あなたはミニベロに対してどんなイメージを持っていますか?

  1. タイヤが小さくて走るのが大変そう
  2. サイズが小さく見えて窮屈そう
  3. モデルによっては長距離も難なく走れることができるらしい
  4. 小さいタイヤなのに比較的価格の高いモデルが多い


など、実はロードバイクやクロスバイクと比べて知られていないことが多いような気がします。

ひとくくりにミニベロと言ってもタイヤが細いものや太いもの、折り畳み式のもの、ハンドル形状が異なるものがあり、幅広いバリエーションはロードバイクやクロスバイク以上です。

今回は元自転車やで現役の自転車メカニックが、ミニベロとは何か?に加え、ミニベロを選ぶ上でのメリットとデメリットを解説。さらに多くのサイクリストから支持されている人気メーカーのミニベロを紹介していきます。

ミニベロとはどんな自転車?



ミニベロとは、20インチ以下のホイールサイズを採用した大人用の自転車です。サイズは20インチを最高に、18インチ、16インチ、小さいもので12インチのミニベロがあります。

ホイールサイズが20インチ以下であれば、折り畳み自転車もミニベロの部類に入るため、市場にはたくさんのラインナップが存在します。

ロードバイクのように軽くて速いフレームが高価だということは理解しやすいですが、ミニべロでも中には100万円以上するモデルがあるのです。これには様々な理由があり、例えば職人がハンドメイドで作っていたり、昔から同じ工法で製造している歴史あるメーカーであったりするからです。

ミニベロのメリット



種類が多く、かなり奥が深そうなミニベロですが、いわゆる一般的なホイールサイズの自転車と何が違うのでしょうか。ここでミニベロを選ぶ上でのメリットを上げてみましょう。

小回りがきく


ミニベロはタイヤが小さいことでハンドリングがしやすく、小回りがきく自転車です。車輪の小ささは停止状態からの漕ぎだしの軽さに貢献しており、信号で止まったり、走り出したりすることが多い街中では最適のバイクと言えるでしょう。

身長が小さい人でも安心


タイヤが小さいことで車高も低くなり、身長が低い方でも安心して乗れるサイズが多いのです。身長の低い女性など、ロードバイクやクロスバイクが大きくて乗れなくても、ミニベロだったら乗れたというケースはよく聞きます。

ハンドル周りの位置や、サドルの高さなど調整をすれば乗り手の体に合わせられるのもミニベロの強みです。

オシャレに乗れる


ミニベロは自転車の性能以外にもデザイン性を重視しているモデルが多く、クラシックなイメージを持ったミニベロなど街中をオシャレに乗れる自転車が豊富です。

場所を取らない


自転車の保管場所がない、という人や、玄関先やワンルームなど限られたスペースで室内保管をしたい人にはサイズが小さいというのは重要なポイントです。

ミニベロのデメリット



メリットの多いミニベロですが、特定のシーンや状況、乗る人の体格によってはやはりデメリットもあります。

長距離走行に不向き


ロードバイクやクロスバイクに比べて長距離を走る上で不向きなモデルが多いです。

身長が大きい人には厳しい


欧米人のような身長が高い人には窮屈感を感じるでしょう。

タイヤが小さくても軽いわけではない


タイヤが小さいと車体全体が軽くなるイメージを持たれるかもしれませんが、強度や耐久性を保つため、フレームの重量がロードバイクやクロスバイクと同じくらい(10〜13kg)なのです。

ハンドリングが不安定になりがち


車輪が小さい故に直進安定性に欠け、ヘッドアングル(※)の角度が立っているスポーツタイプのモデルではハンドリングがクイック(不安定)になる傾向があります。

※ヘッドアングル:前輪をつなぐフォークの角度のこと。角度が立っているほどハンドルが切りやすくなり低速域でふらつく。逆に角度が寝ていると直進は安定するがハンドルが切りにくくなる。ヘッドアングルが寝ているイメージはオートバイのハーレーダビッドソンなどが掴みやすいかと思います。

ミニベロの走行性能とは



ミニベロの加速性は他のスポーツ自転車よりも劣ることが多いものの、中にはロードバイクのような加速性を持ったミニベロもあります。20インチながらロードバイクと同じドロップハンドルとギアシステムを採用し、長距離もしっかり走れる自転車もあるのです。

