LABOCLE(ラボクル)

LABOCLE(ラボクル)のレインカバーはスタイリッシュで機能的!だから雨の日もHAPPY

子供乗せ電動アシスト自転車は、晴れの日にはとても便利。その一方で「雨の日には乗らない」という方もいらっしゃるでしょう。実はレインカバーがあれば雨の日だって大活躍!雨の日も安心して子供を乗せるには、しっかりした設計のレインカバーが必要不可欠です。

子供乗せ電動アシスト自転車のレインカバーの種類は豊富にあり「どれを購入したらいいかわからない」というママはとても多いもの。せっかく購入するなら、スタイリッシュで機能的、そして雨の日もHAPPYになれるようなレインカバーがあればうれしいですよね。そこで、今回はLABOCLE(ラボクル)のレインカバーの特徴を徹底解説します。高評価な口コミもご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

口コミで高評価!LABOCLE(ラボクル)レインカバーとは?

LABOCLE(ラボクル)

LABOCLE(ラボクル)のプレミアムチャイルドシートレインカバーは、スタイリッシュなデザインと機能性の高さで、ママたちの間で人気が高いシリーズです。2015年の発売以来ママたちの声をもとに改良を重ねながらバージョンアップしてきました。それが現在の形となって、雨の日もHAPPYに走行できるレインカバーがリリースされています。

楽天市場やYahooショッピングのデイリーランキングで1位を獲得し、口コミでの評価も高いことがママたちに安心感を与えているレインカバーなんです。

【ブランド紹介】LABORATORY(研究所)+CYCLE(自転車)

『LABOCLE/ラボクル』は、デザインと機能性を兼ね備えた、より良い自転車アイテムを開発する研究所をコンセプトに生まれたブランド。
イメージキャラクターは雨のしずくと子供の笑顔がモチーフ。雨や風の日も「自転車に乗るひとときを笑顔で過ごせるように」という想いが込められています。

LABOCLE ラボクル 自転車用グッズ

LABOCLE(ラボクル)レインカバーの特徴

LABOCLE(以下ラボクル)のレインカバーは、お子様が快適に乗れることをベースにさまざまな観点から充実した機能が備わっています。レインカバーはサイズが大きいものが多く「見た目がよくない」というママも中にはいますが、ラボクルはすっきりとしたデザインが特徴的。にもかかわらず機能性抜群なんです。

そんなラボクルのレインカバーの特徴をご紹介します。

天井が高い!ひろびろ空間で快適


LABOCLE ラボクル 後ろ・リア用プレミアムチャイルドシート ver.03

棒状と板状、「線」と「面」の2種類の芯材を使った、時間が経ってもしっかり支える形状。型くずれせず、雨の日も屋根が落ちてきたりしないのがうれしいポイントです。天井が高く、広々とした空間は、まるで特等席のよう。雨の日でも快適な空間を保つことができます。さらに、カバー内のグリップ周りもお子様が握りやすいように設計されています。

雨の日にレインカバーの中が狭いと蒸れたり、湿気でジメジメしてしまいます。レインカバーが原因で自転車に乗るのを嫌がるお子さんは意外に多いもの。子供が乗って窮屈でないかどうかはとても大切なんです。

前面、両サイドに大きな透明窓があり、視界が広く圧迫感がないことも魅力。透明度が高くシワになりにくいビニールを使用しているから窓っぽさがアップ、外の景色がくっきり見えるのでお子さんもよろこんで乗ってくれます。ママの姿もはっきり見えて安心ですね。外からも子供の様子がよくわかります。

透明窓部分は雨が入りにくい二重構造で、雨が溜まっても水が抜けるよう設計されています。

ラボクルは雨が降り込まない程度にファスナーを開けることにより透明窓と足元から空気を取り込める。天気のよい日はファスナーを全開にして、透明窓をスナップボタンで留めれば、風を感じながら走ることも可能。

レインカバーは雨に濡れないために使うのが第一の目的ですが、すべて閉じてしまうと息苦しく感じてしまうことも…… ラボクルなら雨が降り込まない程度にファスナーを開けることにより透明窓と足元から空気を取り込めるので、息苦しくありません。

天気のよい日はファスナーを全開にして、透明窓をスナップボタンで留めれば、風を感じながら走ることもできます。雨の日も晴れの日も大活躍なのがラボクルのいいところです。

付け方が簡単

複雑なパーツや細かいネジなどがなく、付いているのは「説明書」「カバー取付板」「レインカバー本体」のみ。取り付け方もわずか3ステップで簡単にできます。

  1. チャイルドシートに取付板を装着
  2. チャイルドシートにレインカバーを被せる
  3. 形を整えて完成

最新モデルは従来のものに比べ取付板も留めやすく、外れにくく改良されています。朝は忙しい上に雨となると時間も遅れがちになりますが、ラボクルならたった5分程度で取付が可能。モデルごとに付け方のわかりやすい動画もあるので安心です。

一年中快適!劣化や色あせから守るカバーも

レインカバーは雨の日だけのものと思っていませんか?

