITE DISC(エアロライト ディスク)フレームセット

AERO LITE DISC
写真は完成車イメージ

ワイズロードでフレームセットを見る

上記したエアロ系ロード「AERO LITE」の基本性能をベースに、フラットマウント規格のディスクブレーキに対応したフレームセット。ダウンヒルや急なコーナー時でも安定した制動力を発揮する。天候に左右されないブレーキフィーリングで初心者でも安心。走る、曲がる、止まる……基本性能をしっかり押さえたモデルだ。

  • 価格:198,000円(税抜)
  • フレーム素材:カーボン
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE

カーボンオールラウンダー

TORNADO(トルナード)

TORNADO

ワイズロードでフレームセットを見る

長距離レースや荒れた路面にも対応するカーボンフレームによる一台。軽さと強度を備えたロングホイールベースは振動吸収性を高めつつ、ヒルクライムはもちろん、ロングライドでも優れたパフォーマンスを発揮する。一日中乗れる快適性で、初心者からベテランまで、すべてのライダーに対応したオールラウンダーだ。

  • 価格:488,000円(シマノ・アルテグラ+マヴィック・COSMIC/税抜)
       278,000円(シマノ・アルテグラ/税抜)
       228,000円(シマノ・105/税抜)
       148,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:カーボン
  • サイズ:480、510、540mm
  • カラー:BLACK YELLOW

TORNADO DISC(トルナード ディスク)

TORNADO DISC

上記「TORNADO」のディスクブレーキ版。長距離向けに近いジオメタリーを持ちながら、軽量かつ12mmスルーアクスル化により高剛性に仕上がり、瞬発力の効いた走りを実現している。完成車のコンポーネントはシマノ・105で、ホイールも同社製のWH-RS171。日々のトレーニングから週末のレースまでこなす手堅い一台だ。

  • 価格:298,000円(シマノ・105/税抜)
       178,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:カーボン
  • サイズ:480、510、540mm
  • カラー:BLACK YELLOW

グラベルロード

NATURE CARBON(ナチュール カーボン)

NATURE CARBON

2020年に新登場となったフルカーボンアドベンチャーバイク。ディスクブレーキによる安定した制動力と42C(標準装備は38C、パナレーサーのグラベルキング)まで対応するタイヤクリアランス、前後スルーアクスルの仕様で、荒れた道もグイグイと走らせることができる。コンポーネントはシマノ・GRXを搭載。エアロ風味の専用シートポストを付属する。

  • 価格:298,000円(GRX完成車/税抜)
       168,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:カーボン
  • コンポーネント:シマノ・GRX
  • サイズ:490、510、530mm
  • カラー:BLACK BLUE

NATURE GRX(ナチュールGRX)

NATURE GRX

GIOSのクロモリでグラベルロードが欲しいならこちら。コロンバス社製スチールチューブならではのゆったりした乗り心地の中に、スルーアクスルを採用することでカッチリしたライドフィールをもたらしてくれる。こちらもコンポーネントはシマノのグラベル専用GRXを搭載。フロントはシングルながら、快適な走行を提供。またキャリア用ダボ穴も付き、あなたの冒険を支援する。

  • 価格:218,000円(税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・GRX
  • サイズ:460、490、520mm
  • カラー:GIOS BLUE

MITO(ミト)

MITO
カラー:GREEN

ワイズロードで完成車を見る

GIOSお得意のクロモリフレームで、スリムなシルエットと乗り心地にこだわったグラベルバイク。コンポーネントはシマノ・ソラをメインに使用した充実のスペックだ。フロントトリプルギヤで勾配の険しい登り坂にも対応。またディスクブレーキ、35Cタイヤなど、あらゆる条件でも走破性の高さが非凡な入門版である

  • 価格:115,000円(税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・ソラ
  • サイズ:460、490、520mm
  • カラー:GIOS BLUE、BLACK、GREEN

チタンモデル

オーダーメイドのイメージも強い、高級感たっぷりのチタンバイク。一生ものと言われるチタンが、ジオスではコンポーネントごとに価格を分けて展開されている。

TITANIO(チタニオ)

TITANIO

ワイズロードでフレームセットを見る

クロモリの印象が強いGIOSだが、こちらはチタン製。耐食性に強く、長く付き合える素材である。走りの伸びに優れ、加速力が高く、いつまでも走り続けたくなる一台だ。他人と異なるオリジナリティーを求めるライダーに最適。価格は他車と比べて少々高めだが、それに見合った乗り心地と耐久性があるだろう。

