2021年最新|DE ROSA(デローザ)おすすめロードバイク12台

2021年のデローザラインナップには多くのニューカラーが並ぶ。トレンドの偏光色をまとったSK Pininfarinaに、グランツールを駆った選手たちと同デザインのMERAK、同系色のツートーンで上品にまとまったIDOL。

エントリーユーザーにおすすめする1台「FRAME’s Choice」とともに、今年のデローザを網羅して紹介しよう。

デローザとは

デローザのカスタムライン “BLACK LABEL”

DE ROSA(デローザ)は、イタリアの伝統あるロードバイク・ブランド。生涯現役という創業者ウーゴ・デ・ローザの魂がこめられた、美しく、格調高いレーシングバイクがそろう。

◇ デローザが「創業者の顔とキャラクターがはっきり見えるブランド」たる理由とは?

→「愛し続けずにはいられないロードバイク、それがDeRosa(デローザ)

昨年2020年には”リブランディング”を掲げ、ロゴも一新。歴史と未来が融合した新生デローザとして、2021年もなお進化し続けている。

2020年モデルからロゴを新たに、66年間続いたブランドが次の時代へと躍進する。上が新しいロゴ。デザインを手掛けるのは、こちらも伝統あるイタリア企業「ピニンファリーナ」。
2020年モデルから一新されたロゴ

▶2020年モデルの記事はこちらから。

2021年モデルはニューカラーが揃い踏み

2020年はロゴの刷新にモデルチェンジが相次いだが、今年はニューカラー群でファンを楽しませてくれる。

見る角度によって色が変わる「Camaleonte(カメレオンテ)」の登場は流行に乗る形となったが、68年の歴史を象徴するRaboのように伝統も重んじる姿勢は、デローザの新コンセプトを体現している。

SK Pininfarinaにカメレオンカラー登場

sk-pininfarina-2021

スポーツカーデザインを手がけてきたPininfarina(ピニンファリーナ)とデローザのコラボにより2015年にデビューした本機に、ニューカラー「Camaleonte」が登場(フレーム販売のみ)。

SK_pininfarina カメレオンテ

まさにカメレオンのように様々な色に化ける。紫色かと思えば、光の加減や見る角度によって青色、ピンク、緑色にも見える美しいグラデーション。
ただ美しいだけではないこのバイク、ピニンファリーナの風洞実験室で空力性能を磨き上げられた本格エアロロードだ。FSAの内装ステアリングACR Systemでワイヤーケーブルはすべて内蔵され、ピニンファリーナの「速いものは美しい」というプライドを体現している。

MERAKにTeam Cofidisカラー登場。選手と同じバイクをあなたにも

derosa MERAK 2021

2000年に登場した初代MERAKは軽量アルミロードバイクだった。20年の時を経て昨年、ロゴ刷新に合わせて最新カーボン素材&ディスクブレーキを搭載して復活したのがこの新生MERAK。UCIワールドチームTeam CofidisにSK Pininfarinaと共に供給され、世界の第一線で活躍してきた。

そして2021年、チームカラーエディションがラインナップに加わった(フレーム販売のみ)。Team Cofidisカラーでは、トップチューブとフォークにコフィディスロゴがあしらわれる。また”DE ROSA” のロゴには影がつき、立体感を生み出している。

MERAK cofidis チームカラー
ダウンチューブにはCofidisロゴが配される。「DE ROSA」はうっすらと影が入ったレタリングに。

2020年のツール・ド・フランスでも活躍し、イタリア塗装のオレンジともレッドともとれるビビットカラー単色でまとめられたデザインは、アガること間違いなし。

IDOLの新色はドレッシーで可憐なサーモンピンク×ベージュ

DE ROSA IDOL アイドル 2021 ピンク
高い人気を誇る「IDOL」はヒルクライムからロングライドまでマルチに使えるオールラウンダー

クリア塗装が施されたカラーと、代々IDOLで受け継がれてきた弓なりのフレームデザインは乗って、見て、楽しめる。

2013年にいち早くディスクブレーキを採用したのが第3世代IDOLだった。デローザのミドルレンジとしての役割をもつIDOL。振動を吸収し、疲れにくい設計でマルチに使えるバイクは、ヒルクライムからロングライドまで楽しめる。はじめてのデローザバイクに、また2台目はディスクブレーキを、という人にもぴったりだ。

