「あ、あの自転車、すっと細くて真ん中の三角形が水平でキレイ」と思ったら「あれはクロモリだよ」と教わったーークロモリのロードバイクとの出会いはまず「見た目の美しさ」から、という人、多いのではないだろうか。

でもクロモリのロードバイクって、スポーツバイク専門店に行ってもなかなか出会えなかったり、情報を集めようとしても「ツウ」の趣味人が乗るものとして専門店でもWebでも敷居が高かったりする。ものによってはオーダーがマストのクロモリフレームもある。

そこで、クロモリのロードバイクの基本知識と魅力を初心者にわかりやすく解説。代表的なクロモリをタイプ別にまとめてみた。

「クロモリ」とはどんなもの?



クロモリとは、鉄(スチール)にクロモとモリブデンが添加されたもの。その他、ニッケルバナジウム鋼、マンガンモリブデン鋼、ニッケルクロムモリブデン鋼などがあり、それらを総称してクロモリと呼ぶ。自転車のフレーム素材としては長い歴史があり、ロードバイク、MTB、シクロクロスなど様々な車種に使用されている。重量の点を除けば、強度や振動吸収性など、自転車フレームとしては理想的な素材のひとつである。軽量なアルミやカーボンの台頭により主流からは外れることになった現在だが、根強いクロモリ・ファンも数多い。

クロモリの長所と短所


長所は価格が低く設定できること。そして製造設備が簡単に済み、保守や整備も高度な専門知識を必要としない点がある。前述した通り、振動吸収性に優れ、耐久性が高い。プロ競技など特殊な環境を除き、通常の使用なら数十年乗り続けられるとも言われている。大きな損傷以外は修理できる。

逆に短所は、鉄の宿命として錆びること。ただし海岸や雨ざらしで放置しない限り、強度に影響しない表面だけである。また比重が大きいことと錆対策の兼ね合いから、重量軽減化が難しいのが難点だ。

パイプメーカーも多種多様


自転車用クロモリパイプを製作しているメーカーは、カイセイ、レイノルズ、タンゲなどがあるが、最も人気のあるのはイタリアのコロンバス。下記紹介するバイクの多くが同社製パイプを使用している。なかでも「SL」は歴史深いパイプで、過去にはデローザの最高級クロモリフレームに採用されるなど、長い間コロンバスを支え続けている。クラシカルなイメージでクロモリフレームを選ぶなら、第一条件で採用したいパイプである。

溶接の美しさもクロモリの魅力


トマジーニ「TECHNO」のヘッドラグ。
▲トマジーニ「TECHNO」のヘッドラグ。美しさに萌える。

溶接を行うトマジーニの職人。
▲溶接を行うトマジーニの職人。この手仕事がクロモリを支えている。

クロモリフレームは溶接が命。パイプ同士を繋ぐ継手のような役割を持つ部分だが、ただの継手ではなく、自転車のデザイン性が大きく左右される箇所である。フレームの溶接方法には、主にラグ溶接、ラグレス溶接、TIG溶接の3つ。ハンドメイドクロモリフレームには、ラグ溶接とラグレス溶接が多い。TIG溶接よりも高級感とオリジナル性を醸し出せるからだ。TIG溶接は安価で強度が得られる特徴もあるが、仕上がりの美しさで言うと、ラグ溶接とラグレス溶接が一歩リードしている。

タイプ別に見る、クロモリロード25選


最初の1台にしたいコスパ良好モデル


BASSO GAP


BASSO GAP
1977年産のデザインをそのまま採用したヴィンテージテイストあふれる一台。クラシカルな造形は旧車ファン以外の人にも訴求力がたっぷりある。コンポーネントはシマノ・クラリスを搭載し、カラーによって価格が変動。

コンポーネント:シマノ・クラリス
サイズ:480、500、520、540
カラー:トリコロール、ブラック×ホワイト
価格:108,000円(トリコロール/税抜)
   98,000円(ブラック×ホワイト/税抜)

JAMIS QUEST COMP


JAMIS QUEST COMP
1988年に生まれ、アップデートを繰り返してきた「クエスト」シリーズ。なめらかな走りのクロモリ素材をもとに、長めのヘッドチューブと寝かせ気味のヘッド角でハンドリングはゆったり。また、やはり長めのホイールベースで疲れにくい。リアギヤには最大歯数32Tを選択し、長距離をのんびり走りたいサイクリストに配慮している。

コンポーネント:シマノ・ソラ
サイズ:48、51、54cm
カラー:サハラシルバー
価格:110,000円(税抜)