  • 価格:618,000円(シマノ・アルテグラ+マヴィック・COSMIC/税抜)
       408,000円(シマノ・アルテグラ/税抜)
       358,000円(シマノ・105/税抜)
       278,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:チタン
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE

アルミモデル

エントリーユーザーにも嬉しい10万円以下のモデルと、シリアスライドにも応えるハイスペックアルミバイクが用意される。

LESTA(レスタ)

LESTA

アルミフレーム独特のキビキビした瞬発力が効いた走りが堪能できる一台。重量も完成車で8.2kgとなっており、特にヒルクライムでその効果を発揮するだろう。フロント周りは大口径テーパーヘッドによりボリューム感があり、ダウンヒル時のハンドリングも安定性が高い。上りも下りもスムーズにこなすモデルである。

  • 価格:268,000円(シマノ・105+マヴィック・KSYRIUM/税抜)
       168,000円(シマノ・105/税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:シマノ・105
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE

SIERA(シエラ)

SIERA
カラー:WHITE

ワイズロードで完成車を見る

メインコンポーネントにシマノ・クラリスを搭載した一台。カーボンフォーク、完組ホイールなど充実したスペックに仕上がっている。価格もおよそ9万円で、非常に買いやすいコストパフォーマンスに優れたモデルだ。週末のロングライドや日々のトレーニングなど、初心者からレベルアップを目指すライダーにおすすめしたい。

  • 価格:89,800円(税抜)
  • フレーム素材:アルミ
  • コンポーネント:シマノ・クラリス
  • サイズ:460、490、520mm
  • カラー:GIOS BLUE、WHITE、BLACK

クロモリモデル

グラベルロードでもクロモリフレーム展開があるが、その他さらに9台ものクロモリラインナップをそろえる。それぞれの特徴とともにジオスのクロモリの魅力に迫ろう。

REGINA(レジーナ)-ハイスペッククロモリバイク

REGINA

ワイズロードでフレームセットを見る

GIOSの本領発揮とも言えるクロモリ製。コロンバス社製の大口径ダブルバテッドチューブと同社製FUTURAフォークを採用している。スチールならではのバネ感のある上質な乗り心地で、その上に剛性も感じられる一台。クロモリ好きに刺さる、洗練されたフレームデザインが特徴的なモデルだろう。

  • 価格:458,000円(シマノ・アルテグラ+マヴィック・COSMIC/税抜)
       248,000円(シマノ・アルテグラ/税抜)
       198,000円(シマノ・105/税抜)
       118,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE

FELLEO(フェレオ)-中級グレード以上の実力派モデル

FELLEO

細身のフレームがスタイリッシュな一台。コロンバス社製クロモリチューブと同社製FUTURAフォークを採用している。クロモリ特有のしなりのある乗り心地と伸びのある走行感が特徴。コンポーネントはシマノ・105を採用し、優れたポテンシャルを秘めている。価格的にも中堅ライダーを意識した造りと言える。

  • 価格:268,000円(シマノ・105+マヴィック・KSYRIUM/税抜)
       168,000円(シマノ・105/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE

AIRONE(アイローネ)-フルモデルチェンジしたベーシックモデル

AIRONE
カラー:ITALIAN

2020年のフルモデルチェンジによりインテグラルヘッドチューブとなり、キレのあるハンドリングを実現している。クロモリフレームらしいウィップ感のある乗り心地とカーボンフォークという組み合わせで、シルキーな走りを体感できる。コンポーネントはホイールまでシマノで統一、ドライブトレインはフロント2段×リア10段変速のシマノ・ティアグラを採用している。

  • 価格:138,000円(ITALIAN COLOR/税抜)
       128,000円(GIOS BLUE COLOR/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・ティアグラ
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE、ITALIAN

FURBO(フルボ)-エントリークロモリバイク

FURBO

ワイズロードで完成車を見る

上位機種同様のクロモリフレーム設計により高い走行性能を持つ一台。バネのある身体に優しい乗り味で、街乗りからロングツーリングにも使える万能車だ。コンポーネントにはシマノ・ソラを採用しており、エントリーライダーでもスポーティな走りを体感できる。価格は11万円と求めやすく、セカンドバイクとして乗るのも良い。

  • 価格:110,000円(税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・ソラ
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE

FENICE(フェニーチェ)-クロモリをカジュアルに乗り回そう

FENICE
カラー:BLACK

ワイズロードで完成車を見る

しなやかな乗り心地で気軽にスポーツサイクリングを楽しめるクロモリバイク。休日のライドから毎日の通勤や通学にも幅広く活用できる一台だ。ホリゾンタルフレームにこだわる人にもおすすめのモデルである。コンポーネントはシマノ・クラリス。過不足なく乗れるエントリー車として位置付けられるだろう。

