ロードバイクとクロスバイクの違いとは?目的別おすすめの自転車

ロードバイクとクロスバイクの違い

ロードバイクは、クロスバイクと比較すると金額はやや高めで、タイヤは高速走行用に細くなっています。そのため、低速では安定性が悪くなります。前傾姿勢で乗るドロップハンドルは長時間走行でも疲れにくく、スピードを出しやすくなります。

クロスバイクはロードバイクと比較すると、やや安めの価格帯から品揃えがあり、金額レンジが広くなります。ハンドルはマウンテンバイクのようなストレートハンドル。少々荒れた道も走ることが出来ます。

また、クロスバイクのハンドルはストレートタイプなので、ロードバイク程の前傾姿勢にはなりません。ドロップハンドルは、慣れないうちは多少違和感があるかも知れませんが、慣れると前傾姿勢の方が走りやすく、ドロップハンドルでないと走りにくいと感じるようになります。

このように、クロスバイクにするかロードバイクにするかは、どんな道を走るのか、どのくらいの距離を走るのか、どんな目的で走るのか、予算はどのくらいあるかなど、色々な条件でおすすめが変わってきます。ここに、目的別で条件を整理してみましたので、もしどちらにするか迷っているのなら、ぜひ一度チェックしてみてください。

休日には自転車でサイクリングに行こうと思っている人

□ 街中を探索したり、景色の良い川沿いを走ったりしたい
→あちらこちら移動するなら、クロスバイクをどうぞ。舗装道にも、土手のサイクリングロードにも対応できます。

□ 事前にルートを決めないで、とにかく乗って自由に走りたい
→舗装以外の道も走れるクロスバイクをどうぞ

□ 気に入ったルートがあり、舗装路をひたすら一心に走りたい
→ ロードバイクです。走ることだけに集中して、一気に駆け抜ける爽快感はロードバイクならではです。

運動がわりに自転車で走りたい、と思っている人

ページ :  

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします


Twitterで Frame : フレイム をフォローしよう!

Written by FRAME編集部

FRAME編集部です。