MARIN NICASIO


MARIN NICASIO
1986年、カリフォルニア州マリン郡で設立された自転車ブランドのマリン。他のメーカーにはないデザイン性に優れており、しなやかで疲れ知らずのクロモリフレームが人気を得ている。そんな魅力が詰め込まれているのが2018年モデルのニカシオ。精悍なデザインで、長めのヘッドチューブが街乗りからロングライドまで対応する。

コンポーネント:シマノ・クラリス
サイズ:50、52、54
カラー:サテンダークブラック
価格:90,000円(税抜)

スタンダートを求めるなら、このモデル


ビアンキ SELVINO


ビアンキ SELVINO
青空を意味する「チェレステ」がカラーアイコンのビアンキ。現存する自転車メーカーで最も古い歴史を持つ老舗イタリアン・ブランドだ。ここで紹介するのはクラシカルなクロモリ製セルヴィーノ。コンポーネントにカンパニョーロ・ヴェローチェを配した、高級感がありながらも求めやすい価格となっている。

コンポーネント:カンパニョーロ・ヴェローチェ
サイズ:49、51、53、55、57
カラー:チェレステ・クラシッコ
価格:173,000円(税抜)

GIOS FELLEO


GIOS FELLEO
1948年、イタリアのトリノ北部でトルミーノ・ジオスによって創業された老舗レーシングブランドのジオス。特徴あるカラーの「ジオスブルー」が人気だ。本機はコロンバス社製クロモリチューブとオリジナルカーボンフォークによるモデル。コンポーネントにシマノ・105を搭載し、クロモリチューブとの融合が高い走行性能を発揮する。

コンポーネント:シマノ・105
サイズ:480、500、520、540cm
カラー:ジオスブルー
価格:168,000円(税抜)

KHS CLUB1500


KHS CLUB1500
強さとフレキシビリティーを兼ね備えた軽量クロモリ・シームレスチューブ「TANGE PRESTIGE」を採用。KHS台湾工場の卓越したウェルディング技術により生み出された逸品だ。乗り心地はしなやかな中に芯があり、ロングライドに適している。

コンポーネント:シマノ・105
サイズ:480、520、560mm
カラー:クロームシルバー
価格:180,000円(税抜)

サーリー CROSS-CHECK


サーリー CROSS-CHECK
様々なバイクスタイルが選択可能なオールラウンドモデル。デザイン的にはシクロクロスがベースだが、通勤・通学からツーリング、レースまで、乗り手の個性を引き出せるモデルである。長く付き合える相棒としてぴったりだ。

コンポーネント:シマノ・ティアグラ
サイズ:42、46、50、52、54、56、58、60、62、64cm
カラー:ミュールマグ、グロスブラック
価格:178,200円(税抜)

ラレー CRR CARLTON-R


ラレー CRR CARLTON-R
定評あるレイノルズ631フレームを採用。エアロ効果と美観を抱いたワイヤー内蔵設計に加え、コロンバス社製の軽量カーボンフォーク、チューブレス使用も見据えた高性能ホイールを標準装備している。英国の伝統と豊かな個性が継承された一台。

コンポーネント:シマノ・アルテグラ
サイズ:480、520、560mm
カラー:グロスブラック
価格:295,000円(税抜)

クロモリの命・溶接の美に萌えたい!


トマジーニ SINTESI


トマジーニ SINTESI
コロンバス社製の「NEURON」というスチールチューブを使用した、細身のスタイルが印象的なモデル。バネ感のあるキビキビした走りが楽しくなるイタリアンハンドメイドバイクである。ヘッドチューブのラグ、シートステー、チェーンステー、さらに組み合わされるフォークもメッキ仕上げが施されている。

サイズ:49、51、53、55
カラー:16EB、8Z
価格:300,000円(フレームセット/税抜)

FUJI SINARI


FUJI SINARI
2015年まで販売されていた人気のハイグレードなクロモリロードが待望の復活。レイノルズ525バテッドクロモリチューブをラグで繋ぎ、右チェーンステーやヘッドラグに施されたクローム処理の美しさが際立つ伝統的なホリゾンタルフレームを採用している。ライドフィールはクロモリ特有のシルキーで乗り手の負担が少ない上品さ。

コンポーネント:シマノ・105
サイズ:49、52、54、56cm
カラー:ダーククローム
価格:260,000円(税抜)

コガ RANDONNEUR LIMITED


コガ RANDONNEUR LIMITED
フル装備の長距離ツーリング向けに開発されたスチールフレーム・ランドナー。ラグによって滑らかに接がれたフレームが魅力的なモデルだ。世界一周もこなす本格トラベルバイクとして機能し、様々なカスタマイズに対応できるのが魅力だ。