DE ROSA IDOL サーモンピンク カラー 2021

新色サーモンピンクも、他色同様コンストラストが印象的なカラーリング。フォークの内側、シートポスト、チェーンステーの内側に別色が施され、サーモンピンクではベージュを採用している。2色の相性は抜群、上品な1台に仕上がった。

ワイズロードオンラインでフレームセットを見る(SALMON PINK)

FRAME’s Choice is…

カーボンモデルでも、アルミモデルにはたまたチタンモデルでも、どれもデローザ然としたバイクで悩ましい。ただしハイブランドらしく、気軽に購入できる価格帯ではないのが憧れのデローザ。

ビギナー・エントリー層におすすめするFRAME’s Choiseとしては少しアッパーめではあるが、憧れのデローザをカーボンモデルで。今回は「IDOL」をチョイス。

  • idol-2021-salmon-pink DEROSA

アーチを描くフォルムがアイコニックデザインで、デローザのミドルレンジとして高い人気を誇るIDOL。昨年、ハイエンドモデルとともにディスクブレーキ化を果たし、ハンドルまわりのケーブル類も完全内装化。ブランドの攻めの姿勢を感じさせる。

快適性も考慮されたジオメトリーに、シマノ・105を搭載。完成車価格は43万円(税別)。マルチに使えるデローザバイクとして良い選択になるだろう。

前述のとおり新色にサーモンピンク×ベージュも登場し、上品で可憐なカラーの選択も可能に。こんなIDOL待っていた!という人も多いのではないだろうか。

ワイズロードオンラインでフレームセットを見る(SALMON PINK)

おすすめ最新モデル全12台

ここからはデローザの全ラインナップを、カーボン/メタル/スポーツユーティリティーバイクのカテゴリーごとに紹介していこう。

カーボンバイク

SK Pininfarina

sk-2021-camaleonte derosa
カラー:Camaleonte

グランツールでTeam Cofidisが駆るバイクのひとつ。SK Pininfarinaを一言で表すならば「美しすぎるエアロロード」。
Pininfarinaが手がけてきたスポーツカーと違いロードバイクにはサイズ展開がある。同じモデルだと視覚的に認識できるためには、各サイズで細部のデザインを変える必要がある。もちろんどのサイズも美しくあらねばならない。さらにエアロロードとしての空力性能を落とすことはできない。これらの難問をクリアするにはすべてのワイヤーケーブル内蔵のACR Systemの採用は不可欠であったという。デザインとエアロが見事に融合した1台。

  • 完成車価格:¥585,000(税別)
  • フレーム価格:¥450,000(税別)
  • サイズ:46、48、50、52、54、56
  • カラー:Camaleonte(フレーム販売のみ)、White Glossy、Blue Glossy、Stealth Matt
  • メインコンポーネント:SHIMANO ULTEGRA R8000 Disc 11s
  • ホイール:SHIMANO WH-RS170

ワイズロードオンラインで完成車を見る

MERAK

merak 2021 cofidis DEROSA
カラー:Team cofidis

こちらも世界の第一線で活躍するTeam Cofidisに提供されるバイク。全く同じフレームスペックでチームカラーエディションも選択でき、選手と同じ用にオールラウンドロードバイクとして平地からヒルクライムまで楽しめる。特にフレーム重量800gという軽量性は登坂において大きな恩恵を与えてくれる。コンパクトな後ろ三角の設計で加速への反応も速い。

  • 完成車価格:¥670,000(税別)
  • フレーム価格:¥485,000(税別)、¥540,000(税別、Team Cofidis)
  • サイズ:43、46、48、50、52、54、56
  • カラー:Team cofidis(フレーム販売のみ)、Black Glossy、White Glossy、Blue Matt
  • メインコンポーネント:Canpagnolo CHORUS Disk 12s
  • ホイール:Fulcrum Racing 7DB