レインカバーは雨だけでなく、砂ぼこりや花粉、PM2.5などからも子供を守ってくれます。風よけにもなるので、冬の防寒アイテムとしても大活躍!
さらに通気性をよくするための巻き上げ機能が付いているので、カバーの下部分をくるくると折り上げれば風が入って夏の暑い日も快適に使えるんです。
ただし、最高気温が30℃以上になる真夏日や炎天下などは、カバー内が高温・多湿になる可能性があるため注意しましょう。

レインカバーの劣化や色あせを防ぐためには、こまめに取り外すのがおすすめ。とはいえ小さなお子様がいて「こまめに外す時間がない!」というママも多いはず。ラボクルにはレインカバーの上から被せるカバーが2種類用意されており、こまめに取り外せない場合も劣化や色あせからレインカバーを守れます。

おしゃれなデザイン!選べる4色

ラボクルは選べる4色

雨の日には、街の中でレインカバーをしている子供乗せ電動アシスト自転車をよく見かけます。つい最近、ラボクルを前と後ろでつけている自転車を見たのですが、それがとってもスタイリッシュ!本体との色ともマッチしていてラボクルのレインカバーが欲しくなってしまいました。シックでおしゃれなカラーリングはラボクルの魅力のひとつ。まさにデザインと機能性を両立させたレインカバーですね。

カラー部分はキャンバス地のようなマットな質感の生地、ダークグレー部分には光沢のある素材を使用していて、異素材の組み合わせがこなれた印象を与えてくれます。

マットネイビー、マットブラック、マットグレー、マットベージュ×ダークグレーのツートンカラーはやわらかい雰囲気。シックなカラーが好きなママにはどれもおすすめです。例えば、ブラックはオールブラックからブラック×ダークグレーのツートーンになっているので、より柔らかくおしゃれ度もUPしています。

ちなみに、街で見かけたラボクルをつけていた子供乗せ電動アシスト自転車の色は、前も後ろもマットグレーで本体の色がカーキでおしゃれな雰囲気を醸し出していました。色もそうですが、ヨレヨレではないというのもおしゃれに見えるポイントだなぁと感じました。

※フロント用マットグレーは予約受付中。6月中旬頃より順次発送予定です。

丈夫で長持ち!メンテナンスも可能

カラー部分は600デニール、ダークグレー部分は420デニールの厚手で傷つきにくい生地を採用しています。縫製もしっかりしており、乗り降りの際に開け閉めするオープンファスナーにも丈夫なものが使われているので、乗せ降ろしするときも安心。開け閉めがスムーズで壊れにくいのも特徴です。

生地や透明窓の傷・破れ、摩擦により生地裏コーティングがの破れが生じた場合は、ナイロン補修シートや防水補修シートで補修もできます。また、撥水効果が薄れてきたときは「はっ水スプレー」が使えるので、メンテナンスしながら長く使えることも魅力です。

縁のパイピングにもはっ水加工がされているので、完全防水ではなくても雨が入り込んできません。

実際使用しているママからは

  • 「ラボクルは毎日つけていても生地がピンと張って見栄えがいい」
  • 「子供を乗せて移動することが多いので、形を維持できるものを選びました」
  • 「雨の日に毎回子供にレインコートを着せる手間が省ける」

という声が多く聞かれます。おしゃれで丈夫なラボクルは、忙しいママにもメリットがあるんですね。

乗せ降ろししやすい

前用はカバーの上部分がガバっと開くので、まだ小さいお子様でも抱っこしての乗せ降ろしがスムーズです。後ろ用は両側のファスナーが開閉でき、開いたカバーをスナップボタンで留められます。開けた状態をキープできるので、足がカバーに引っ掛かる心配もなく楽に乗せ降ろしができます。

主要メーカーの子供乗せ自転車に対応

自転車のチャイルドシート用レインカバーは、メーカーにより、取り付けできる車種が異なります。お使いの自転車に適合しているかどうか、必ずチェックしておきましょう。
ラボクルは以下の国内主要メーカーの子供乗せ電動アシスト自転車・チャイルドシートに対応しています。

