ケッターサイクルなら1台2役で長く乗れる!いつもぴったりサイズで快適さもキープ

子どもが外で元気に遊べるように、ペダルなし自転車を探しているという方。いずれ自転車に乗り換えることを考えると、ペダルを後付けできるものなら1台の購入で済むのでは? そう考えますよね。

ペダルを後付けできる足けりバイクの中でも、ケッターサイクルに興味がある、購入を前向きに考えているという方、どのような特徴があり、どのように選べば良いのかを知って、納得のいく買い物にしましょう!

ケッターサイクルの特徴

ケッターサイクル 12インチ 
ケッターサイクル 12インチ

まず、ケッターサイクルの特徴から見てみましょう。

足けりモードと自転車モードで1台2役をこなす!

ケッターサイクルは足けりモードと自転車モードで1台2役をこなす

ケッターサイクルは、補助輪をパスして自転車に乗れるようになる足けりバイクです。それだけでなく、ペダルを後付けすることで自転車にもなるというもの。
足けりモードで楽しみながら乗っているうちに、自然とバランス感覚が身に付きます。慣れた頃にペダルを付けて自転車モードにしてあげると、スムーズに乗りこなせるように。

足けりバイクから自転車に乗り換えると、バランス感覚は身についているのでスムーズに乗れるようにはなります。けれど、乗り慣れた足けりバイクがそのまま自転車に変身するのなら、子どもはよりスムーズに慣れることができます。
パパやママにとっても、足けりバイクと自転車を買うよりも、1台で2役をこなしてくれるケッターサイクルのほうが金銭的にも嬉しいですよね。

ペダルの取り付けだって簡単!

ケッターサイクルはペダルの取り付けが簡単

ペダルを取り付けられると言っても、その作業が大変だと負担を感じてしまいます。けれど、取り付けはとても簡単!

わかりやすい説明書が付いているので、自宅でも約5分で取り付けできます。工具は付いていないので用意しなければいけません。
必要な工具は、プラスドライバーと10mmスパナ(10mmボックスレンチでもOK)です。作業用の軍手をご用意ください。

所要時間と用意する工具がたったこれだけなら、自転車にチャレンジしたい!という子どもの気持ちにも即座に応えてあげられますね。
もちろん、自転車モードにチャレンジしたけれどやっぱりまだ早かった、というときもササッと元に戻してあげられます。

ケッターサイクル 動画マニュアル

超低床フレームで乗りやすい

ケッターサイクルは足つきのいい超低床フレーム

ケッターサイクルは足つきのいい超低床フレームです。地面にしっかりと足がつくかどうかは、子どもの不安を取り除いてあげるための大切なポイントとなります。
足けりモードでは、しっかりと地面を蹴ることができるので前に進みやすくもなりますよ。

「マルチアジャスト機構」で長く乗れる

ケッターサイクルは「マルチアジャスト機構」の採用により長く乗れる

1台で2役をこなすケッターサイクルは、長く乗れるのが魅力です。けれど、成長期の子どもたちはその間にもどんどん身体が大きくなります。

キックバイクとして買ったころにはちょうど良かったサイズでも、自転車モードで乗る頃には小さくなっている…そうなっては長く乗れるという魅力もなくなってしまいます。
そこで、ケッターサイクルは体の成長面からみても長く乗れるように、独自のフレームデザイン「マルチアジャスト機構」が採用されています。

「マルチアジャスト機構」は、ハンドルとサドルの伸び幅が極端に長く、ハンドルとサドルが離れるように伸びます。これなら、サドルを上げたせいで膝がハンドルに当たって漕ぎにくいという心配もありません。
最大だと約5年間、ピッタリのサイズで乗ることができますよ。

装備が充実しているので嬉しい!

ケッターサイクルは子供の自転車デビューにうれしい機能が標準で装備されている

キックバイクのなかにはブレーキが付いていないものもありますが、最終的に自転車として乗れるケッターサイクルには前輪と後輪の両方にブレーキが付いています。
スタンドももちろん標準装備されているので使わないときもスマート。

サドルの後ろにあるキャッチハンドル(14インチ~)

サドルの後ろにあるママキャッチハンドル(14インチ~)は、自転車モードのサポートをするときに役立ちます。交通ルールがまだ身についていない子どもをとっさにキャッチすることもできるので便利ですね。

オプションでカゴとドロヨケを取り付けられる
オプションでカゴとドロヨケを取り付けられる

標準装備ではないですが、必要に応じてカゴとドロヨケも付けられますよ。
ワイヤーバスケットは12インチ~、ドロヨケは14インチ~から付けることができ、公式HPの組み合わせシミュレータで、どの色にするか、どの組み合わせにするかを楽しみながら決めることができます。