さらにかごを装着し、大きな荷物を乗せても安定して走れるモデルもあり、使用目的に合わせて様々なタイプを選ぶことができるのです。

ママチャリよりも速いのか?


bikes-1347199_1280
素朴な疑問がママチャリよりも速いかどうかです。価格はミニベロの方が高額ではありますが、実際乗り比べて一番感じることはママチャリの重さがスピードを鈍らせている印象です。

さらに乗車ポジションがミニベロの方が前傾でペダルを良く回せる体勢にできるため、結果ミニベロの方が早く走れる場合が多いのです。

ホイールサイズが大きい方が有利なのか?


bike-1594075_1280
前述のママチャリと比べたように、必ずしもホイールサイズの大きい方が早く走れるというわけではありません。では、スポーツ自転車の中で比べるとどうでしょうか。

26インチ製のタイヤが太いマウンテンバイクと、ロードバイクと同じギア構成をしているミニベロを比較してみると、車体重量はミニベロが勝ります。さらにマウンテンバイクはホイールサイズが大きく、ひとこぎで距離が出せますが、タイヤが太いことで路面抵抗が生まれ、ホイールの回転が遅くなるのです。

一方で、ロードバイクと同じ仕様のミニベロは、ホイールサイズが小さくてもタイヤが細いため、摩擦抵抗が減り結果的にホイールの回転力が上がるのです。

結論としてホイールサイズが大きいだけで良く進むとは限りません。車体の重量やタイヤの種類、ギアの仕様などで走りは大きく変わってくるのです。

フレームを構成する素材の種類


ミニベロのフレームにも様々な素材が採用されています。一番多いのがクロモリとアルミです。ロードバイクさながらの軽さとスピード感を持ったカーボンモデルも一部リリースされています。

クロモリは自転車のフレームに最適にコントロールされたスチール(鉄)の合金です。強度と耐久性があると同時に、路面からの振動を和らげる効果もあります。

アルミはクロモリに比べると軽さに特徴があり、加速性に優れた素材です。

ミニベロのタイプ


レーシーモデル=細いスリックタイヤと上位グレードのコンポーネントを備え、ロードバイク並みの長距離走行とスピードと誇るのが特徴です。

MTBタイプ=ごついブロックタイヤやフルサスでちょっとした里山なら楽しめてしまいます。

アーバンモデル=ミニベロの真骨頂ともいえるポタリングに最適なタイプです。輪行や車載にも便利な折りたたみ機構が付いているフォールディングバイクもミニベロが多いですね。

メカニックがおすすめするミニベロ14選


B ant VENTURA


ventura-l1 参考価格:税抜260,000円

スイスのブランドであるB ant(ビーアント)のVENTURA(ベンチュラ)です。フレーム素材にはクロモリを採用し、錆びに強いメッキ加工がフレーム全体に施されています。

ロードバイクのユーザーなら一度は聞いたことのあるシマノ105のギアシステムを採用し、スピード感と軽さを実現。シマノ105は本格的にロードバイクを楽しむユーザー向けに開発されたギアシステムだけに、非常に快適な走りを期待できる1台です。

使い込むほどに身体に馴染み、味わいが出るBrooksのレザーサドルとレザーバーテープを標準で装備しています。クラシックな雰囲気がおしゃれを演出し、ロードバイクの速さも加わった最強のミニベロです。

B-ant公式HP

BRUNO Minivelo Road Drop


brunobike-jp-bruno_products-minvelo_roaddrop 参考価格:税抜86,000円

BRUNO(ブルーノ)は前述のB-antの兄弟ブランドです。Minivelo Road Drop(ミニベロ ロード ドロップ)はクラシックなテイストを大事にしたフレーム。ドロップハンドルがカッコいいけどあんまり自信がないというユーザーのために、常にハンドルの中央部分をもって走行ができる仕様となっています。街中で見かけるロードバイクのライダーのような前傾姿勢をしなくてよいというのがメリットです。

BRUNO公式HP

GIANT IDIOM 0


00000046_l 参考価格:税抜120,000円

世界一の自転車メーカーであるGIANTのIDEIOM(イディオム)0です。ロードバイク譲りの軽量アルミフレームとロードバイクのギアシステムが、20インチ小径車の常識を覆すスピード感あふれる走行を実現します。ギア周りはシマノ・ティアグラを採用、ティアグラはロードバイクのギアシステムの中では、初級~中級グレードですが、合計20段の変速ギアがあり加速性は十分です。