  • パナソニックのギュット・クルーム、ギュット・アニーズ
  • ブリヂストンのビッケシリーズ
  • ヤマハPAS
  • マルイシ
  • OGKなど

適合するレインカバーの少ない後付けフロントチャイルドシートに取り付けられる「あと付けフロント用」もありますよ。

日よけ&虫よけネットがつけられる


日よけ・虫よけネット 後ろ用

後付けの前用レインカバーは天面用日よけネット付き。さらにすべてのモデルで別売の前窓用日よけ・虫よけネットを装着できます。日よけ・虫よけネットは紫外線遮へい率70%。雨や汚れだけでなく、日差しや窓を開けた時の虫からも子供を守ってくれるのでおすすめです。

夏になると、自転車の走行中にも虫が容赦なく飛んできます。虫刺されを気にするママはとても多いので、虫除けネットがあると安心です。また、気温が高くなってくると風を受けながら走行するとはいえ、日よけがあるとより快適。夏場の移動時間が長い時の熱中症対策にもなります。

盗難防止用リング付き

レインカバーはよいものだと盗難が心配になりますよね。

ラボクルはワイヤーロックを取り付けるアイレットリング付きだから、簡単に防犯対策が可能です。おそろいのロゴ入りでダイヤル式の「コイルケーブルカラビナロック」なら、簡単に取り付けられてよりおしゃれ。コインケーブルは伸びるので、自転車本体にもつけることができます。

かわいい反射マーク付き

前後と側面にかわいいラボクルのロゴの反射マークが付いているので、車からの被視認性がアップ!チャイルドシートやレインカバーは、夜には真っ暗に見えるため、反射マークは後ろのどこかにあるものがおすすめです。

LABOCLE(ラボクル)の取扱店

ラボクルは自転車アクセサリーのセレクトショップ「Con Spirito(コンスピリート)」で購入できます。コンスピリートは楽天市場、Yahoo!ショッピング、au PAYマーケットにあり、普段お使いのモールから購入するとポイントが利用できるのでお得です。

コンスピリート以外にも、Amazonや一部の自転車屋さんでも取り扱いがあります。

LABOCLE(ラボクル)取扱店一覧

LABOCLE(ラボクル)全モデル紹介

ラボクルのレインカバーの最新版は、プレミアムチャイルドシートレインカバーver.03 マットシリーズの全3タイプ。前用、後ろ用、後付けフロント用があるので、前後お揃いもできます。3人乗りの子供乗せ電動自転車は、レインカバーが前後お揃いだと断然おしゃれに見えるのでおすすめです。

  • フロント用(L-PCF03-600D)
  • あと付けフロント用(L-PCA03-600D)
  • リア用(L-PCR03-600D)

フロント用(L-PCF03-600D)


フロント用プレミアムチャイルドシートレインカバーver.03

ハンドルの中央にシートがあるフロントチャイルドシート用は、楽天ランキング デイリーランキングの「自転車・サイクリング部門」、「自転車アクセサリー部門」で3位を獲得した人気レインカバーです。

シンプルでスタイリッシュなすっきりしたデザインが好印象。カバー背面にも大きな窓があり、運転中も子供の様子がしっかり見えるのは、ママにとってうれしいポイントです。背面のファスナー付きのスリムポケットは小物入れに便利。レインカバー内ではお菓子を食べることも多いので、お菓子のゴミやハンカチ、除菌シートなどを入れておくのに役立ちます。

*ヘッドレスト無しのタイプ、後付けタイプ、海外製シートには装着できないのでご注意ください。

  • 価格:12,100円(税込)
  • カラー:マットブラック、マットネイビー、マットベージュ、マットグレー
  • 適応身長:1歳~身長100cmまで
  • カバー本体:1.3kg

【主な対象機種】

主な対象機種一覧

ブリヂストン
・ビッケ ポーラー
・アンジェリーノ
・アンジェリーノプチット
・アンジェリーノ ミニ

パナソニック
・ギュット・クルームEX クルームシート
・ギュット・クルームDX クルームシート
*サンシェードの同時装着はできません。
*カバーを装着すると低い位置からの乗せ降ろしができなくなります。

ギュットミニヤマハ
・PAS Kiss mini un (パス キッス ミニ アン)コクーンルーム
・PAS Kiss mini un SP(パス キッス ミニ アン)コクーンルーム
*カバーを装着するとシートの開閉機能が使えなくなります。

マルイシ
・ふらっか~ずシュシュ
・ふらっか~ずスティーナ
・ふらっか~ずプリミア
・ふらっか~ずアシスト

OGK (シート単体)
・HBC-005DX-MCP
・HBC-005DX-MCC
・HBC-005DX-MC
・HBC-003DX3
・HBC-012DX3

※対象機種はこちらのページで詳しく確認できます。

あと付けフロント用(L-PCA03-600D)