サイズ:500、540mm
カラー:Anthracite Grey Metallic、Solid Black
価格:249,000円(フレームセット/税抜)

MASI GRAN CRITERIUM CLASSICO


コガ RANDONNEUR LIMITED
グランクリテリウムというモデル名は、1970年代初頭から何年もの間フラッグシップモデルの座に位置していた名車から受け継いだもの。その印象的なヴィンテージバイクを再現するため、コロンバスのクロモリチューブをメッキラグによって組み付けたのが本機だ。古典的なクロモリバイクらしさがある、比類なき美しさだ。

コンポーネント:カンパニョーロ・ヴェローチェ
サイズ:50、52、54、56
カラー:シャンパン
価格:280,000円(税抜)

ロングライドの頼れる相棒


コナ WHEELHOUSE


コナ WHEELHOUSE
レイノルズの853ハイエンドクロモリチューブを採用。シャープで滑らかな乗り心地とクラシックな見た目がポイントだ。路面の振動を優しくいなす特殊形状のカーボンフォークに30Cの太目のタイヤを装備。長時間のツーリングやグランフォンドにも最適。

コンポーネント:シマノ・ティアグラ
サイズ:49、52、54
カラー:グロスレーシング・グリーン
価格:217,000円(税抜)

ルイガノ LGS-LCR


ルイガノ LGS-LCR

軽量なダブルバテッド・クロモリチューブを採用したレーシングロード。重量ではカーボンやアルミに劣るものの、一度乗ればクロモリ特有な加速感に病み付きになるだろう。ペダルを踏み込んだパワーを着実に受け止め、独特のバネ感によりバイクの推進力に変換。路面からの衝撃を吸収するしなやかさも持ち合わせ、レースからロングライドまで優れた乗り心地を味わうことができる。

コンポーネント:シマノ・105
サイズ:460、500、540
カラー:アイロンブルー、LGレッド
価格:235,000円(税抜)

質実剛健が魅力の国産メーカー


ミヤタ ITAL SPORT


ミヤタ ITAL SPORT
一部コロンバス社製チューブを採用したクロモリロード。700×25Cサイズのタイヤを標準装備している。コンポーネントはシマノ・ティアグラ。前2段×後10段の計20段変速を搭載し、11-32Tのワイドレシオなのでロングライドからヒルクライムまで様々なシーンに対応可だ。

コンポーネント:シマノ・ティアグラ
サイズ:48、50、52、54、56
カラー:ポーラーシルバー、クリムゾンレッド
価格:128,000円(税抜)

ブリヂストン・アンカー RNC7 EQIPE


ブリヂストン・アンカー RNC7 EQIPE
クロモリの理想的な応力、強度、軽さ、そして振動吸収性をスピニングバテッドとバルジ成形により引き出したネオコットフレーム。BB部には独自ラグを採用して開発当時の面影を残すが、そこ以外はラグを使わず独創的な形のパイプを溶接している。乗り心地は芯のある剛性感と圧倒的にしなやかな走りを両立。

コンポーネント:シマノ・105
サイズ:490~590mm(10mm刻み)
カラー:エッジレッドほか全70色
価格:170,000円(フレームセット/税抜)
   260,000円(完成車/税抜)

アラヤ EXCELLA SPORTIF


アラヤ EXCELLA SPORTIF
トラディショナルな工法に則ったスポルティフ本来の美しさの中に、リヤ10速コンポーネントなど現在のロードバイク機能を積極的に採用している。総重量10kg台に仕上がり、キャリアやフェンダーを外せば9kg台。ヴィンテージな雰囲気を味わえるロードとしても十分機能する、タイトなフレーム設計も大きな魅力だ。

コンポーネント:シマノ・ティアグラ
サイズ:510mm
カラー:ディープブルー、ブラウンブラック
価格:216,000円(税抜)

コーダーブルーム GIGLIO 1.1


コーダーブルーム GIGLIO 1.1
日本人が企画開発した、日本人のためのスポーツバイクを展開しているブランドの一台。伝統的なクロモリロードバイクが持つ華麗さと、熟練した職人が作る技術の結晶によって生み出された最高級モデルだ。フレームチューブはカイセイ、コンポーネントはシマノ・アルテグラ、ハンドル&ステムはNITTOなど「メイド・イン・ジャパン」にこだわっている。

コンポーネント:シマノ・アルテグラ
サイズ:490、510、530、550mm
カラー:ダークブルー、レッド、シルバー、ダークグリーン、ゴールド
価格:520,000円(税抜)