ワイズロードオンラインで完成車を見る

IDOL

idol-2021-salmon-pink DEROSA
カラー:Salmon Pink


ワイズロードオンラインでフレームセットを見る(SALMON PINK)

クセのない乗り味で初心者からベテランまで安心してオールラウンドなライドを楽しめる。ペダルを踏んだパワーを効率よく伝えるため、ダウンチューブからシートステーまでにボリューム感を待たせている。IDOLのアイデンティティでもある曲線美が印象的な1台。


フロントフォークの先端は細かくシェイピングしており地面からの衝撃を吸収、ロングライドに貢献してくれる。細部まで考え抜かれた設計は圧巻。

  • 完成車価格:¥430,000(税別)
  • フレーム価格:¥298,000(税別)
  • サイズ:43、46、48、51、53、56
  • カラー:Salomn Pink 、White、Red Ruby、Grey Matt
  • メインコンポーネント:SHIMANO 105 R7000 11s
  • ホイール:SHIMANO WH-RS170

ワイズロードオンラインでフレームセットを見る(SALMON PINK)

メタルバイク

ANIMA

ANIMA_DISK-2020 DEROSA
カラー:Titanium

デローザなら憧れのチタンバイクにも選択肢がある。スチールフレームの次の素材としてウーゴ自身が見出した「チタン」という素材は、ブランドにとって特別な意味合いを持つ。
ANIMAはイタリア語で「心」や「魂」を意味している。コンパクトなリア三角やディスクブレーキ採用は、チタンフレームの「いま」を感じ取れる。
チタンの頑丈な性質は軽量性と軽い乗り心地を実現。そしてフレームの剛性と各チューブのしなりの絶妙なバランスがパワーを伝え、より前に推し進めてくれる。

  • フレーム価格(ディスクブレーキ):¥1,080,000(税別)
  • フレーム価格(リムブレーキ):¥998,000(税別)
  • サイズ:44、45、46、48、49、50、51、52、53、55 カスタムサイズ
  • カラー: Titanium、カスタムカラー
  • BLACK LABEL対象モデル

TITANIO Solo

titanio-solo-2020 DEROSA
カラー:Titanium

誕生当時と変わらぬ製法・手順で組み上げられるチタンフレームがTITANIO。なかでもパワーのあるライダーにおすすめなのがこのTITANIO solo。強度と軽量性を兼ね備えるためオーバーサイズのダブルバテッドチューブを採用し、密度感の優れるペダリングフィール、高負荷・高速域走行では至上の乗り味を味わわせてくれる。

  • フレーム価格:¥860,000(税別)
  • サイズ:48-60 Regular(1cm刻み)、44-55 Slope(1cm刻み)/Woman 48・49 Regular、Woman 44・45 Slope/カスタムサイズ
  • カラー:Titanium、カスタムカラー
  • BLACK LABEL対象モデル

TITANIO 3/2.5

titanio-325-red 2021 DEROSA
カラー:Treduecinque Red

チタンフレームラインナップの中では末弟に位置するTITANIO 3/2.5。クロモリ全盛であった90年台に登場し、いまも脈々とレーシングスピリッツを宿し存在するTITANIO。現在ではウーゴの後継者であるアレッシオにすべてのチタンフレーム製造が任されており、粘り強い性格のアレッシオがシルキーな乗り味、軽快感、快適性を妥協をなく仕上げている。
※生産終了(在庫限り)

  • フレーム価格:¥630,000(税別)
  • サイズ:48、49、51、52
  • カラー:Treduecinque Red

Rabo

rabo DEROSA 2021
カラー:Blue Glossy


1953年創業当時のデローザの初めての顧客となったのがRaboliniだった。彼の名前を冠し、当時から68年間変わらない製法とストーリーを詰め込んだロマン溢れるバイクだ。

  • フレーム価格:¥380,000(税別)
  • サイズ:47-61 Regular(1cm刻み)
  • カラー:Blue Glossy

NUOVO CLASSICO

nuovo-classico 2021 DEROSA
カラー:White

誕生から10年が経過し、2020年モデルからチェーンステーとシートステーにメッキが施され、雰囲気と存在感が増した。フラットなフォーククラウンにスレッドステムといったパーツチョイスに、ダブルレバーの台座もあることから、よりクラシカルなカスタムもできそうだ。ソロライドのように比較的落ち着いた場面にも、ライダーの力強い要望にも応えられる二面性を持つバイクだ。