購入のしやすさも魅力

小さな子どもがいる家庭では、買い物に行くのも一苦労…ということもありますよね。ですから、購入のしやすさも大切です。ケッターサイクルはトイザらスやイオンバイクの店舗とオンラインショップで購入できますし、楽天市場やAmazon、サイクルベースあさひのオンラインショップなどでも購入できます。
イオンバイクの店舗には試乗車がある場合も。近くの店舗で試乗してから購入したいという場合は対応店舗を調べてみてくださいね。

▶ケッターサイクルの販売店舗はこちらから

ケッターサイクルのサイズと選び方

ケッターサイクルのサイズ【目安表】

サイズ 目安年齢
12インチ 2~6歳
14インチ 3~7歳
16インチ 3.5~8歳
18インチ 4~9歳

キックバイクや自転車を選ぶときは、タイヤサイズで判断するのではなく、体の大きさに合ったサイズを選ぶことが大切です。
同じタイヤサイズでも、サドルの最低の高さやハンドルまでの距離は製品によって違うから。

サイズ選びのポイント

ケッターサイクルのサイズを選ぶときのチェックポイントは2つです。

サドルの高さ

まず、両足がしっかりと地面に届くこと。小さな子どもは、ブレーキ操作がまだ苦手なこともあります。足を使って止まる、を直感的に行いますが、足が届かないと怖さを感じてしまったり危険が伴うことも。両足がしっかり地面に届くかを確認しましょう。

ケッターサイクルは低床設計なので、両足がしっかりと地面に届くならワンサイズ大きめでも大丈夫です。この点からも、タイヤサイズだけで判断できないことが分かりますね。

ハンドルの位置

背すじが伸びると視界が広くなる
背すじが伸びると視界が広くなる

もうひとつのチェックポイントは、サドルにまたがったときに背中がまっすぐに伸び、ひじが軽く曲がる位置にハンドルがあるかどうか
ハンドルが遠く前傾姿勢になってしまうと、子どもは怖さを感じてしまいます。それだけでなく視界も狭くなってしまいます。
ハンドルが近すぎると逆にひじが大きく曲がって窮屈さを感じてしまい、ハンドル操作が難しくなるので注意しましょう。ケッターサイクルはサドルとハンドルの位置が離れていくように伸びるので、高さを調節しても乗りやすいサイズ感をキープできます。

ケッターサイクルとへんしんバイクの違い

へんしんバイク

ケッターサイクルの購入を検討していると、同じくペダルを後付けできる「へんしんバイク」も気になるところ。ケッターサイクルとへんしんバイクの違いを見てみましょう。
主に、タイヤサイズが同じ「ケッターサイクル12インチ」と「へんしんバイク2」で比較していきます。

ケッターサイクル12インチ・へんしんバイク2【比較表】

ケッターサイクル12インチ へんしんバイク2
価格(税込) 17,473円* 22,000円
対象年齢 2~6歳 2~5歳
シートの高さ調節 33~48cm 33~43cm
ハンドルの高さ調節 52~60cm
重さ 足けりモード約5.8kg
自転車モード約7.8kg
バランスバイクモード4.5kg
キッズバイクモード6.6kg
カラー ブルーミングホワイト 赤・青・黄・ピンク・パープル・エメラルドグリーン・パステルブルー
販売店舗 トイザらス・イオンバイクの店舗とオンラインショップ、楽天市場・Amazon・サイクルベースあさひのオンラインショップなど アルペン・スポーツデポ・オリンピックなど取り扱い店舗、公式サイト

*オープン価格のため執筆時Amazon価格を記載

また、同じ12インチでも低床設計かどうかで大きな違いが生まれます。例えば、3歳での購入を検討すると、一般的なサイズ目安を参考にすると12インチを選びます。けれど、平均身長よりも小さい子どもだと12インチでは足が地面に届かないということも。ケッターサイクルもへんしんバイク2も、サドルの一番低い高さは同じ33cm。子どもが平均身長よりも小さいということなら、地面に足がつきやすい底床設計のものがおすすめです。サドルの高さを調節できる範囲は、ケッターサイクルの方が5cm長くなっています。

ケッターサイクルは4サイズ5色展開
ケッターサイクルは4サイズ5色展開

そして、ケッターサイクルのサイズ展開は12インチ・14インチ・16インチ・18インチですが、へんしんバイク2は12インチのみという違いもあります。
どちらも身長に合わせてサドルの高さを調節できますが、ハンドルの高さも調節できるのはケッターサイクルだけです。

サイズの選び方でも触れたように、サドルの高さだけでなくハンドルの高さも調節できるとピッタリのサイズ感で長く乗ることができます。1台で長く乗るという点を重視したい方にもケッターサイクルがおすすめです。

ここでは「へんしんバイク2」との比較をしましたが、他にもペダルの付けられるキックバイクがあります。

▶ペダルのつけられるキックバイクはこちらをチェック!