IDIOM 1(参考価格:税抜72,000円),IDIOM 2(参考価格:税抜60,000円)の下位グレードもラインナップがあるため、予算に合わせて選ぶことができます。

GIANT公式HP

BIANCHI MINIVELO-8 DROP BAR


001 参考価格:税抜84,000円

イタリアの老舗ブランド、ビアンキのミニベロです。先ほど紹介したBRUNOとイメージが似ているため、購入の比較対象になっています。こちらは泥除けが標準装備されていて、多少の雨でもしっかり走れる仕様です。

ギアは前が2段、後ろが8段の合計16段変速で、シマノ製のクラリスのギアシステムを採用しています。クラリスはシマノのロードバイクのギアシステムで一番ベーシックな扱いです。しかし、日常で使用するのであれば安心できるパフォーマンスなので、長距離を積極的に走らない限り十分だと言えます。

BIANCHI公式HP

FUJI HELION


1 参考価格:税抜66,000円

FUJIの定番ミニベロ「ヘリオン」。軽快な走行を可能にするクロモリフレームに、ストレートハンドル仕様でハンドリングが楽なので、用途を選ばず日常のパートナーとして最適な一台です。

ギアは前はシングル1段、後ろが8段の合計8段変速。あえてギアの数を減らすことでシンプルな使い方ができます。

FUJI公式HP

BRUNO Mixte Flat


brunobike-jp-bruno_products-mixte_flat 参考価格:税抜54,000円

非常にリーズナブルなブルーノのミキストフラットです。ミキストとは跨ぎやすいようにフレームのハイプがかなり下を通った形状のこと。特にスカートをはく女性には非常に便利で人気があります。

ペダルを回す部分にはチェーンガードが装着され、スカートやパンツの裾が汚れないように工夫されています。

ミキストフラットはカラーラインナップが豊富で、全7色展開です。お気に入りのカラーが見つかること間違いなしです。

BRUNO公式HP

ルイガノ LGS-MV 2PRO


mv2pro_mattlgwhite 参考価格:税抜85,000円

サスペンションとディスクブレーキ搭載の高性能ミニベロです。サスペンションとは路面からの振動を吸収するバネです。ディスクブレーキはホイールの中心にあるディスク(円盤)をブレーキパッドで挟んで制動するシステムのことです。オートバイに多く採用されているブレーキです。

高い直進走行性を実現するミニベロフレームに、シマノのクラリスを装備し、通勤・通学から本格的なサイクリングまで楽しむことができます。

さらに、雨が降っている湿ったコンディションでも安定した制動力を発揮する油圧式ディスクブレーキを採用。フロントタイヤの上に配置されたサスペンションにより路面からの衝撃を吸収し、安定した走行が可能です。

サスペンションとディスクブレーキを搭載したミニベロはあまりありません。その点でかなり特殊なモデルだと思ったのでおすすめに入れてみました。

ルイガノ公式HP

CANNONDALE HOOLIGAN 1


c17_c37207m_raw_1 参考価格:税抜110,000円

都市生活ならではのリクエストに答えるべくリリースされたキャノンデール、HOOLIGAN(フーリガン)。好き嫌いが出るかもしれませんが、街乗りに映えるデザインに間違いありません。

前輪を抑えるフロントフォークが片側しかない斬新なデザインはキャノンデールが独自で開発したシステムです。

ギア変速は内装ギアを採用。主にママチャリなどのシティサイクルに採用されるギアシステムですが、トラブルに強いという側面もあります。多少重量が出てしまうところがデメリットですが、そこはアルミフレームの軽さで対応しています。

キャノンデール公式HP

MINI VELO FIXED


MASI MINI FIXED Amazon商品ページ
参考価格:79,000円(税別)

MASIのミニベロはピストと小径車をミックスさせた大胆な仕様です。固定ギア独特のペダルさばきになれない人は、フリーに変更することも可能です。ピストの象徴とも言えるブルホーンバーがスパイスになり、おチビながらストリートの雰囲気を醸し出します。

Lionel




参考価格:税抜99,800円

美しいポリッシュカラーはクールに仕上がっており高級感が漂います。9.2kgと軽さにもこだわり、18段変速の走りに振ったモデルです。防塵・防水効果に優れた、シールドベアリングハブや、ディープリムホイールなど、一味違うものを求める方におススメです。