  • フレーム価格:¥430,000(税別)
  • サイズ:47-57 Regular(1cm刻み)
  • カラー:White、カスタムカラー
  • BLACK LABEL対象モデル

CORUM

corum DEROSA 2021
カラー:revo

チタン・カーボンといった新素材においても積極的に開発を行ういっぽう、従来のスチール素材でも飽くことなく可能性を見出してきたデローザ。その中心に在り続けたのがCORUMであり、伝統的なスチールバイクに先進的なディスクブレーキを初めて装着したモデルだった。。特有のバネ感を維持したまま、高い負荷をかけてもしっかりと反応してくれる力強さも特徴の一つ。先進性とモダンの融合を実現した粋なモデルだ。

  • フレーム価格(ディスクブレーキ):¥498,000(税別)
  • フレーム価格(リムブレーキ):¥468,000(税別)
  • サイズ:カスタムサイズ/44、45、46、48、49、50、51、52、53、55 ※スロープのみ
  • カラー:Sky Blue Glossy、Revo、カスタムカラー
  • BLACK LABEL対象モデル

NeoPRIMATO

neoprimato 2021 DEROSA
カラー:Red

基本設計は半世紀前のプロロードレーサーのためのものであり、1970年代にEddy Merckxのために作り上げられたフレームの意志を次ぐモデルである。操縦性は極めえて安定しており、路面コンディションが悪くとも変わらずライダーをサポート。スチールレーシングバイクのNeo PRIMATOが「永遠のフラッグシップモデル」と呼ばれることは、デローザブランドの奥深さを表している。

  • フレーム価格:¥288,000(税別)
  • サイズ:47-61 Regular (1cm刻み)
  • カラー:Red、Grey、カスタムカラー
  • BLACK LABEL対象モデル

RAGA

raga DEROSA 2021
カラー:Grey Black

子供用自転車に最も重要なことは、クイックなハンドリングや軽量性ではなく、安全性である。RAGAは頑丈なアルミフレームをベースとしており、24インチサイズのホイールを採用し取り回しや扱いやすさも考慮されている。安心安全なバイクで子どもに自転車の楽しさを伝えてみてはいかがだろうか。

  • 完成車価格:¥148,000(税別)
  • サイズ:38.5(1サイズ)
  • カラー:Grey Black
  • メインコンポーネント:Claris-R2000
  • ホイール:24インチ ALEX R450 24”28H BK

Sport Utility Bike

METAMORPHOSIS

metamorphosis SPORT 2021 DEROSA 
カラー:White(sport)
metamorphosis 2021 URBAN DEROSA
カラー:Grey Metal(urban)

Pininfarinaによる洗練されたデザイン。シートチューブを貫くブレードのようなトップチューブは、ひと目でそれと分かる個性を演出している。近未来的なルックスにベルトドライブ、内装変速。デローザの提案する新しいスポーツユーティリティバイクとは型にはまることなく、自分らしく使うことで見えてくる。またその過程も楽しむことだ。

  • 完成車価格(Sport):¥750,000(税別)
  • 完成車価格(Urban):¥680,000(税別)
  • サイズ:49、52、56
  • カラー:White、Chrome、Grey Metal
  • メインコンポーネント:SHIMANO ALFINE ベルトドライブ内装8段

前年度モデルはこちらから

まとめ

さすがイタリアブランドというような、おしゃれなデザインが目立つ。ただ見た目だけではないのがデローザ。しっかりとした空力性能、高い剛性、軽量性どれをとっても超一流なブランドだ。

All photos (C)NICHINAO SHOKAI
LINK:DE ROSA

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

あわせて読みたい!

WRITTEN BYけーゆー

関西在住大学生。幼いころから知らない土地に自分の力で行くことが好きだった旅人気質。大学生になり自転車でお遍路や北海道一周を達成。ついてはスポンサーをつけてベトナム縦断も達成。今後も世界中をこの目で見てまわりたい!

他の記事も読む

pagetop