ケッターサイクル 全モデル

ケッターサイクルは4つのモデルから選べます。モデルごとのカラーやスペックを見てみましょう。

12インチ(YGA311)

ケッターサイクル 12インチ

ケッターサイクルの中で一番小さなサイズが12インチ。対象年齢の目安は2~6歳です。カラーはブルーミングホワイトのみ。
ケッターサイクルの中で唯一、発泡ウレタンタイヤが採用されています。ゴムタイヤに比べると地面のグリップ力は劣ります。けれど、軽くてパンクの心配不要なのがメリット!ママキャッチハンドルは付いていないので、自転車モードの練習時に必要という方は注意してくださいね。

  • 価格:税込17,473円(執筆時Amazon価格)
  • 適応年齢・身長:2~6歳、約85cm~115cm(最大)
  • サイズ:12インチ
  • 重量:約5.8kg/約7.8kg
  • タイヤ:発泡ウレタンタイヤ
  • ママキャッチハンドルの有無:なし
  • サドル高:約33cm~48cm(最大)
  • ハンドル高:約52cm~60cm(最大)

ケッターサイクル 12インチをAmazonで見る

ケッターサイクル 12インチを楽天で見る

14インチ(YGA312)

ケッターサイクル 14インチ

14インチは3~7歳が対象年齢の目安です。カラーはブルーミングターコイズですが、イオン限定カラー:イエローと、イトーヨーカドー限定カラー:ブリリアントレッドも販売されています。
イオン限定カラーは「イオンバイクモール」でも購入でき、イトーヨーカード限定カラーは自転車を取り扱うイトーヨーカードの店舗で購入できます。みんなとは違うカラーを!という方は限定カラーを狙いましょう。
14インチはエアタイヤになり、地面へのグリップ力と乗り心地がアップします。けれど、自転車と同じように空気の補充とパンクには気をつけなければいけません。

  • 価格:税込20,418円(執筆時Amazon価格)
  • 適応年齢・身長:3~7歳、約90cm~120cm(最大)
  • サイズ:14インチ
  • 重量:約7.5kg/約9.1kg
  • タイヤ:エアタイヤ
  • ママキャッチハンドルの有無:あり
  • サドル高:約34cm~53cm(最大)
  • ハンドル高:約55cm~64cm(最大)

ケッターサイクル 14インチをAmazonで見る

ケッターサイクル 14インチを楽天で見る

16インチ(YGA313)

ケッターサイクル 16インチ

16インチの対象年齢目安は3.5~8歳です。カラーはブルーミングレッドのみ。
こちらもエアタイヤなので地面へのグリップ力が良く、自転車モードでグングン進みたくなっても乗り心地も良し!足けりモードでは14インチと変わらない重さですが、自転車モードにすると14インチよりも少しだけ重くなります。

  • 価格:税込21,100円(執筆時Amazon価格)
  • 適応年齢・身長:3.5~8歳、約93cm~125cm(最大)
  • サイズ:16インチ
  • 重量:約7.8kg/約9.7kg
  • タイヤ:エアタイヤ
  • ママキャッチハンドルの有無:あり
  • サドル高:約37cm~58cm(最大)
  • ハンドル高:約61cm~70cm(最大)

ケッターサイクル 16インチをAmazonで見る

ケッターサイクル 16インチを楽天で見る

18インチ(YGA314)

ケッターサイクル 18インチ(ブルーグレイ)

4~9歳が対象年齢目安の18インチは、2色のカラーが展開されています。こちらはブルーグレイ。スポーティー過ぎないデザインと柔らかカラーにパパやママも満足できそう。
16インチまでは制限体重が約25kg以下ですが、18インチの制限体重は35kg以下。サドルやハンドルの高さを変えられるだけでなく、制限体重もアップされているので体が大きくなってきても長く乗ることがきますよ。

  • 価格:税込21,400円(執筆時Amazon価格)
  • 適応年齢・身長:4~9歳、約100cm~130cm(最大)
  • サイズ:18インチ
  • 重量:約8.2kg/約10.5kg
  • タイヤ:エアタイヤ
  • ママキャッチハンドルの有無:あり
  • サドル高:約40cm~61cm(最大)
  • ハンドル高:約66cm~77cm(最大)