パナソニック ORCC21


パナソニック ORCC21
一見クラシカルなバイクに見えるが、十分にレースで戦えるポテンシャルを秘めたスチールモデル。素材はクロムモリブデン鋼にニッケルを加えることで粘りを持たせたニッケルクロモリチュービングだ。この粘りは時に硬く感じるかもしれないが、薄肉化することでしなりが生まれ、絶妙なバネ感を発揮する。

コンポーネント:シマノ・アルテグラ/105
サイズ:460~630mm(10mm刻み)
カラー:ソリッドほか全33色
価格:313,000円(シマノ・アルテグラ/税抜)
   268,000円(シマノ・105/税抜)

ナカガワ ANNIVERSARY MODEL


ナカガワ ANNIVERSARY MODEL
1983年に生まれたハンドメイド工房によるフラッグシップモデル。トップやシートチューブ、フォークステアリングまでがカーボンハイブリッド仕様となり、これまで培われた技術が集約された一台となっている。5年ごとの節目に毎回改良を加えたモデルをリリースされているが、30周年ではトップとシートチューブに窓抜き加工が施され、他では見られないオリジナリティを存分に放っている。

価格;475,200円~(オプションあり)

フレームセットで自分好みの愛車を


チネリ VIGORELLI ROAD


チネリ VIGORELLI ROAD
チーム・チネリクローム・ヴィゴレッリスチールのロード版レプリカ。2016年にクリテリウム・ライダーの間で高い評価を得たヴィゴレッリスチールは、専用コロンバス・スローンチューブによる優れたハンドリングを実現し、新世代のクリテリウム・ジオメタリーを採用している。

サイズ:XS、S、M、L、XL
カラー:エレクトリック・フィール
価格:98,000円(フレームセット/税抜)

デローザ NEOPRIMAT


デローザ NEOPRIMAT
コンセプトは純粋なレーシングフレーム。ブランド創設者のウーゴ・デ・ローザ直伝、溶接時の残留応力を一切感じさせない熟練の技術が生きているモデルだ。奇麗にしなって奇麗に戻る絶妙なウィップ感により、実重量を思わせないほど軽く滑らかに進む。2018年モデルでは、オプションで1インチのカーボンフォークを選べるようになった。

サイズ:47~61(1cm刻み)
カラー:グレイブラックグロッシー、ボルドーホワイトグロッシー、デローザサンティニグロッシー、イエロースカイ、ブルーグロッシー
価格:289,000円(フレームセット/税抜)

エディ・メルクス ROUBAIX 70


エディ・メルクス ROUBAIX 70
高名なロードレーサー、エディ・メルクスが全盛期に所属していた「ファエマ」のチームカラーをまとったフレーム。長めのヘッドチューブとクロモリらしい小気味の良いウィップを活かした走りが楽しめる、オーセンティックなモデルだ。

サイズ:XXS、XS、S、M、L
カラー:ファエマ・チームカラー
価格:270,000円(フレームセット/税抜)

ボッテキア LEGGENDARIA COLUMBUS SPRIT


ボッテキア LEGGENDARIA COLUMBUS SPRIT
伝説と名付けられたフレームとフォークは、ヴェネツィアの職人の手により伝統的な手法でパイプを切り、ロウ付けし、すべてイタリアで手作りされたモデル。パイプは前三角にトリプルバテッドのコロンバス・スピリット、後三角にはダブルバテッドのコロンバス・クロモールを採用し、スペシャルラグとダイキャストのフォーククラウンで仕上げている。

サイズ:47~64cm(1cm刻み)
カラー:レッド×ホワイト、ブラック×ホワイト
価格:280,000円(フレームセット/税抜)

コルナゴ MASTER X-LIGHT


コルナゴ MASTER X-LIGHT
1983年の登場からほとんど姿を変えていないロングセラーモデル。精巧なラグやメッキの美しさ、そしてクラシカルなカラーリングは他に類を見ないほど完成度が高い。ジルコ加工と呼ばれる星形断面に成形したパイプ形状はマスターの専売特許である。1インチのストレートフォークは直進安定性が高い乗り心地で、重厚感のあるどっしりとしたハンドリングを約束している。

サイズ:490~600cm(10mm刻み)
カラー:OFJW、OFJR、LX4、LX10
価格:330,000円(フレームセット/税抜)

まとめ


ヴィンテージ風のトラディショナルなタイプからレーシーなタイプまで、様々なクロモリ素材の自転車が今でも息づいている。乗り手の個性に応じて、どんなシーンでも活躍するモデル群。決して古いものではなく、新たな路を探求してくれるものばかりだ。お気に入りが見つかったら一期一会。あなたもクロモリの魅力にハマってみよう!