  • 価格:89,800円(税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・クラリス
  • サイズ:450、480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE、BLACK

SETTANTA(セッタンタ)-ブランドの礎となったイタリアンクロモリ:フレームセット

SETTANTA
画像は完成車イメージ

ワイズロードでフレームセットを見る

コロンバス社のGIOS専用チューブを使った特別仕様フレームセット。老舗ブランドの礎となったイタリアンクロモリフレームで、スタイリングが美しいデザインとなっている。溶接の仕上がりも丁寧で、GIOSのラインナップの中でも特別感のあるモデルとなっている。乗るのがもったいないほどだが、走らせて本領を発揮。

  • 価格:198,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • サイズ:480、500、520、540、560mm
  • カラー:GIOS BLUE

COMPACT PRO(コンパクトプロ)-ラグ溶接に惚れる伝統モデル

COMPACT PRO

ワイズロードで完成車を見る

コロンバス社製SPIRITチューブを贅沢に使い、GIOSカスタムラグで接合した一台。スチールへのこだわりが根付き、芸術品とも形容される往年のイタリアンバイクだ。完成車のコンポーネントにはカンパニョーロのCENTAURを搭載。初心者にはいささか敷居が高いモデルかもしれないが、手に入れたならその伝統を肌で感じられるだろう。

  • 価格:388,000円(カンパニョーロ・CENTAUR/税抜)
       198,000円(フレームセット/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:カンパニョーロ・CENTAUR
  • サイズ:480、500、520、540、560mm
  • カラー:GIOS BLUE

VINTAGE(ヴィンテージ)-クラシックスタイルを追求するなら

カラー:WHITE

ワイズロードで完成車を見る

その名からもわかる通りヴィンテージらしさを意識した一台。ノスタルジックなデザインとWレバーシフトなどのパーツを使用し、古き良き時代を感じさせるルックスでクラシック感あふれるモデルとなっている。価格も廉価で、中古品を狙うよりも手早く買えるだろう。街で乗れば目立つこと間違いなし。

  • 価格:105,000円(ITALIAN COLOR/税抜)
       95,000円(GIOS BULE・WHITE/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:シマノ・クラリス
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:ITALIAN、GIOS BLUE、WHITE

VINTAGE PISTA(ヴィンテージ ピスタ)-ヴィンテージ × シングルスピード

VINTAGE PISTA
カラー:BLACK

ワイズロードで完成車を見る

上記「VINTAGE」をベースにしたシングルスピード車。ギヤ比は44T×16Tと扱いやすくなっており、街中のストップ&ゴーでもストレスなく乗れるだろう。何よりもスマートなルックスが引き出ているクロモリ製フレームが魅力。走ることが楽しくなる小洒落たモデルだ。その完成度はピストシーンでも抜群なものがある。

  • 価格:95,000円(ITALIAN COLOR/税抜)
       85,000円(GIOS BULE・BLACK/税抜)
  • フレーム素材:クロモリ
  • コンポーネント:-
  • サイズ:480、500、520、540mm
  • カラー:GIOS BLUE、ITALIAN、BLACK

2019年モデルや2020年のクロスバイクもチェック

▶2020年のGIOSクロスバイクもチェックしてみる?

まとめ

GIOS最大の特徴は、鮮やかなブルーカラーはもちろん、徹底的に仕立てられた精度の高いフレームにある。そのクオリティから「イタリアブランドでありながらドイツ的な印象を与える」とまで言われるほどだ。製品への強いこだわりはGIOSの伝統。匠の領域である。しかし、その伝統にあぐらをかくことなく、お家芸のクロモリ以外にカーボン、アルミ、そしてチタンにまで素材を広げて「新しさ」に取り組んでいるのはご覧の通りだ。もしあなたが初めてスポーツ自転車を買い求めようとしているなら、特におすすめするブランドである。2台目以降のバイクを探している人にも同じことが言える。幅広いライダーに向けられたGIOSのバイク群。決して損はさせない。

Photos © JOB INTERNATIONAL
LINK:JOB INTERNATIONAL

WRITTEN BY増渕俊之

出版社勤務を経て、フリーランスの編集/ライター。編著に『これがデザイナーの道』『自転車ファンのためのiPhoneアプリガイド』『岡崎京子の仕事集』がある。現在、編集を手がけた岡崎京子の単行本『レアリティーズ』が発売中。

他の記事も読む

関連記事