ケッターサイクル 18インチ(ブルーグレイ)をAmazonで見る

ケッターサイクル 18インチ(ブルーグレイ)を楽天で見る

18インチ(YGA315)

ケッターサイクル 18インチ(ラズベリー)

同じく4~9歳が対象年齢の目安となる18インチですが、こちらのカラーはラズベリーです。ピンクが好きな子は乗り物だってピンクを選びたい!
けれど、長く乗るものだから飽きない色を選びたいと思うパパやママ。ケッターサイクルはサドルとハンドルがキャメルなので、ラズベリーを選んでも甘くなりすぎず飽きる心配は不要かもしれません。

  • 価格:税込21,400円(執筆時Amazon価格)
  • 適応年齢・身長:4~9歳、約100cm~130cm(最大)
  • サイズ:18インチ
  • 重量:約8.2kg/約10.5kg
  • タイヤ:エアタイヤ
  • ママキャッチハンドルの有無:あり
  • サドル高:約40cm~61cm(最大)
  • ハンドル高:約66cm~77cm(最大)

ケッターサイクル 18インチ(ラズベリー)をAmazonで見る

ケッターサイクル 18インチ(ラズベリー)を楽天で見る

ケッターサイクル アクセサリー

ケッターサイクルに対応しているアクセサリーもチェックしておきましょう。
お気に入りの乗り物を大切にする気持ちも育みたいですね。

ケッターサイクル専用ワイヤーバスケット


ケッターサイクル専用 ワイヤーバスケット

こちらはケッターサイクル専用のワイヤーバスケットです。自転車モードをマスターしたら、パパやママの自転車のようにかごを取り付けてあげると子どもの気分も上がるかもしれませんね。
12インチ~取り付け可能ですが、自転車モードマスター後の取り付けが推奨されています。

  • 価格:税込3,300円(執筆時楽天価格)
  • カラー:ホワイト、キャメル、ブラック

ケッターサイクル専用ワイヤーバスケットを楽天で見る

ケッターサイクル専用前後ドロヨケセット


ケッターサイクル専用 前後ドロヨケセット

こちらはケッターサイクル専用のドロヨケです。カラーはキャメル・ネイビー・ブラックの3色から選べます。
対応モデルは14インチ~。12インチは対応していないので注意してくださいね。

  • 価格:税込2,200円(執筆時楽天価格)
  • カラー:キャメル、ネイビー、ブラック

ケッターサイクル専用前後ドロヨケセットを楽天で見る

キッズサイクルカバー

ピープル キッズサイクルカバー

ケッターサイクル全モデル対応のキッズサイクルカバーです。ケッターサイクルに限らず、幅広い車種のキッズサイクルにも対応しています。
自転車柄のデザインがかわいいだけでなく、防水加工された210デニールのオックスフォード生地でなので機能性もバッチリ!
子どものお気に入りを守ってあげることができます。

  • 価格:税込3,300円(執筆時楽天価格)

ピープル キッズサイクルカバーを楽天で見る

ケッターサイクルで遊ぶときの注意点

ヘルメットは必須アイテム
ヘルメットは必須アイテム

子どもに楽しく遊んで欲しいからこそ、ケッターサイクルで遊ぶときに気をつけたいことがあります。

公道では使用しない

まず、足けりモードは公道で使用できません。車の通る場所や人混みは避け、公園など安全に遊べる場所で使用しましょう。
自転車モードであっても、交通ルールが身についていない未就学児は公道走行はできません。

ヘルメットをかぶる

何をするときも、子どもの安全が一番大切ですよね。楽しく遊ばせてあげたいからこそ、ヘルメットは必ずかぶるようにしましょう。

保護者同伴で

乗り慣れてきても、ケガの心配がなくなったわけではありません。子どもが乗車しているときは絶対に目を離さないようにしたいですね。
また、自転車モードであれば小学生以上なら公道を走行することはできます。けれど、子どもの安全のためにも保護者同伴で安全の確保を最優先してくださいね。

▶子供用ヘルメットはこちらをチェック!

まとめ

ケッターサイクルの特徴やサイズの選び方、4つのモデルを紹介しました。1台2役こなすケッターサイクルなら、子どもだけでなくパパやママも満足できそうですね。
満足のいく買い物をして、子どもが楽しく遊ぶ姿から元気をもらいましょう!

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYにのみやえみ

お出かけ大好きなライターです。自転車であちこちに出没します。自転車に乗ってどこまでも行けるくらいの体力があると思っているけれど、本当のところは挑戦したことがないから分からない。子どもが大きくなったら、夫婦で自転車旅に出てみたいです。

他の記事も読む