トレックのシクロクロスバイク「Crockett」(クロケット)と「Boone」(ブーン)が新しくなって登場

トレックのシクロクロスバイク「Crockett」と「Boone」が新しくなって登場した。共に前後12mmスルーアクスル、フラットマウントディスクブレーキ、SRAMのフロントシングルギアのドライブトレインを搭載するなど、最新のトレンドをしっかり取り入れた仕様となっている。

カーボンフレームのBooneは、エンデュランスロードの代名詞であるDomaneシリーズと同じフロントとリアIso Speedテクノロジーが搭載され、その優れた振動吸収性により荒れた路面を快適に走れるようになる。

アルミフレームのCrockettは300シリーズAlphaアルミニウムを新たに採用することで従来モデルより約150gフレームの軽量化を実現している。

image
image

Boone 5 Disc

Boone 5 Disc
Boone 5 Disc

価格:362,000円(税抜)
主な特徴:

  • 600シリーズOCLVカーボン製のフレームは、驚異的な軽さと過酷なシクロクロスのレースに必要な強度が備われている
  • フロントとリアのIsoSpeedテクノロジーが荒れた路面を滑らかにする
  • フラットマウントディスクブレーキと前後のスルーアクスルが精確な制動力を実現する

Crockett 5 Disc

Crockett 5 Disc
Crockett 5 Disc

価格:200,000円(税抜)
主な特徴:

  • 剛性の高い300シリーズAlphaアルミ製フレームで、世界トップレベルの選手たちと開発したジオメトリーが搭載
  • ストラングルホールドエンドにより、ジオメトリーの微調整やシングルスピ―ドへの変換が容易
  • フラットマウントディスクブレーキと前後のスルーアクスルが精確な制動力を実現する

トレックのシクロクロスバイク一覧はこちら

WRITTEN BYFRAME編集部

FRAME編集部はロードバイク、MTB、ミニベロ、トライアスリートなど、全員が自転車乗りのメンバーで構成されています。メンテナンスなど役立つ情報から、サイクリングのおすすめのスポット情報、ロードレースの観戦まで、自転車をもっと楽しくするライフスタイル情報をお届けします。 https://jitensha-hoken.jp/blog/

他の記事も読む

関連記事