あと付けフロント用プレミアムチャイルドシートレインカバー

ハンドルの手前に後付けするチャイルドシート用のレインカバー。一体型だから装着も簡単!前かごを活かしながら取り付けできるので、荷物が多いママにもおすすめです。

フロント用よりもコンパクトですが、お子様の快適度はそのまま。天井部分がほぼ透明、前窓だけでなくサイド窓も全開できるから、子供の視界を妨げず、運転中も子供のようすがしっかり見えます。開けた窓はボタンで留めておけるので、晴れの日は風を感じられるのもうれしいポイント。天面用の日よけネットが標準装備されており、暑い日も快適に過ごせます。日よけネットはポケット内蔵式なので、なくしてしまう心配もありません。

前乗せチャイルドシートは後ろ乗せに比べ、レインカバーを装着したとき視界の確保が難しい傾向があります。運転者の身長によっては視界を遮る場合があったり、透明部分に日よけを取り付けた時に視界が確保しづらかったりするためです。

ラボクルのレインカバーは高さ調節が可能だから、視界を確保しやすいことがメリット。HPでは身長の異なるスタッフが、実際にレインカバーを装着したビッケ、ギュット・クルームに乗った時の目線の高さや感想を公開しています。日よけあり・なしの視界も写真つきで公開されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ラボクル_実際に乗ってみました

*ヘッドレスト無しのタイプ、ハンドル一体型(備え付けタイプ)、海外製シートには装着できないのでご注意ください。

  • 価格:13,750円(税込)
  • カラー:マットブラック、マットネイビー、マットベージュ、マットグレー
  • 適応身長:1歳~身長100cmまで
  • カバー本体:1.4kg

【主な対象機種】

主な対象機種一覧

パナソニック
・【前乗せ】ヘッドレストスライド式チャイルドシート
・【前乗せ】カジュアルチャイルドシート

ブリヂストン
・ビッケ
・ハイディ2用シート

ヤマハ
・コンフォート
・カジュアル

マルイシ
・コンフォート
・カジュアル

OGK
・コンフォート FBC-011DX3
・カジュアル FBC-015DX
・グランディア FBC-017DX:確認事項あり

※対象機種はこちらのページで詳しく確認できます。

リア用(L-PCR03-600D)


リア用プレミアムチャイルドシート ver.03

楽天ランキング デイリーランキングのスポーツ・アウトドア部門、自転車・サイクリング部門、自転車アクセサリー部門で1位を獲得した人気のレインカバーです。

装着した姿は、生地がしっかりしているから馬車のようでおしゃれ。他のレインカバーと比べてみても圧倒的にスタイリッシュです。
しっかりした作りで、空間が広々としているので、お部屋の中で過ごしているような感覚。従来品よりも天井が高くなり、より広くなっていて、雨の日もHAPPYになれますよ。

グリップ周りにゆとりがあり、子供がグリップを握りやすいのも安全ポイント。両サイドが大きく開き、左右どちらからでも乗せ降ろしできます。

*ヘッドレスト無しのタイプ、海外製シートには装着できないので注意ください。

  • 価格:13,750円(税込)*公式サイトでは記載なし。楽天・Yahoo価格
  • カラー:マットブラック、マットネイビー、マットベージュ、マットグレー
  • 適応身長:70cm~115cm
  • カバー本体:1.6kg

【主な対象機種】

主な対象機種一覧

パナソニック
・コンフォート
・カジュアル
・プレミアム/リールベルト付き
*バーが開く方からのみ乗せ降ろし可能。バーを全開にすることはできません。
・クルーム リヤシート
*サンシェードとの同時装着はできません。

ブリヂストン
・ビッケ
・ハイディ2
*バーが開く方からのみ乗せ降ろし可能。バーを全開にすることはできません。

ヤマハ
・コンフォート
・カジュアル
・デラックス
・ヘッドレスト付きグランディアリヤチャイルドシート:確認事項あり

マルイシ
・コンフォート
・カジュアル
・デラックス

OGK
・コンフォート FBC-011DX3
・カジュアル FBC-015DX
・デラックス FBC-007DX3
・グランディア FBC-017DX:確認事項あり
*ハニカム RBC-016DXには装着できません。

※対象機種はこちらのページで詳しく確認できます。

まとめ

一年を通して雨の日は多く、ちょっとの雨なら自転車で移動したいのがママの本音。レインカバーは価格が少し高くても丈夫なもの、機能性が高いもの、おしゃれに見えるものを選ぶのがおすすめです。雨の日は気分も落ち気味ですが、ママも子供も雨の日を快適に過ごせるようになれるといいですね。

Y’s Road オンライン アウトレットコーナー

WRITTEN BYあずさ

関西出身、東京に移り住んで4年目です。東京は坂が多く、電動自転車に毎日助けられています。 もはや愛車となっているMY自転車は、必ず年末になると「今年もありがとう。来年もよろしく」という意味も込めて、綺麗に洗車してピカピカにするのが私の使命です。

他の記事も読む