(出典:billion

Tyrell CSI



参考価格:税抜284,000円

アルミボディと独自開発のカーボンバックで、7.2kgという驚きの軽さと快適な走行性能を両立しています。コンポーネントはスラム・Forceを標準装備して、ロードバイク並みの加速性を発揮。ロードバイクコンポと完全互換性を持っているので、この先のカスタマイズも楽しみな一台です。他にもフレームのみ、フラットバー仕様が選択可能です。

Tyrell(タイレル)/CSI 20″(451) wheel Bike
(出典:Tyrell

ここまでは、一番ラインナップが多い20インチモデルをご紹介してきましたが、以下は16〜17インチの折り畳み自転車をご紹介します。

Bridgestone Moulton(ブリヂストン・モールトン) Lionel



(出典:Bridgestone Moulton(ブリヂストン・モールトン)/BSM-R9
参考価格:税抜171,429円

イギリスの天才・アレックス・モールトン博士が生み出した伝説のモデル。「オースチン・ミニ」のサスペンションを開発したモールトン博士は、自転車でも数々の名作を残しています。中でも、1962年から大ヒットするも、利権の関係で生産中止になった「シリーズ1」を蘇らせたのがブリヂストン・モールトン。英国の伝統と、日本の技術力が終結した名品です。

DAHON Curve D7


img02 参考価格:税抜68,000円

DAHON(ダホン)の魅力をそのままにコンパクトに凝縮した16インチエントリーモデル。がカーブD7です。小さなボディながらハンドルの高さ調整ができるのでより多くのユーザーが楽しめる仕様になっています。泥除けとチェーンガードも標準装備。折り畳みができるため、車に乗せて現地で楽しむこともできるミニベロです。

DAHON公式HP

DAHON(ダホン) Curve D7 16インチ アルミフレーム 7段変速をAmazonで見る

BROMPTON(ブロンプトン) M3L


image_main_1 参考価格:税抜170,000円~
※カラーラインナップや仕様パーツの組み合わせで価格が異なります

ブロンプトンはイギリス人アンドリュー・リッチーが考案した折り畳み自転車です。製品は全て「MADE in ENGLAND」です。その証がフレームにも刻まれています。

他社が考え付かない独特な折り畳みシステムは、非常にコンパクトになりスーツケースを転がしているのと大差はありません。カラーラインナップも豊富で非常にファンが多いブランドです。

ブロンプトン公式HP

ミニベロを購入したら気を付けてほしいこと


自転車にはメンテナンスが必要です。空気の補充からはじまり、チェーンにオイルを差したり、ねじが緩んでいないかなど定期的なチェックが必要です。もちろんミニベロにも当てはまります。

通勤や通学で毎日利用するのであれば、月に1回は購入したショップまたは近くのミニベロを扱っているショップでメンテナンスを頼むと良いでしょう。空気入れやオイルに関しては自分でも十分できるメンテナンスなので挑戦してみても良いですね。

ギア周りの調整は知識と経験が必要な場所なので無理はせず、最初はショップのメカニックスタッフに任せましょう。

購入の際はぜひ試乗を


以上、ミニベロの特徴やおすすめのモデルをご紹介してきました。気になったモデルは見つかりましたか?

ミニベロは小さいタイヤでありながら、モデルによっては非常に高い走行性能を持った自転車です。しかし長距離を走ることに関してはロードバイクやクロスバイクの方が向いているケースが多く、購入する際は改めて自分がどのような乗り方を考えいて、それに見合った仕様なのか確認する必要があります。

ミニベロはイメージやカラー、ルックスで選びがちですが、ロードバイクやクロスバイクのように性能や乗り心地は様々です。購入の際は一度跨いでみてサイズ感を確かめてみましょう。またその際に試乗ができれば走行性能も確認できるのでなお良いと思います。

人気の峠をRoadQuestでみる

都民の森

都民の森:都内サイクリストの聖地!初心者ヒルクライマーの登竜門

ヤビツ峠

ヤビツ峠:一度は訪れるべき、関東ヒルクライマーの聖地

大垂水峠

大垂水峠:初心者向けのほどよく緩い峠!ただし大型車には注意

白石峠

白石峠:関東ヒルクライマーで賑わう、埼玉県の有名な峠。ハードな上りを制覇せよ!